FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

道標の彫刻 

2019/12/02
Mon. 23:24

12月では珍しい南風が一晩中吹き荒れた。それがやっとやんだと思ったら、今度は強烈な土砂降りになって、わずかに残っていた寺のイチョウの葉と銀杏が見事に散り落ちた。
少し前には申し訳程度に雪も降ったし、そろそろ本格的に冬がやってくるかなと思っていた。別に冬を期待しているわけでもないが、それにしても今頃になって生温い南風が吹き荒れたりスコールのような土砂降りになったりすると、冬に向かっての覚悟も揺らいでどうも気持ちがスッキリしない。

まだ、イチョウの葉に少しずつ紅葉が始まった頃に、六本木から搬出をした今年の彫刻を寺の駐車場脇まで運んだ。
石見銀山での小品彫刻展が始まってから徳島で展示中の野外彫刻を搬出して、それも駐車場周辺へ設置するつもりでいた。
こうして、万善寺の境内地へ彫刻を少しずつ置くことが長年の夢でもあった。
これから毎年秋の紅葉に併せて彫刻が少しずつ増えていくと、アチコチくたびれて老朽化の進む山寺の景観も少しは変化していくはずだ。
計画としては、寺の墓地までの参道へも彫刻を点在させて墓地の永代供養墓までの道標にできると良いと思っている。
前住職夫婦が健在だった頃は、ソレができなかった。
特に、内室の母親は「境内にわけのわからんものを置かれて仏さんのバチが当たるけぇ、イケンイケン!・・そんなもん、他へ持って行きんさい!」と、機嫌が悪くなってボクの彫刻を受け入れる余地など微塵もない抵抗を生涯に渡って続けた。
それでも母親のスキを見て、さり気なくワイフの彫刻を庫裏玄関のディスプレイのつもりで置かせてもらったりもしたが、ソレも知らない間に別の場所へ撤去されていたりした。老体でよく彫刻が動かせるほどの体力があるものだと感心したが、なんのこともない、母親の支持を受けた憲正さんが手先になって動かしていただけのことだった。
その憲正さんの方は、ボクたち彫刻家夫婦にそれなりの理解を示してくれていて、時々見せてあげていた抽象彫刻の写真に、よくわからない様子ながら目を細めて喜んでいた。

俗に云う「抽象」の彫刻に絞って本格的に造り始めたのは35年位前のことになる。
初期は、とにかく「抽象」というものの概念とはどういうものなのか・・・その根本を探り続けて過ぎた。おおよそ、誰の眼にもつまらない、なんの変哲もない形態ばかりセッセと造り続け、それから自分なりに納得できる最小限の構造の可能性を求めて鉄という素材を絞り込んでいった。
制作とか造形とか、そういうものがおおよそ一つにまとまったコンセプトのようなものが決まったわけでもなかったが、それでも何かしら彫刻の方向性に一つの区切りをつけて、ある程度は自分で納得して責任を持てるほどの技量をベースに自分なりの抽象的概念を何かしらの立体造形に置き換えようとした時、アニミズム的な抽象概念がなんの抵抗もなく自分の中に入り込んできた。要するに、自分が物心ついた頃から既にそういう思考を受け入れやすい環境にいたということだ・・・と、今更ながらに思う。
これから先、自分の持つ抽象概念が突然大きく変化することもないだろうが、さて、ソレはソレとして今まで見えなかったものが少しほど見え始めた気もするし、先行き制作の楽しみが見えた気もする。

IMG_0448.jpeg
IMG_0427.jpeg
IMG_0375.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

鉄の抽象彫刻 

2019/11/26
Tue. 16:57

石見銀山で小品彫刻展が始まる時、岡山の小林さんが個人搬入で万成石の彫刻を持ってきてくれた。
彼はしばらくの間島根の奥出雲町へ仕事に来ていて、その頃は比較的頻繁に会っていたのだが、その後仕事が一区切りついて岡山へ引き上げてからは疎遠が続いていた。
奥出雲町には「鉄の彫刻美術館」があって、彼はその美術館の館長をしていたこともある。その縁で昨年まで小品彫刻展を奥出雲町で開催していたのだが、今年の開催は会場の都合が上手く調整できなくて奥出雲を休むことになったから、余計に彼と会う機会が減っていたところだった。
鉄の彫刻美術館でメインの彫刻は、生前アメリカで活躍をしていた下田さんの鉄の彫刻で、だいたい50点くらいは収蔵されていると思う。
私も公的には「鉄の彫刻家」などと大口を叩いているが、下田さんの彫刻のように鉄という素材へ正面から向き合った骨太のモニュメンタルな幾何彫刻とは比べ物にならないほどチャチで軽々しい鉄彫刻ばかり造っていて、恥ずかしいことだ・・・

久しぶりに小林さんの元気そうな顔を見たことで、下田さんの彫刻のことを思い出したし、下田さんの鉄の彫刻からこれまた久しぶりにアンソニー・カロを思い出した。
カロは、ボクの大好きな彫刻家ヘンリー・ムーアの弟子と言って良いかも知れないし、それで、ほとんど忘却の彼方に消え去って雲散霧消だった35年位のボクの彫刻家人生のカケラが少しずつ寄せ集まって一気に造形の刺激が鮮明に蘇った。
勝手で個人的な解釈になるが、彫刻界でのカロはモダニズム活動の先駆者であると言って良いのではないかと思っている。彼の造形表現の根幹は師匠であるヘンリー・ムーアが展開した環境彫刻をよりミニマルな造形へ昇華したものだと思う。
もう、25年位は前のことになるはずだが、東京の現代美術館でカロの彫刻を間近に見た時は造形に対しての的確な構成力とスケールの前に自分の稚拙な表現形態が一気に崩れ引き込まれたことをよく覚えている。そして、上野公園や東京都立美術館で見たヘンリー・ムーアの彫刻以上に抽象性の強い無機的な彼の彫刻が周辺のあらゆる環境に対して冷徹で挑戦的であるように感じた。

今年の小品彫刻展は、徳島を拠点にして鉄を素材に彫刻の制作や発表を続けている武田さんの個展を同時開催した。
吉田の鉄彫刻とは造形上のコンセプトが全く違っていて、一見どちらかといえば、あのカロに近いところに位置する抽象彫刻であるように感じるが、実のところ今までに一度も彫刻表現の根拠についての会話がないから、彼女が何を考えてどのような表現を展開しようとしているのか全く知らないままでいる。鉄という同じ素材と向き合っていても、人それぞれ自分の思うところは同じであることが無いから、それで様々な表現になって様々な造形が出来上がっているわけで、そのことがあるから観ていて楽しめるし、自分への刺激にもなっている・・・ソレはソレで良いのだが、表現の完成度や制作工法のことになると、どうしても造形に対する追求の甘さが目についてしまう。まぁ、それも今後の伸び代が期待できるわけで救いがある。
そこがそろそろ先も見えて老体を鞭打って彫刻と向き合っている吉田と違うところだ・・・

IMG_0485.jpeg
IMG_0489.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

共同搬入 

2019/10/15
Tue. 23:16

台風19号が東日本一帯へ大きな被害の爪痕を残して去っていった。
島根県はおおむね台風被害の少ないところで、災害と云うと梅雨に絡んだ豪雨とか冬の大寒波豪雪の方が多くて怖い。
この度の19号も直接の被害は受けなかったが、それでも強風がかなり吹き荒れて山陰道の通行を躊躇するくらいだったし、主要街道から少し脇道へそれると、倒木があったり土砂が側溝を塞いでいたりしていたから、今回の台風は日本列島をすっぽり覆うくらいの超大型だったということを我が身で実感した。

その台風が関東へ上陸すると予報されていた10月12日は、埼玉暮らしのなっちゃんが長男のユーシンくんと一緒に帰省中のだいたい半分くらい過ぎたあたりで、旦那が飛行機移動で吉田家へ合流することになっていた。
私の方は、朝から超大型台風の暴風の中を銀くんで移動している最中で「これじゃぁ〜飛行機は飛ばないな・・・」と、普通に確信した。
前日までは、台風情報をチェックしながら万善寺の境内地を中心にいつ終わるか予測不能の秋の草刈りに汗を流していた。その頃からそろそろ風が強くなっていて、時々吹く突風に刈った草が舞い上がっていたりしていたから、シャワーを使ったあと、寺の周囲で風で飛んでいってしまいそうなものの養生をすませてはおいたのだが、まさか関東を通過する台風の勢力が島根県の万善寺の方まで及ぶこともないだろうと軽く考えていたものだから、日本海から吹き付ける北風に煽られてフラフラしながら山陰道を走っていると、寺のことが心配になってどうも落ち着かないまま半日過ぎた。
午前中の用事を済ませて吉田家へ帰宅すると、なっちゃんは強風の吹く中、久しぶりに旧友へ逢うといって何処かへ出かけていた。
遅めの昼食をとりながら寺のことが心配だとワイフへ話したら「今更どうしょうもないじゃない。なるようにしかならないわよ」と、軽く冷静にあしらわれた。
無理して外へ出て何かあってもバカらしいし、ワイフの云うこともモットモだし、そのまま土曜日の午後を休息にした。
案の定、羽田や成田がらみの飛行機はほぼ全便欠航したようだし、地上の交通機関も運休を決めたようだった。

10月に入ってすぐ、六本木で開催される秋の展覧会へ向けて彫刻の搬入をすませた。
島根在住の彫刻家を中心に、吉田家の二人分も含めて5人分の彫刻を共同搬入した。
もう25年位は一緒に制作して搬入出を続けている周藤さんは今年も力作を持ってきた。
子育てが落ち着いて制作活動を再開したノリちゃんも、この2・3年前から制作に欲が出て来たようで、年々彫刻が面白くなってきた。
いろいろな事情で個人出品の苦労をしていた四国の作家も今年は共同搬入へ合流した。
吉田家は、ワイフもボクも相変わらず幾つかのドタバタを乗り越えて、まぁ、それなりの彫刻に仕立てて共同搬入の頭数に加わった。
毎年ダレカがナニカのコトで一波乱ある共同搬入も今年は何時になく穏やかに過ぎた。
台風の直後には六本木の陳列展示作業がある。コチラも穏やかに何もなければいいけど・・・その前に、台風直後で島根から無事に上京できるか、それが心配だ。

IMG_6891.jpg
IMG_6905 (1)

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

彫刻今昔 

2019/07/13
Sat. 23:58

軽めの室内楽を流しながらコーヒーを飲んでいたら宅急便さんが来た。
県外にお住まいのお檀家さんからお中元を兼ねたお供え物だった。
毎年同じものがこの時期に届く。
返礼は大般若祈念の御札と、万善寺オリジナル手ぬぐいの粗品と、今年は図々しくもボクの彫刻個展の絵葉書を添えることにした。

数日前に打ち合わせをしておいたお仏壇遷座の日が来た。
同級生のディーラーが修理工場と自宅兼用の一部を改築して、客間も兼ねた仏間を造ることが決まってからもう2年ほど過ぎた。
彼が依頼していた建築士や工務店が、広島を襲った豪雨災害の復旧で一気に忙しくなって、被害のなかった島根県の工事スケジュールが軒並み順延になった。改築工事の足場を組み上げたところで、それ以降の工事が完全にストップしたまま1年が過ぎ6月が過ぎるとそろそろ2年目になりそうだったところを、しびれを切らした彼の猛催促でやっと工事が再開し先頃引き渡しが終了した。

こじんまりと落ち着いた感じの玄関も出来ていて、案内された仏間と次の間の二部屋は、元々修理工場の一角にあった板金塗装や溶接修理のスペースだったところ。
そろそろ30歳になろうとしていた私が、結婚してUターンをすることに決めて島根に帰ってきた直後にはまだそのスペースが機能していて、アセチレンボンベや電気溶接の機械が並んで、ソレを同級生のおじいちゃんが使用管理していた。

帰省と同時に一時中断していた彫刻の制作を翌年の春から再開し、その年の秋には公募展へ出品した。
制作再開の1年目は大工さんへお願いして工務店経由で材料を取り寄せてもらって、ソレをベースにUターンの荷物へ紛れていた彫刻材料を工夫しながら構成してミクストメディアの彫刻にした。
2年目は島根の仕事も生活も少しずつ慣れて落ち着いてきたので、中期的な仕事のスケジュールを調整して、かなり計画的に彫刻制作を進めた。
使う素材ごとに工法を決めて数枚の図面を書き起こし、1枚は近所の棟梁へ材料ごとパーツ制作を依頼し、1枚は鉄工所のご主人へ図面を見てもらって材料の発注を代行してもらった。
幾つかのパーツを、それぞれ別々に依頼して、それらが集まったところで自分で溶接などして組み立てるという、今にして思うと、なんともめんどくさい工程を積み重ねて彫刻の連作を制作して、それを秋の公募展へ出品した。
たぶんその時の彫刻も、自分にとっては作品制作を再開した2作目の記念すべき作品であるし、自分で捨てたり処分した記憶がないから本気になって寺の何処かを探せば出てくると思う。その彫刻パーツを溶接して造った場所が、丁度今の玄関から仏間へ上がるあたりだった。あの頃の面影はもう消えて無くなったが、どこかしら懐かしくもある。遷座供養のお経を読みながら、昔の記憶を手繰っていた。
これからは法事の度に、あの頃制作した彫刻のことを思い出すことになりそうだ。

令心思理1のコピー (1)

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コチョウランとレンゲ 

2019/07/09
Tue. 23:46

この数日は梅雨も小康状態だが、所によっては局地的に激しいスコールが降っていてホコリまみれの銀くんを都合よく洗車してくれる。
ガソリンスタンドへついた頃には、スコールのおかげでソコソコキレイになっていたから、燃料を満タンにしてからスタンドに置いてあるセルフのタオル雑巾で窓ガラスだけ念入りに拭いておいた。

吉田家前の駐車場には、既にワイフの車が停めてあった。
玄関を開けてもクロは出迎えてくれない。
ワイフが先に帰った時は彼女のお出迎えで満足するらしく、だいたいオヤジの帰宅は無視される。彼女は毎日猫たちのご飯やトイレの世話をしているからあつい信頼関係で意思の疎通が出来ているのだろう。吉田家のネコチャンズは実に正直者だ。

右手のシビレがひどいから夕食ができるまでの間、ロフトに上がって少し休むことにした。iPad miniを開いたら大量のLINE着信があった。ほとんどがなっちゃん絡みでユーシン君の写真が可愛い。もう2ヶ月を過ぎた。自分の子供達のことは記憶も薄れて成長の様子がなかなか思い出せない。首が座るとダッコが楽になると思うが、そうすると寝返りを始めたりいろいろ動きはじめて目が離せなくなる・・・そろそろそういう時期になっているのかもしれない。

東京在住の彫刻家Oさんから、日本橋三越で個展をしている本多さんの会場風景が届いていた。
照明が絞られて落ち着きのある会場へ展示された本多さんのテラコッタが素敵だ。
現代の具象彫刻家の王道を行く作風はさすがだ。
近年の彼の一連の作品群は表現のテーマが一貫している。見た目の優しさとかフォルムの美しさとか、そういう表面的な造形美に流されない、表現の品と芯の強さを感じる。
同じ彫刻家として40年近く制作を続けていると、プロフェショナルの彫刻家の力量は小品を見ればだいたいわかるような気がする。彼の彫刻には日本橋三越の画廊ギャラリーやコチョウランがよく似合う。

「ごはんよぉ〜〜」
夕食の支度が出来たらしい。ワイフの声で本多さんの世界から現実に帰った。
コンニャクとモツの煮込みが美味い。
アスパラの豚バラ巻き炒めには麦とホップがよく合う。
日本橋三越に吉田の彫刻は200%そぐわないナ!
吉田の個展にコチョウランはありえないナ!
まぁ、自分の彫刻と制作の立場をあぁいう世界と比べるということそのものが無意味なことだけど、コンニャク食べながらそんな妄想をしていることがなんとなく面白くてニヤケてしまった。
「あんた、そんなにコンニャク好きだったの?JAのモツが上等だったからじゃない?」
ボクの彫刻にはピーピー豆やレンゲが妥当だな・・・莫妄想!

IMG_0028.jpg
IMG_0029.jpg

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

レンゲの咲く頃 

2019/04/04
Thu. 23:11

3月いっぱいで吉田正純鉄の彫刻展が終わった。
会場提供でもお世話になっている主催の担当さんから、その後の彫刻撤収や移動のことで連絡が入るだろうと待っていたのだが、その気配がない。
手術が決まって入院の日程もハッキリしたから、彫刻移動はそれまでに済ませておかないとアチコチに迷惑をかけてしまう。今の吉田はいつもの吉田のようにだいたい暇に過ごしている状態でなくなっているから、主催者の都合を「のんびりと待ち続けるわけにもいかないだろう」と、会社の朝礼が終わった頃を見計らって遠慮がちに連絡を入れてみた。
担当さんとは、まだ、3月のうちに立ち話程度のザックリとした話はできていたから、ソレをベースに少しは具体的なことになっているだろうと思っていたら、当の担当さんが別の用事で出張中だったりと、どうもそうでもない様子。
吉田正純鉄の彫刻展撤収計画は何の進展もないまま停滞状態であることがわかった。

「このままだと、ドタバタの面倒なことになりそうだな・・」と、思い切って奥の手を使うことにした。
正式な役職はよく知らないが、まだ現役を引退したという話を聞かないからたぶん現在も会社役員会長職にあるのだろう、創業者本人とはもう30年以上の飲み友達。おたがい、この歳になるまでよく肝臓が保っているものだ。昔は当時流行していた「田舎町の活性化」を酒の肴にして、それこそ毎晩のように飲み明かしていた。そのうち、それぞれの目指す先で時間の融通がつきにくくなって、しだいに疎遠になったが、それでも1年に2~3回は一緒に飲む機会もあって、それなりお互い年齢相応に丸くなってきてはいるものの、そこそこハードなネタを酒の肴で振りあっている。そういう関係だから、まずは彼に話を通すとだいたい一両日中にコトが進展して目先の問題がいっきに解決する。
吉田としては、最終兵器の彼を持ち出すまでに現場の事情に沿って穏便にコトを進めたい気持ちでいるものの、なかなか現実に具体的な事情をやりくりするには理想論だけで済まされないところもある・・・と、いうわけで「どうしようか??手術もきまったし・・」と、相談を持ちかけてから30分もしないで会社の総務部長自ら連絡が入った。

彫刻移動の日時が決まって、朝から準備を進めて、待ち合わせの場所へ行ってみると、会社の若手が4人も集まって準備万端。アッという間にあらかじめ打ち合わせの通り予定していた撤収と移動作業すべてが終了した。これから先の予定としては、一連の大きな彫刻は、レンゲが満開になって田起こしが始まるギリギリまでそのままにしておいて、春の観光さんたちに楽しんでもらうことにした。10点のこぶりな彫刻は、石見銀山の町並みに面した古民家オープンスペースへ展示替えをして、しばらくのあいだ常設展示に切り替えることになった。他は吉田家前などアチコチへ移動して、その後の調整は、退院できて身体がソコソコ動いていたら、その時の状況に応じて考えようということになっている。

だいたいが一人でやりくりしていると、さりげなく力関係や利害関係が絡む状況下で、ひとが動くというかひとを動かすというか、そういうコトがとても気重に感じる。やっぱり、なにごとも終始ひとりでコトに当たるほうが気楽でいられる。
さて、手術からあとは自分の身体状況がどのように変化しているのだろう?
もっともっと今以上に色々なひとの手助けに頼ることになるのだろうなぁ~~きっと・・

IMG_6788.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ラップのおかげ 

2019/01/30
Wed. 23:42

小品彫刻展の会場で使わせてもらっていたショップが2日間休業日になるので、その間に彫刻の梱包を終わらせてしまうことにした。
例年だとそろそろ節分寒波がやって来る頃なので、天候の悪化が気になったが今年の暖冬は異常の部類に入っているから、いまのところ搬出作業に大きな支障は無さそうだ。
それでもやはり、小品の彫刻展とはいえ冬のこの時期に山陰地方でほぼ全国規模といっていい彫刻の展覧会を企画することはそれなりのリスクを避けられないところもある。
幸い、ショップ関係者の手伝いが期待できるので人手の確保は保証されるが、彫刻家から預かっている大事な作品を壊す訳にいかないから、小心者のチキンオヤジは胃がキリキリ痛む。

梱包の基本は搬入で彫刻が送られてきた状態を復元することだと思っている。
展覧会出品に協力を頂いている彫刻家の殆どは作家歴の長いプロフェッショナルであるから、やはり梱包の一つ一つが手慣れていて無駄がない。まがりなりに自分も彫刻家の端くれだから、梱包の状況で作家の力量が見える気もして、とても勉強になる。
もうずいぶん前のことになるが、有限会社の瓦工場で11tのトラックへパレットに積み上げた瓦の束を積み込む作業を目撃したことがある。その瓦の束は巨大なサランラップのような梱包材でパレットごとキリキリと巻きしめられてパレットサイズの立方体になっていた。知り合いの総務部さんへお願いして梱包の現場を見せてもらうと、パレットに乗せられた瓦の束がベルトコンベアーからそのまま巨大な回転台の上に移動してきて、その後高さが1mくらいのラップの円柱が軽く上下に動きながらくるくる回る回転台の瓦へ巻き付いていた。あの頃はまだエアサスペンションのトラックが珍しかったから、現場へ瓦が到着するまでに板バネでポンポン跳ねて割れてしまうことも頻繁だったそうだ。そういう、欠損のロスも含めてトラックへは受注枚数より多めに積み込んでおくのだと言っていた。
「瓦ラップのような便利な梱包材があると良いなぁ~」となんとなくあの時のことを忘れられないままでいたら、ある日、吉田家の土間でワイフがラップを使って古新聞を縛っている。
「ソレ何処にあるの?」と聞くと「100円ショップ!」と、普通に即答された。さて、かれこれ5年位は前のことだっただろうか・・・
もう10年以上も前から「あんなラップがあるといいなぁ~」と悶々としながら梱包を続けていたのに、その現物が100円ショップで手に入るという・・・
それからしばらくして、その気になって近所のホームセンターを巡ってみたら、梱包材コーナーのエアキャップの円柱の隣へ梱包用ラップがビッシリ並んでいた。

梱包用ラップだけのことでもなく、一般家庭の日常の暮らしがどんどん便利になってくる。彫刻の運送運搬も公募展へ出品をはじめた頃からすると、ずいぶん楽になった。
造形の工夫も、少し前までは安全な作品移動のことも含めて分解や組み立ての工法も当然のように造形の一部として組み込まれていて、そういう工夫はそのまま制作時間に上乗せされていたのだが、今はラップだけでもない接着剤や塗料など造形の展開で無理が効くようになった。
それでもボクの場合は、結局、便利に頼り切った彫刻はそれなりのモノにしかならないけどね・・・

IMG_3736.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

石見銀山彫刻小品展終了! 

2019/01/29
Tue. 23:55

約2ヶ月間続いた小品彫刻展が終了する。
2〜3日前から撤収搬出の準備をしながら過ごして、最終日会期終了後、それらを会場へ搬入した。
梱包材の補充や、ドライバドリルの充電や、発送伝票の記入など、それなりに細々としたことがあって、1日過ぎるのが早い。
今年は、幸い雪がないから準備が楽で助かった。

島根県は特に雪国というわけでもないが、普通に雪も積もるし冬型の気圧配置が避けられない地域だから、そういうところで冬のシーズンに展覧会を開催するということはそれなりのリスクを伴う。そういうこともあって今まで小品彫刻展を冬に開催することを避けて過ぎていたが、この度は石見銀山の衣料雑貨店が全面的にバックアップをしてくれるということでもあるし、開催するしないは、自分一人で決めてしまえば済むことなので一度は展覧会を「試してみてもいいかな?」と気持ちが動いた。
全国の作家から約半年間預かっている彫刻の管理が遺漏なくできていれば、あとは実動の殆どを自己責任で済ませることだけに集中する。
ショップ2階の一角を改修して造られた彫刻展示スペースはそれほど広くはないが、それでも照明や空調の施設は整備できているし、過去10年間の開催場所を振り返ると、いちばん画廊ギャラリーとして常識的に機能しているといっていい。
昨年11月に会場の設営をした時にも感じたことだが、展示した彫刻にどこかしら「品」のような雰囲気が醸し出されて心地よい空間になった。
期間中は、出品作家をはじめ、展覧会の関係者や友人知人の来場の他に、ショップや喫茶のお客様も含めたくさんの方に彫刻を見ていただくことが出来た。
石見銀山の地域全体が冬のこの時期には入り込みの観光客が激減する。単純に集客のことだけを考えるとリスクの大きいシーズンであるわけだが、工夫すると、それでも彫刻の展覧会が行われるという情報が流れることで彫刻目当ての入り込みが若干は稼げるということでもあるわけで、何もしないで会場を「遊ばせておくよりはマシ!」というふうに考えることもできる。
過去には、4〜5年の周期でこの時期に同じ会場で「吉田正純鉄の彫刻展」を開催してきたが、やはり、吉田が自分の個展だけでは集客に限界があると感じていた。ショップの関係者を頼ってたくさんの協力をいただきながら出来上がっている個展であるから、求心力の欠けた作家の力量の無さをどこかしら申し訳なく感じていた。
ちょうど個展開催の周期がまた巡ってきたし、これからあと何回自分の彫刻展ができるか先が読めない年齢にもなったし、吉田とその周辺の色々な事情の中で小品彫刻展の企画を個展へ合体させてみても良いかも知れないと思いついてショップの代表へ提案をした。
初の試みだったので、成果の反応はこれから少しずつ収集するしか無いことだが、自分としては、今回の小品彫刻展開催が出品協力を頂いた作家諸氏にとってプラスであれマイナスであれゼロでなかったことだけは確かなことだと考えている。
次回があるとすれば、会場スペースの限界もあるし、展示される彫刻の点数に工夫が必要であるような気もする。これから、機会を作ってオーナーの考えを聞き取りながら企画の精選を前向きに考えてみよう・・・
天候次第だが、1月中には作品撤収や梱包発送会場復元などを済ませようと思っている。

IMG_3734.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

チーン! 

2019/01/28
Mon. 23:43

門前の小僧習わぬ経を読む・・・

保賀の谷のあるお檀家さんでは、ここ数年の間におばあちゃんが亡くなり闘病中の奥さんが亡くなり、それからしばらくしておじいちゃんが亡くなり、昨年はお父さんが亡くなって、今はお孫さんご夫婦が3人のお子さんとお墓やお仏壇を御守りされながら暮らしていらっしゃる。
一般の常識で考えると「ご不幸が続いてさぞかし大変なことだろう・・・」と思われがちだろうが、長く坊主をやっているとそういうお宅はそれほど珍しいわけでもなく、その時々の巡り合わせでたまたま偶然にそれぞれの寿命が近いところで重なったということで、ご親族としてはそういう現状を納得して比較的冷静に受け止めていらっしゃることが多かったりする。
3人のお子さんはまだ小学生に通うほどの年齢だが、成長にあわせるように葬儀や法事が続いて、そのたびに何度となくお邪魔して同じお経を繰り返し読んでいるうちに、いつのまにか3人それぞれに2つ3つのお経を聞き取りで覚えてしまった。
この頃では、私がお邪魔するのを見計らって、鐘の合図や木魚のテンポにあわせて私と一緒に大きな声でお経を読んでもらっている。

万善寺の宗派は基本的に世襲ではないから、親子の関係がそのまま師弟関係である必要もないのだが、昭和の頃は長男が家の跡取りになることは当然の風習として認識されていたから、私の場合もその路線にピッタリとはめられたまま少年時代を過ごした。
それで、門前どころか身内家内の小僧としては毎朝毎晩同じお経をリピートすることが当たり前で、パブロフの犬の如く「チーン!」と鐘の音が聞こえただけで、その時何をしていても普通にお経モードにスイッチが切り替わっていた。
だいたい10歳前後で得度式をすることが多いのも、まだ子供が反抗期を迎えて親の言うことを聞かなくなる前にサッサと弟子にしておいたほうが都合良いという親の一方的判断によるものがほとんどだ。私の場合も、気が付かない間にマンマと親の常套手段に乗っていたわけで、結果、現在のナンチャッテ坊主に至ったという次第。

自分が望んで自らの信念で仏教へ向学心を持ったわけでもないから、ひとりの宗教家としては何から何まで適当で場当たり的な無学な坊主になってしまって坊主的プライドなど微塵もない。それでもやはり生まれ育った環境もあって、自分の成長の節目節目でそれなりの影響を受けていることも多々ある。
私の場合、日本的アニミズム思考は彫刻制作における造形の原点であり抽象的発想のよりどころとなっている。
自分の造形観は、有機無機問わず森羅万象万物に宿る気質気息の曖昧さに強くひかれる。
そもそもの仏陀に起因する仏教には偶像崇拝の要素がなかった。私はそのことにとても強く興味を惹かれるし、魅力を感じる。実態の説明や解説を期待しないことが素敵だと思いつつ、一方で何かしら具体的実態を求めているようなところもある。自分の彫刻は常にそういう矛盾を内在している。「チーン!」でお経モードにスイッチの入る不可思議さとどこかしら共通する気がしないでもない・・・

IMG_3613_201902091044195b1.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

百千万劫難遭遇 

2019/01/17
Thu. 23:34

見事に雪が降らない。
雪を当てにしてわざわざ冬シーズンの個展を決めたのに、完全に予測が外れてしまった。

彫刻制作はライフワークのようなものだから、何をするにもだいたい四六時中なにかしら彫刻のことを考えたり思ったりしている。1年を均すと自分の頭の中に全く彫刻のことを思わない日はほとんどない。
今の個展で造った彫刻も、そうやって何年も前からコツコツと考え続け、造形のシミュレーションが少しずつ次々変化を繰り返した結果のかたちになっている。
前回の個展から数年経って、見た目のかたちは前回と全く関連性のないように見えるかも知れないが、自分の中では切れ目なく連動してブレのないテーマのコンセプトを維持出来ていて、今の彫刻は確実にその延長線上に位置している。
いずれにしても、自分の造形観は俗にいうところの抽象彫刻に分類され、そういうタイプのかたちを造り続けているから、一般の価値観とか概念では「よくわからん!」とか「理解できない!」領域に属しているはずだ。

面倒臭いことを云うと、自分の彫刻は基本的に「造形による表現」であるから、彫刻の説明を文字や言葉など別の表現手段に頼ることは無意味に思っている。
それでも、一個人の表現者として限りなく意固地に自分だけの世界へ閉じこもってばかりいるということも大人げない気もするから、なにかの機会に自分の造形とか表現の根拠を問い掛けられたりすると、相手の認識領域を探りながら出来るだけその路線に沿ったふうに言葉や文字など造形以外の表現手段を工夫しながら自分の造形コンセプトを伝えようと努力はしているつもりだ・・・とかいっても、現実は毎日の日常でそういうコトを気遣ったり具体的に伝えたりするような機会は皆無に近い。
わざわざ吉田の彫刻個展を目指して見に来てくれるみなさんにとっては、実に不親切な彫刻展であると自覚は出来ているつもりだから、何か意味不明のこと(・・ばかりだろうけど)は遠慮しないで問い合せていただいて一向にかまわない。
自分的(自分の主観)に云うと、「抽象」の概念は「個々の具象の集積と精査の延長にあるもの」としてとらえている。だから、抽象の造形は表現者一人ひとりの興味関心や価値観の認識の相違分だけ存在するということになる。
一つ一つの具象要因や具象素材を収集追求し、その先にある関連した要因を抽出し、系統建て分類し、そういうコトの取捨選択を繰り返した先にもうソレ以上精査できない最終の要素がボンヤリと浮かび上がる。
自分の造形表現はそういうことの繰り返しの行為の証明として存在するにすぎない。願わくばその造形に少しでも美的要素が内在できれば有り難い。

宗門のお経にある「開経偈」の一節に、「百千万劫難遭遇」とある。「百千万劫」は、数の単位と略していいだろう。ボク的にザックリいうと永遠に続く「無限大の時間軸」のようなことである。「難遭遇」は、遭遇は難しいことだ!ということで、まぁ、仏様の法はそれほど奥深くて有り難いものなのだ!!となる。
自分の造形は、ボンヤリとした自分の宗教的形而上抽象をジタバタとかたちに置き換えているだけだ。抽象も仏様の法の如く奥深いものだと今更ながら痛感している次第です・・

IMG_6667.jpg


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

テーマの本質 

2019/01/05
Sat. 17:49

正月の年始会が終わって、おおよそ後片付けの目処が付いたところでワイフとじゅん君は石見銀山の吉田家へ帰っていった。
今年はじゅん君が参道の道開けをしてくれたおかげで、万善寺の駐車場まで車を上げることが出来てとても助かった。
年始会の余り物やおせちを寺用と吉田家用に小分けしてくれたから、当分の間はそれでオヤジのひとり飯がまかなえる。

まだ、後片付けが終わらないでいる時に石見銀山で親しくしている友人が新年のお寺参りに来てくれた。
大雪でなければだいたい正月三ヶ日のいずれかに万善寺を訪ねてくれる。
たまたままだ改良衣のままだったから、般若心経などのお経で彼の家内安全や商売繁盛の祈念をした。
彼が夫婦で築き上げた今の商売が昨年で30周年を迎えた。
石見銀山の古民家を買い取ってお店に改装した直後に私がその店内外全体を使って個展をさせてもらったことが縁の始まりで、その後家族ぐるみで親しく付き合うようになった。
昨年からの個展は、その店の30周年記念事業の一環にもなっている。

近年は4〜5年を目処に継続している「吉田正純鉄の彫刻展」も今後何回まで続けられるかそろそろ先が見えてきた。
この個展のテーマの本質は30年前から一貫して変えていない。
自分としてはこのテーマの本質をできる限り抽象性の高いところでキープしておくことを心がけている。抽象性の高さレベルがその時時の個展テーマに昇華還元された核になって、それぞれ個展ごとに統一された彫刻の形態に具現化する仕組みを用意している。
自分の思考の根本は、物心ついた頃から普通に形而上の宗教的な概念世界に浮遊しているようなところがあって、造形表現はその一般的に掴みどころのない形而上的思考を形而下の実在世界へ具体的に落とし込むことの手段の一つと考えている。
形而上的抽象性は、幅広く点在する個々の具象を包括してよりシンプルで普遍的な造形へ方向付ける指標として、自分の造形感の重要な要素になっている。
いずれにしてもこういう面倒臭いことは自分だけが気にして思いつめていればいいだけのことで、個展の一つ一つの彫刻はそれなりの関連があって制作して出来上がっているという、まぁ、それだけのことだ。脳みそと身体が動いている限りは、そういうテーマの本質を退化させること無く追求し続けたいと願っているしだいです。

「全然気づかなかったんだけど、ネコチャンズが脱走してたのよ!」
何時もはワイフの方から電話してくることが殆ど無いのに、珍しく向こうから電話がかかってきた。
最初に気づいたのはシロが勝手口の外で鳴いていたからだという。それからクロもいないことに気づいて探したが見つからないまま時が過ぎて心配していたら、しばらく経って裏口の方で中へ入れろと鳴いたそうだ。彼らは2019年早々から初散歩を楽しんだようだ。
ネコチャンズにもあいたいし、一度寺暮らしを切り上げて石見銀山へ帰ろうかなぁ・・・

IMG_6654.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

田んぼ彫刻 

2018/12/09
Sun. 04:36

「今年は観音様の供養がまだなんだけど、法事の時に一緒というのはダメ??」
少し前に獣医の同級生が電話をしてきた。
最近は・・というより、住職が私の代になってからそういうことは他でもよくあることだから「ソレでも良いよ」と返事をしておいたら、日を改めて「9日でどぉ〜〜?」と電話が入って「あぁ〜〜良いよ!」と答えておいたのだが、それからしばらくしてまた電話が入って1週間ずらしてくれということになって9日がフッと空いた。
彼も私と同じ年だから、すでに公務員の獣医は退職をしているのだが、現職に人員が足らなくて、宿直とか休日勤務の補助要員で駆り出されることがあって、なかなか農業1本に絞れないまま忙しい毎日を送っている。

萬善寺への通勤坊主をしなくて良いことになったから、彫刻家に気持ちを切り替えた。
11月の29日に個展がスタートして10日が過ぎた。
個展といっても、自分の場合は石見銀山の谷の吉田家の近所にある稲刈りが終わって来年春まで使うことのない田んぼの適当な場所へ野外彫刻を置くだけのことだから、入場するもしないも24時間オールフリーの展覧会になっている。
石見銀山の町並みに本店のある衣料雑貨の店が吉田の個展を主催してくれていて、その店からのダイレクトメールに第1段の展覧会案内が同封された。
作家としては、作家個人からのダイレクトメールを発送するタイミングを測りかねていて少し悩んだが、一応は展覧会の主催が他にあることなので、作家からの展覧会開催案内は少し遅れて発送することにした。
こういうタイプの展覧会は、以前にもしたことがあって、その時は、約3ヶ月の展示期間中に3回の作品入れ替えをした。
その都度案内状を発送してみたのだが、島根県の冬は雪も降るし表日本からの移動が難しかったりするから、労多くして効無し的展覧会になってしまった。
その反省も含めて、今回は3ヶ月の長期展示を同一テーマで引っ張り続けることにした。それで定期的に彫刻を移動したり加えたり減らしたりしながら展示の変化とか効果を記録していこうと決めた。

今は、この10日の間に少しずつ彫刻を増やしている段階だ。
前回の展覧会の経験で、遠方からの来場がそれほど期待できないとわかっているから、ターゲットを石見銀山に生活する様々な人々の目に絞った。
そうすることで、主催会社の従業員やそのお店のお客さんや、大森小学校へ通う子供たち、保育園に通う親子連れ、住民のおじいちゃんおばあちゃん、町内の各種事業関係者、路線バスの乗客やドライバーなど、身近な人々が彫刻の変化に気づいてくれること。それに若干プラスして田んぼの彫刻が観光流入の人々の目に入るくらいで良いふうな予測をした。
寺のことがなければ、ほぼ毎日工場へ通う日々が普通になって身体の疲労は貯まるが気持ちの方は良い意味で充実している。彫刻のカタチも、制作時間が充足されたおかげで軽々しい表現の変化を抑えることが出来てきた。
個展はこれが最後になるかも知れない。踏ん張ってカタチを掘り下げていこうと思う。

IMG_3595.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

連作彫刻 

2018/12/06
Thu. 04:28

しばらく彫刻から遠ざかっていたことは、かなりのストレスになっていたようだ。
11月の富山町のことが一段落してから、ほぼ毎日のように工場へ通っている。
その間に、身体が忘れていた彫刻の感のようなものを少しずつ取り戻して、気持ちの向く方向へ自然と身体が動くようになって、制作作業のムダが整理されてきた。

それでわかってきたことは、自分の肉体の老化。
つま先に鉄板の入った安全長靴の重さが、気づかないくらいのところで負担になっているようで、床のアチコチへ乱雑に散らばった仕事の痕跡によくつまづくようになった。
はじめの頃は、大きな怪我になる寸前の危険な状態になって肝を冷やしたことが1日になんどもあった。そういうことが連続すると云うことはやはり自分が老域に入ったのだろうと自覚することでもある。一度「そうに違いない!」と現在の状況を認めて受け入れると、それから先、無理をしないような動きを工夫するようになって、今はそれが普通になってきて、4✕8の鉄板を制作台へ乗せるのも、いろいろと工夫して前と変わらないくらいに出来るようになった。

1m以下の小振りの箱彫刻を10個連作しているが、それをすべて溶接し終わるのに2日かかった。
夕方になると集中力が切れて溶接の精度も落ちて1日の作業の限界を感じる。今までは、小休止して気持ちを切り替えて作業を再開していたが、そういう無理をすることが翌日に影響すると余計に作業効率が落ちて完成の目処がつかなくなるから、身体の動きが鈍くなったと思ったら、そこで1日の仕事を打ち切ることにした。
いくら彫刻三昧の1日を過ごしていても他に用事がないわけでもないから、夕方からあとは工場から寺へ移動したり、貯まっていた業者さんへの支払いをしたりして用事の停滞を解消している。

今制作中の彫刻は、今回の個展のサブテーマである「彷蔵」の系列に位置しているものだ。
「彷蔵」は、自分の造語で「ほうぞう」と云う。
その言葉に隠されている自分なりの想いはあるが、それはそのうち語る機会もあるだろう。とにかく、今は10個の箱彫刻の次の工程を造形上の工夫に置き換えることを優先する段階だ。
野外彫刻の個展というものは、展示期間も含めて自分の中で空間の境界をある程度決めておかないと、何事もすべてが曖昧に始まって終わってしまうから、あらかじめ事前におおよそ展覧会のシナリオを造るようにしている。このことも、何かの機会で文字に置き換えておくくらいのことはしておく必要を感じてはいるが、まだ制作の最中だし、そういう段階で自分の彫刻を別の表現手段で語るということは避けておきたい。

今年は、例年になく12月に入ってまだ初雪が降らない。冬シーズン限定で開催している野外彫刻の個展としては、自分の思惑通りにいかないところもあって少々苦戦しているがそれも仕方がない。なにせ地球の環境が相手のことだから・・・

IMG_3586.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

周藤さんの彫刻 

2018/11/12
Mon. 23:39

周藤さんの彫刻が徳島から帰ってきた。
彼が軽トラックで搬出に行くと決まってから、吉田の彫刻も一緒に搬出してくれるというので甘えることにした。
富山町の周藤彫刻の定位置へ設置することになっていたので、事前に草刈りもしておいたし、あとは彼からの連絡を待って現地集合すればいい。
それまでは個展用の彫刻を制作しながら工場で過ごすことにした。

「今から工場へ行きますから」と彼から電話が入ったので「彫刻の設置手伝うよ」といったら、もう終わったという。ひょっとして、私の手伝いを遠慮したのかも知れない。
彫刻のことはおたがいさまで、持ちつ持たれつ協力し合いながら助かっているわけだから、遠慮することも無いだろうと思っている。そのうち自分も歳をとって手伝おうにも身体が思うように動かなくなるだろうし、そうなると、何かと周藤さんに手伝ってもらうことのほうが増える。できたらもう少し長い目で見て負担のない気楽な付き合いが続くと良いと、私は思っているのだけど・・・

彼は数年前から彫刻の方向性が安定してきたように感じる。
「彫刻の方向性」といっても掴みどころのない曖昧な言い回しだが、長い付き合いの中で彼の彫刻を吉田的に勝手に整理して見ているようなところがあって、そういう目で見たときの彫刻の成長の印象のようなものだ。
思うに、彼の彫刻表現のテーマは、いまのところまだひとつに定まらないまま揺れているようなところがあって、短期的な刺激がそのまま彫刻の造形へダイレクトに置き換えられている気がする。現代社会の象徴的な事象に刺激を受けたナニカを彫刻テーマの軸にした抽象彫刻として表現されている。
最近ではひと頃の現代美術に多く見られたメッセージ性の強い彫刻を見る機会が少なくなった。造形上の素材とか技法とか工法とか形態をある程度統一することも大事なことかも知れないが、そういうことに縛られすぎて彫刻のテーマやメッセージの広がりが無くなって制作が萎縮しないでほしい。今のような方向性の彫刻が、そのうち彼のオリジナルになって個性になっていくと良いと思う。
それでも野外彫刻としての耐候性のことがひとつ気になる。
野外彫刻は公共性も強くなるし、設置環境を配慮して安全でできるだけ長持ちすることが望ましい。制作上のミスが残ったままになってしまうと、ソレが元で彫刻の劣化が進む。天災人災、何が起きるかわからないから、あらかじめそういうことも予測しながら制作をすることが大事だ。これからも続く長い作家歴の中で、少なくても野外彫刻に関してはなによりも堅牢であることを目指して欲しい。

「通勤の行き帰りであの彫刻見てるんですよ。知らない間に前のが無くなってて・・・アレ何処へいったんですか?」
「アレはですね、今、岡山の方へ行って喫茶店の横に置いてありますよ」
「あぁ〜、そうなんですか・・・あの彫刻好きだったのに・・・」
富山町では少しずつ周藤彫刻のファンが増えている。

IMG_6539.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

坊主彫刻家的嗜好 

2018/11/11
Sun. 23:41

徳島の野外彫刻展へ出品していた彫刻が帰ってきた。
少し余裕を持って自分で搬出をして、その足で「愛媛に住んでいる友人を訪ねてもいいなぁ・・」と計画していたのだが、直前になってみると万善寺のことや富山町の野外彫刻のことや、11月末から始まる個展のことなどが重なって徳島行きの都合がどんどん窮屈になってどうしようか悩んでいたところへ・・・
「徳島の彫刻一緒に搬出しておきますよ!」
周藤さんがどうせ自分も搬出に行かなければいけないからと、吉田の代行を引き受けてくれた。
彼の軽トラへ二人分の彫刻が乗るのだろうか?少し心配になったが、駄目なら駄目でそのときは次の方法を考えれば良いだろうと、彼の好意へ甘えることにした。
それで、10日から11日にかけての2日間のスケジュールが少し楽になったものだから、日曜日は朝から工場へこもって彫刻の制作をすることにした。

今度の個展は野外彫刻を中心にして、3月末までの会期中は時々場所移動をしながら配置の変化を工夫してみようと思っている。
いつものように、石見銀山の吉田家周辺が個展会場になるから、借景と絡んだ彫刻の現状を自分の目で確認できて安心だし楽しみでもある。島根のような日本海側の冬のシーズンは、気候条件が目まぐるしく変化することも当たり前だし、そういうある意味予測不能の環境との対峙も期待したい。

六本木や徳島の彫刻は、個展用に制作したものの一部になっている。
いくつかの独立したパーツを造って、それを設置場所の条件を見ながら組み合わせようと考えていて、ベースは、六地蔵とか十王さんのような野仏とか庚申さまや道祖神道標のような感じをイメージしている。
島根県内を始めとして、もう何十年もの間西日本を中心に彫刻と一緒の旅を続けている。
最近は四国が多いが、他にも九州や兵庫県北部、近畿地方、少し遠くなって新潟や栃木あたりまで出かけてきた。行く先々でよく見かける石像はだいたいが宗教がらみの物が多いが、中には営農振興の記念碑とか、集落の境界碑もあちこちで見かける。
彫刻を造っているが坊主でもあるから、土地土地の石仏を見ると、なんとなくその辺り一帯の信仰の具合が見えるような気もして、ある意味一つの目標に向かったブレのない精神性が造形の存在感を強く示しているように感じる。一つ一つの造形物は小さいものだと一人で持ち上げられるくらいのものから大きいものでも1m前後だから、決してモニュメンタルで大仰なものでないところに親近感を感じる。だいたいが民衆主体の信仰から始まった造形が多いようで、時時の時代の状況を背景にした信仰の対象を具現化したものでもあるから、具象的であるよりはむしろ限りなくデフォルメされて記号化された抽象形に近づいているふうに感じる。
私が暮らす島根県の特に東部の方は、むき出しで野ざらしの信仰的造形物が少ない。そういうものの殆どは簡単な掘っ建てから本格的な寺社造りまで様々な形状の祠としてお祀りされているから、よけいに旅先で見かけるランダムな造形の連鎖に自分の気持がひかれているのかもしれない。

IMG_6598.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

フィールドアートワーク 

2018/11/01
Thu. 23:50

六本木の彫刻が島根へ帰ってきた。
事前に2tのユニックをレンタルしておいたので、朝から運搬しようと計画していたのだが、午前中に別の用事が入ってしまった。
あせってそちらを片付けても、結局彫刻移動の方は限りなくお昼近くなってしまった。

島根の彫刻搬入出は、出品者が共同搬入出するようになってから日の丸西濃さんへ一括依頼してチャーター便を手配してもらっている。
貧乏彫刻家の集団だから、西濃さんもそのあたりを承知してくれていて、毎回適当な下請けの運送業者さんを手配してくれる。最近は、浜田を拠点にした業者さんが少しずつ定着してきたが、その時時の都合で大田市の運送業者さんに変わることもあったりする。いずれにしても、この数十年は毎年同じ時期に同じ内容の依頼をしているから、トラックのドライバーさんも少しずつ顔見知りになって、色々と面倒なハプニングがあってもそれなりに難なく乗り切ってくれて助かっている。
それでも出品の彫刻家が年々減少していて、作家の個人負担が倍増している。吉田の場合は夫婦で彫刻を造っているから運送料の出費も当然2倍になってなかなか厳しい。そういう必要経費が無くなることは無いから最近ではセッセと500円貯金を続けてなんとか出費の負担を軽減させている。吉田家や萬善寺のいたるところにガラス瓶やアルミの空き缶などを貯金箱代わりに置いておくとその500円貯金もなかなかあなどれないところがあって、1年もすると結構貯まっていて二人分の彫刻出品諸経費がまかなえたりする。

搬出する彫刻は、そのまま富山町のフィールドアートワーク会場へ移動して野外彫刻の展示にする。その美術イベントも今年で4年目になって、富山町内の各所に設置した彫刻は10点を超えるまでになった。設置場所に借りている耕作放棄地などの草刈りが大変だったりするが、借用料を労働の汗で払っていると思えばそれほど苦にならないし、草刈りの様子が住民の目に触れるだけでも親近感を持ってもらえたりするし、そういう勤労奉仕も継続していればそのうち良いこともあるだろうと長い目で気楽に考えている。今年もひとまずはおおよそ自分で草刈りが出来た。

プラットフォームで遅れた彫刻積み込みをしていたら、「これからそちらへ向かうところです」とストウさんから電話が入った。自分一人で彫刻移動をするものだと思っていたからとても助かって感動した。
2tユニックの2往復目でストウさんが合流してそのまま富山町へ向かった。
昨年から徳島のタケダさんが制作している鉄の彫刻を預かって展示している。彼女の彫刻は純粋に抽象で、厚い鉄板をベースに、切る・折る・曲げる・溶接する工程を繰り返した構成彫刻になっている。どのように制作構想をねっているのか知らないが、とにかく、ああいうタイプの彫刻はマケットの段階でしっかりとバランスや強度を確認して、リアルサイズでの仕事に不安を残さないようにしておかないといけない。
彼女の彫刻を毎年見て思うことだが、造形の必然とは関係ない補強のパーツが数箇所に見えてしまっていて、それが造形力を弱めてしまっている。当面の課題であると思うし、それが解消されると一気に彫刻がレベルアップするはずだ。

IMG_3493.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

搬出の日 

2018/10/31
Wed. 23:46

搬出の日、少し時間の余裕を持って六本木の美術館へ行った。絵画も含めて、彫刻の会場をあらためてもう一巡しておこうと思ったからだ。
彫刻の搬入出は島根県から共同搬送していて、最近はストウさんが一人で搬入作業を引き受けてくれている。陳列展示は自分の彫刻のことで余裕がなくてじっくりと作品鑑賞が出来ないままだし、会期初日は知り合いの彫刻家もたくさんいるし、展覧会を見に来てくれる知人もいて1日がアッという間に過ぎて帰りの高速バスに飛び乗る。
結局搬出作業をする前の数時間しか落ち着いて会場を巡ることが出来ない。

前々からなんとなく気づいて思っていたことだが、この近年具象作品が増えて抽象が減った。
美術造形の世界では、そういう流行があるのかも知れない。
私が展覧会へ出品をはじめた頃は抽象彫刻がたくさんあったし、絵画も抽象の現代美術が集まった展示室が独立してあって楽しめた。
具象が嫌だとは思ってもいないが、やはり自分としては抽象が好きだ。
想像というかイメージというか構成とかバランスとか素材とか、とにかく作家それぞれの表現に気持ちが揺れる要素がたくさんあって見ていて飽きない。
自分はそういう嗜好が強いから彫刻を造っていても、具象的傾向へ偏っていくとどこかしら説明的要素がチラついて落ち着かないし、ひどい時は制作の途中で仕事に飽きてしまって気持ちが全く入らなくなっていたりする。
こうして何十年も似たような彫刻を造っているわけだから、自分で気づかない間に自分のスタイルが出来上がっているのかも知れないが、一方で、まだ自分にとっての未開の造形領域が山のように存在しているふうにも思えて、ナニカの端っこがチラリと見えたりすると、もう鳥肌モノで震え上がるような感動に包まれることがある。そういうことが繰り返されて、その感動のいくつかがジワジワと時間をかけて何かしらのカタチにかわっていくようになるプロセスが楽しい。

六本木の野外彫刻展示会場は、比較的抽象系の彫刻が多く集まる。それでも、最近は作家の定着が進んで風通しが悪くなってしまった。そう感じるのは自分だけのことかも知れないが、どこかしら展示の無風状態が感動の停滞につながって新鮮な活性が感じられなくなった。自分の彫刻を棚に上げて偉そうなことだと思ってしまうが、こればかりはどうも仕方がない。
今年は久しぶりの個展が控えていて、その準備がすでに始まっている。ちょうどうそういう時期だから余計に自分の造形感が敏感になっているのかも知れない。
このところ、半年ぶりくらいに工場通いが続いていて、自分の一日のスケジュールが彫刻の制作を中心に動くようになってきた。久しぶりのことだ。
さすがに年齢のこともあって昔のように無理が効かなくなってはいるが、一方で、過去の彫刻テーマを再考しながらそれをもっと掘り下げて見つめ直す良い機会でもあるし、目が覚めている時は、メシの時もトイレや風呂の時も、四六時中彫刻のことが頭から離れないで考えられている。
子供の自立や両親の他界を経て、どこかしら身軽になったからかもしれない。

IMG_3569.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

彫刻の先 

2018/10/20
Sat. 23:09

このところ、自分の周辺が今までにないほど目まぐるしく複雑に過ぎて、吉田家へ帰ったらドッと疲れて夕食を終わらせると宵の口からキーポンが使っていたベッドにバタリと倒れ込んですぐに寝てしまう。
「どうしてこういう状態になったのか?」・・・眠りの世界へ移動する前の少しだけ覚醒しているあいだにそのあたりのことを考えようとするのだが、どうもそれらしき要因が決まらないままいつの間にか寝落ちしている。

2月から3月にかけて小さな彫刻を一つ造ってから、工場へ通う機会を逸したまま約半年がアッという間に過ぎた。
彫刻の制作が無いわけではないのに、どうしてもそういうことにまとまった時間を造ることができなくて、暮らしの色々な場面で気持ちばかりがスベって、素材へ触れることのないまま頭の中では大小の彫刻が出来上がっては消えていく連続だった。

坊主家業の商売柄、日常のいろいろな場面で中道を心がけるようにしているが、彫刻のことや制作のことや、またそういう俗に云う文化事業的なことになると、全部が全部、何から何まで中道に片付けてしまうことができなくなって、どうしても自分の信念や我欲の方へ惹きつけられるように偏って、俄然勢いづいて頑固な主観を押し売りしてしまっていたりする。あとになって気がついて反省もするのだが、済んでしまったことは取り返しもできないので、自分の胸に仕舞い込んで、出来るだけ早く忘れるようにするしか無い。

自分の彫刻は、どちらかと云うと抽象の部類に入ると思っている。
約10年間の研究期間を過ぎた後、そろそろ自分の彫刻を制作するための目印としていくつかのテーマを用意した。
今までは、そのいくつかのテーマを少しずつダブらせながら感覚の新鮮なうちに彫刻のかたちへ置き換えることを続けてきた。自分の性格上、ひとつ事にじっくりと取り組んでそれをひたすら脇目も振らず継続するということができないタイプだから、彫刻の造形の工夫に飽きて面倒臭くなってしまったら、しばらくはそういう系統のテーマから遠ざかるようにしている。そうして、他のいくつかのテーマに気持ちを切り替えてそれに没頭すると、今度はそのことがまた楽しくなって当分の間は、また違った感じの彫刻を造ることができるし、またソコに新しい発見があったりして次の展開が楽しみになる・・・だいたいそんな感じでこの30年間は過ぎてきた。

今度、しばらくぶりに彫刻個展の話を頂いて、改めて過去の自分を系統立てて整理してみると、やはり彫刻の世界でも自分の立ち位置が「中道であることの重要性を意識していたのだなぁ・・・」と、再確認した気がする。
自分の彫刻に対する思考の根本はやはり形而上的方向性を観ているということ。思い返せば、最初の個展をスタートさせた時からそれがすでに決められていた気がする。それまでの研究期間は常に形而下での自分の立ち位置を確認し続けて造形の客観性を観続けていた。造形上の緊張関係を自分なりに説明できる手段のひとつが抽象表現であり、それは、あくまでもアニミズムの世界へ自分を引き込むための手段であったと云うことだ。

IMG_6384.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

六本木スタイル 

2018/10/16
Tue. 23:08

高速バスが1時間半遅れて新宿バスタへ着いた。
寝ていたからどうして遅れたのかよくわからないが、途中の事故と朝の通勤ラッシュに捕まったらしい。
荷物は、肩掛けバックと頭陀袋だけだが、彫刻の陳列に必要なものは少ない。
定刻に到着していたらキーポンの部屋へ寄っていらない物を置いて身軽になってから六本木へ向かおうと決めていたのだが、それをすると陳列作業に遅刻してしまいそうなので諦めた。
特に腹も減っていなかったが、時間調整も兼ねて近くのマクドナルドへ入った。
島根のマクドナルドはいつも閑散としているが、流石に新宿はお客も多くてほぼ満席だった。空いた席を見つけて、コーヒーを飲んで少し落ち着いてから久しぶりにラップトップを開いた。

9月に入ってから、外泊や寺泊を繰り返しながら、時々石見銀山に帰って寝るという、なんとも落ち着かない毎日が続いて、まさに今もその延長にあるから、以前に比べるとラップトップをつつく時間も半減した。
自宅に帰ればデスクトップもあるが、夜になって起動するのも面倒臭いし、結局何もしないでそのまま寝てしまう。
ひと頃のように、毎日毎晩パソコンをつつくようなことが珍しくなった。
今年にはいって急に忙しくなってきたというふうに思うこともないのだが、やはりどこかしら暮らしの慌ただしさがキーボードとの距離を遠ざけていることになるのだろう・・・
その気になってキーボードをつつき始めたら、コーヒーを一杯飲む間にA4の1ページくらいは普通に埋まる。
そのコーヒーも、このところコーヒーカップを使って落ち着いて飲むことが減った。自宅の時は、ワイフが入れてくれたモノを蓋付きのマグカップへ入れ替えて出かけるし、寺泊の時は朝目覚めると自分で豆を挽いて直接マグカップへ落として蓋をする。出先ではコンビニコーヒーを買ってそれをマグカップへ移し替える・・・ようするに、このところコーヒーを飲むというと、ほとんどが銀くんを運転しながらチビチビやっているということ。そういえば、コメダ珈琲もしばらく行っていない。

なんとなく、マクドナルドのコーヒーを飲みながら、こうしてプチプチやっているだけで、もうほとんどA4が1ページ分埋まりかけている。まぁ、時間調整の暇つぶしには丁度好加減だ・・・

六本木の陳列作業は、特に大きな障害もなく無事に終わった。展示の組み合わせはザックリと頭の中でシミュレーションしておいた。最近は展示位置が固定されているので、こういう時に助かる。美術館の野外展示室で、外壁との距離感や全体の色調などのバランスがおおよそ頭に入っているから、それを念頭に彫刻のスケールを決めている。野外だけでもだいたい20点前後の彫刻が集まるから、他の作家へ迷惑のかからない範囲で比較的自由に配置を構成させてもらっている。
今年も沢山お手伝いを頂いた。自分の彫刻はそうやって六本木スタイルが完成している。

IMG_3439.jpg
IMG_3444.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

要害山を望む 

2018/10/14
Sun. 23:18

六本木の陳列展示が近づいているから、萬善寺の仏事を繰り上げて日程調整をしておいた。
その中で、七日法要が一つ残っていて、コレばかりはあまり大きく日程をずらすこともできないから、移動日の方を調整してギリギリのスケジュールを組み立てた。
それで、朝の9時にはもうお経を読み始めるようなことになって、施主家には迷惑をかけた・・・と思っていたら「お陰様で早くに来てもらって助かりました。今日は子供の試合がある日でして・・・」と逆に感謝されてしまった。

過疎化の進む飯南高原で、男二人女一人の子どもたちは、今どきの若い家族にとって貴重な子沢山になる。その長男さんが地域の少年野球チームに入っている。
隣の行政区では、9人の野球チームを確保することができなくて苦労しているし、結局最終的には個人競技中心のスポーツ少年団に切り替えたところもある。
親の考えも様々だから、ことの良し悪しは地域事情で決まるようなところもあって、若い世代の人口流出を食い止めるための行政対策がなかなか難しい。
最近では、第一子から無料保育無料給食を保証する行政区も出てきた。
吉田家の4人の子どもたちが育った頃はそういう行政からの保証などなかったから、親のボクは子どもたちの教育費を稼ぐことで必死だった。
「自分が楽に暮らすには子供をつくらなければいいだろう・・・」と、吉田家が子育てをはじめた頃はそういう気持ちも周囲には色濃く漂っていた。
今は子育ても終わって気楽な夫婦の二人暮らしが戻ってきたから、まだ若かったあの頃の子育ての苦労も良い思い出に変わっている。

寺のことでいろいろと積み残しの用事が残ってはいるが、ひとまず彫刻の用事を優先にしてお昼前には石見銀山へ向かった。
数年前までは、コロコロトランクへ数日間の着替えなどを詰め込んで、結構大掛かりな旅行準備になっていたが、最近はいつもの肩掛けバックと陳列作業用の一式を頭陀袋へ詰め込んだものと2つくらいの荷物にまとめて身軽に済ますようになった。
キーポンが東京暮らしをはじめたからそういうことも可能になったわけで「ボクの子育てもなかなか上手くいった」と、内心そう思っていてずいぶん助かっている。
9月に帰国したノッチも住むところが決まって少し落ち着いたし、1日くらいは彼女も一緒に夕食ができると良い気もしているが、本人の都合もあるだろうし、もちろん私の彫刻展示の仕事もあるから、まぁ、運良く時間の都合が合えばその時にどうするか決めるくらいでいい。

簡単に荷物の準備をして、あとは富山町のフィールドアートワーク関係の事務に切り替えた。
チラシをつくる都合もあるし、いくつかのデータを整理していたら、周藤さんが届けてくれた野外彫刻の写真があったので、今回はそれを原稿にすることにした。
富山町と出雲地方の境界にある要害山を背景に霜を被った彫刻がキレイだ。
その要害山は石見銀山の銀を目当てに戦国武将たちの攻防戦で激戦地だった。

IMG_0930_20181104101839ecf.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2019-12