FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

今時物流事情 

2019/02/01
Fri. 23:03

朝から空模様が怪しくていつ雨が降り始めてもおかしくない感じだったが昼前にはなんとか持ち直してそれなりの天気になった。
小品彫刻展でお世話になったショップが社員の男手を揃えてくれたので、搬出は半日もあれば終わりそうだ。
彫刻の発送は、窓口での伝票記入に時間がかかりそうなので、展示台の移動をショップの関係者へお願いして任せた。

小品彫刻だと持ち込みのゆうパックが便利で、発送業務の80%は会場の近所の郵便局で済ますことができる。
取扱業者によって寸法や重量の規格が若干違うようだが、だいたい同じ条件なので、ヤマト便がゆうパックに変わってもそれほど大きな混乱はない。島根のような田舎だけのことかも知れないが、ヤマト便や佐川急便などの大手宅配業者さんは、取扱店の基地が少なくて持ち込み発送がとても不便だ。ソレに比べてゆうパックの方は、田舎の小さな町でもかならず何処かに郵便局があって宅配便の取扱をしてくれるからとても助かる。
それでも便利なゆうパックも含めて、時々業者の都合で知らない間に取扱条件が変更になっていたりすることもあって、今回もソレに引っかかった。
お客の事情というより営業上の事情が優先された条件変更の不条理にはどうも素直に納得できない。
鬱陶しいほど反乱しているどうでもいいようなCM告知ばかりに精出す暇も予算もあるのなら、こういう突然の利用条件変更に関する事前告知のコマーシャルを優先してほしい。
今まで普通にOKだった取扱が、急に受付窓口で「見直し変更になりまして・・」といわれても、結局当方は梱包のし直しで持ち帰ってまた出直すことになるわけで、私のように、何から何まで自分の都合で事業を切り盛りしている極小零細事業主にとっては、とても厳しい仕打ちなのです・・・プンプン!!ブツブツ・・・
彫刻家が悪いわけでも何でも無いのだが、世の中の物流システムの中で自分の彫刻をその基準にあわせながら制作をするというのもなにかおかしなことだ。結局は作家の都合ばかりで筋を通すことも出来ないから「そんなもんだ・・」と世間の事情を飲み込んで対応するしかない。
それで、具体的にどういうことかというと、作家が展覧会の主催宛に作品を発送する場合は普通に今までどおり梱包して業者持ち込みをすればいい。ちなみにゆうパックの場合は、送り先が同じなら以前の伝票の控えを持参すれば若干値引きしてもらえるはずだ。問題は、主催側から作家個人宛に彫刻を返送する場合。業者さんの話によると、送り先が個人宛の場合は重量や大きさの制限があるようで、その制限を超えた場合は荷物が営業所止めになって、受取人はその営業所へ引き取りに行くことになるらしい。要するに、ドライバーが一人で運搬できない場合は「自分でひきとりにきてちょうだいネ!」ということで、ソレで良ければ「発送させてもらいますヨ!」ということ。業者さんの立場から言うと何の問題もない当然の理由があることになる。
もう半世紀近く親しくしている運送業者は、営業所の所長が変わるたびに「吉田絡みの荷物はチョット厄介だからよろしく・・」と、申し送りされているようだ。今回も、ほとんど無理だろうと諦め気味に持ち込んだAさんの彫刻だったが、顔見知りの職員さんが「チョット料金かかりますけど・・」と念押ししつつ、渋々引き受けてくれた。アリガタヤ!

IMG_5491_20190214150507e5f.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

絵を描く 

2019/01/26
Sat. 23:36

油彩画はどうも馴染めなくて、学生の基礎科目で100号を描いたのが最後で、その後しばらく本格的に完成された絵を描くことがなかった。

島根へUターンを決めた時は家業(万善寺のことです)を手伝うことが主たる目的で生活の手段は何でも良かった。
学生の頃は職種を選ばなければすぐにアルバイトが見つかっていたから、島根に帰っても何処か寺の近所で適当な仕事があるだろうと簡単に考えていたのに、お盆仕事の手伝いで帰省したついでに職探しをしてみると、自分の希望に沿った労働条件など皆無。
結局島根の田舎では給料をもらいながら片手間に坊主を手伝うなどと都合の良い仕事が無いものだから、一念発起して本気になって半年ほど採用試験の勉強をした。
改めて「自分にできることは何なのだろう?」と考えてみると、絵を描くことくらいしか思いつかない。試験に必要だから久しぶりにデッサンや着彩の基礎を再開してみると、昔のようにチャンとした完成度には至らないものの、それなりに大事なポイントはソコソコ抑えられる程度までにカンを取り戻すことが出来た。

島根の社会環境の現実に直面した時は、もう造形の世界から縁を切るしか無いとほとんど制作を諦めていたが、何のこともない、就職が決まって5月の連休が終わる頃には1日中与えられた仕事ばかりしてボォーっと過ごすことに飽きてしまって、引っ越しの荷物の中から学生の頃に使っていた道具を探し出していた。それでもすぐに本格的な立体造形を制作できることにはならなかったが、平面造形で絵を描いたり限りなく平面にシフトしたレリーフを造るくらいのことはできるということに気がついた。
なにか頭を使ったり手を動かしたりしているだけで1日の色々な対人関係のストレスが軽減できるしずいぶんと精神的苦痛から開放される。造形上のコンセプトがどうとかテーマがどうとか、そういう面倒臭いことより、まずは何かしらの制作に没頭できるということが楽しみでもあった。私の様子を近くで見ているワイフの方も、なにやら材料を取り寄せて小物やクラフトを造るようになって、吉田家の家庭環境がしだいに工夫されて本格的な制作に取り掛かる地盤が少しずつ出来上がった。
特に本気になって制作環境を整備したわけでもないが、何かしら造りたいものを造れるための工夫を繰り返していたらそのうち最小限の道具や制作場所も揃ってきて、まぁ、それからいろいろあって今に至っている。

年が明けたからもう3年前のことになるが、縁があって1ヶ月に2日程度の割合で高校生の美術活動へ付き合うようになった。
そろそろ3年目が終わりに近づいていて、卒業生はあと2回位しか授業がない。最後の作品制作で数人が小さな油絵を描き続けている。描きたいものが決まっている生徒は脇目も振らず絵にのめり込んで悪戦苦闘している。描きたいものがなかなか見つからない生徒は美術小屋の天井を向いて焦点の定まらない目を泳がせて、これもまた別の意味で悪戦苦闘している。
みんなそれぞれだが、日頃のしがらみをしばし忘れてなにかに没頭できるひとときがあるということはとても大事なことだと思う。

IMG_3713.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

家業本業 

2019/01/20
Sun. 23:32

朝から法事のお手伝いがあるので、前日から万善寺入りした。
珍しいほどの暖冬で、銀くんを境内まで入れることができるから、灯油をポリ容器5つ分ほど仕入れて寺まで運んだ。暖かいといっても、雪が降らないというだけで飯南高原の冬はそれなりに朝晩の冷え込みはいつもと変わらないで氷点下になるから暖房は欠かせない。

菩提寺の方丈さんは、いつもは松江の寺で暮らしていらっしゃる。
法事などの仏事のあるときだけ飯南高原へ帰っておつとめされる。お経のシステムが万善寺と違っているので、こうしてたまのお手伝いが入ると結構緊張する。
万善寺の場合は法事の数も多くないし、基本的に坊主家業が暇だから、法事が入ると途中で休憩をはさみながらお昼すぎまでのんびりとお経を読んで、お墓参りが終わって斎膳も1時間位は世間話をしながらゆっくりと過ごす。そうすると結局半日というよりむしろ1日仕事に近くなる。
今回のお手伝い法事はお昼すぎに全て終わった。寺へ帰ってからあとの時間に余裕ができて積み残しの作務がはかどった。それでも気がつけば夕方になっていてあたりが薄暗くなりかけていた。急いで斎膳の折弁当や法事のお下がりなどをまとめて石見銀山へ帰った。少しずつ日が長くなって来ているが、それでもまだ冬のことだから1日がアッという間に過ぎる。

2月になると節分があって立春がある。
例年だとちょうど節分寒波の時期なので今年の彫刻制作にむけてザックリとしたスケジュールを決め始めている。2月末には個展の彫刻へ小品を10点ほど追加しようと思っていて、そのためのパーツはすでに揃えてある。
3月に入ると、初午祭やお彼岸や母親の三回忌があるから、彫刻制作の日程を寺の仏事と調整することになる。予定では、個展の打ち止めに高さで2mチョットの大作を造ろうと思っていて、これもラフなかたちがだいたい決まっている。月末は上野の美術館で春季の展覧会が始まるから、その出品彫刻を考えているところだ。基本のコンセプトは継続しているから大体のことは大きく変わらないが、細かいことで幾つかやりたいこともあって、今はそのことで少々悩んでいる。悩みといっても、造るかたちが枯渇しているわけではないから贅沢なことであるが、それでも最終的に1点へ絞ることになってそれがつらい。個展のように、造りたいものを造りたいだけ造って片端から展示してしまって、その展示効果の中から反省を引き出すほうが気楽でいられる。
大きな団体展の場合、展示スペースの関係で基本的に作家はひとり彫刻1点出品が暗黙に決まっているようなところもあって、それを守っていると例えば大作が1年1点、小品も1年1点ということになって、そのための試作などを含めても、彫刻大小せいぜい1年5〜6点の新作が造れるかどうかになる。10年間出品を続けても50点くらいしか彫刻を制作していないことになって、その程度ではテーマとか表現の推敲が断続的に継続されているだけで、モチベーションの維持管理が難しい。私のような飽きっぽい性格だと、彫刻の深みは期待できないし、サラリと技術や技法に流されてしまう。そういうことを避ける意味もあって、定期的な個展を大事にしているところだがさてあと何回できるかな?

IMG_3712.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

土曜日の朝 

2018/11/10
Sat. 23:27

午前中は江津の高校で2時間ほど高校生諸君と授業をすることになっている。
数年前にその高校の校長さんから「1ヶ月に1~2回のことだけなんだけど全校活動美術の面倒見てもらえませんか?」と打診があって引き受けることにした。
経緯はいろいろあったが割愛するとして、その校長先生とは30年ほど前からの知り合いで、よっぽどのことでもないと上手に断わる理由が見つからなかった。
失礼な言い方になってしまうが「子守くらいのことしかできないけどなァ~」と、内心はそう思っていて「ワークショップの延長のことくらいだったらなんとかなるだろう?」程度に考えて今に至っている。

はじめの頃は、高校生の実態に慣れないし、ボク自身結構な人見知りでシャイな性格だから何かと間が持てなくてツマヅイてばかりだったが、そのうち自分なりに少しずつ打ち解けてきて生徒たちとの距離が縮んだ。
前期と後期で選択替えがあってメンバーが多少入れ替わるが、2~3年の間は2~3人を相手に2時間ほど付き合うくらいのことだったので、自分の手持ちの道具や工具や材料や消耗品などを提供しながら、なんとか授業らしきことをしてきた。
ところが今年度に入って一気に選択人数が倍増以上に増えた。
そうなると、さすがに手持ちの材料でなんとかできる域を超えてしまって、あらかじめ人数分の教材のようなものを用意するところからコトを進めなければいけないことになって、少し忙しくなった。それでとにかく、今まであちこちで開店営業していたワークショップの教材を見直しつつ、現役で美術の時間講師をしているワイフやノリちゃんのネタを借用したりしてこの半年間はなんとか乗り切った。
10月からの後期は、ちょうど自分の彫刻制作や小品彫刻の展覧会や美術イベントの企画などがドッと重なってくるから、よっぽど工夫して教材の準備をしておかないとカワイイ高校生諸君に迷惑がかかる。
いくつか候補教材を決めてみたが、最後はワイフの力を頼って彼女から教材のノウハウを頂いた。身近にそういう人材がいるとたいへん助かる!
それで前回からモビールをつくっているのだが、今日ですべて完成することになっている。制作が遅れた場合は自己責任でなんとかするということにしてあるので、完成作品から順次記録写真を撮ってあとは制作者本人へ作品を返す。

朝、少し早い時間に学校へ到着して美術小屋へ入ると、その最後の一人のモビールがいい感じで出来上がってぶら下がっていた。自分のやりたいことがしっかりと伝わってきた。彼女の制作中の様子を見ていたが、とにかく一つ一つのパーツを丁寧につくっていたから、そういう様子だと完成がかなり遅れるだろうということはわかっていた。
なにかしらものつくりにかかわっている人間としていつも思うことは「造形の内容と制作〆切りのバランスをどのように調整して実材に取り掛かるか?」ということ。最近は迷いも減って失敗も減ったが、昔は時間配分や工法技術や造形の見通しにどこかしら不具合が生じて適当なところで妥協することばかりだった。
時間優先か造形優先か、結局は2つに1つの選択になってしまうことだが、やっぱり、ボクとしてはできるだけ造形に妥協はしたくないな・・・

IMG_3560.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

上出来な未完成 

2018/10/24
Wed. 23:06

もうそろそろ10月も終わろうとしているのに、まだ半袖でもいいくらいに温かい。
ケイティの宿舎前で待ち合わせをして、一緒に工場へ向かった。
助手席の彼女と日本語と英語で作業の話をしていたら、彼女は防塵用のグッズを持っていないことがわかった。
いつもはボク一人で制作をするだけだから、必要なモノを余分にためているわけでもないので、急きょ近くの町のホームセンターで調達することにした。
一応、まがりなりに金属彫刻のプロだと思っているボクとしては、それに関する色々な工具や消耗品や材料を資材業者さんを通して取寄せているし、よっぽどの急用でも無い限りホームセンターを利用することがない。広い店内でお目当ての必要なものを探すだけでも一苦労で、無駄に時間を潰してしまった。
二人でレジに並んで支払いを済ませると、すぐに工場へ移動した。

昔は簡単なメモを描いたり、小さなマケットを造ってだいたいの様子を決めてから制作に入っていたが、最近は鉄板へそのまま蝋石でドローイングしてその線を頼りにプラズマ切断機を使ってしまう。
彼女が工場のテーブル代わりに使っている鉄板の上へ図面のような制作メモを広げた時は少々焦った。
とにかく、工具の使い方をひと通り解説して、あとは図面の寸法をおおよそまかなえる鉄板を用意して「コレで何とかしてネ♡!」と日本語に英語の単語と身振り手振りをそえて伝えた。
私の方は、制作途中の彫刻を半自動溶接があるから、狭い工場で彼女のじゃまにならないように気を配りながらセッセと制作の作業を続けた。

ケイティは、結構・・というより、かなり神経質な作家だと思った。溶断した鉄板を紙の図面へ当てはめて寸法の狂いをディスクグラインダで修正をしている・・・「こりゃぁ~1日で完成は無理だな・・」
まだ若かった頃の自分を思い出す。
本格的に彫刻をはじめた頃は、3✕6板ベニヤをカッターナイフで裁断して原寸サイズの型から造っていた。今のケイティの作業の様子があの頃の自分にダブって見える。何かしら懐かしくて、忘れていた過去の自分を思い出した。

お昼はラーメンを食べた。旅慣れているケイティは、出されたものをなんでも「美味しい!!」と食べる。おもに地元で働くオヤジたちや長距離のトラッカーたちを相手にしている食堂だから、それなりに量が多くて美味しい。結局、ケイティはラーメンを完食することができなくて、お店の店員さんに済まなそうな顔をしていた。

夕方少し暗くなるまで仕事を続けて、私は予定通り1日の作業を済ませた。
彼女はやはり、完成しなかった。
それでも、慣れない工場の慣れない工具で仕事をしたわりには、上出来だと思う。
イギリスではなかなかの実力者だろうと感じた。

IMG_3454.jpg
IMG_3457.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

モビール事情 

2018/10/13
Sat. 23:33

1ヶ月に2日ほど江津にある全寮制の高校へ行っている。
用事は全員活動の講師。
全員活動はクラブ活動のようなもので、私はその中で一応美術に関する何かの教材を用意して高校生とワイワイやりながら何か美術らしきものを制作表現するようなことをしている。
特に決まったカリキュラムとか指導案とか、そういう面倒臭いことをするなら引き受けることもないと思っていたが、校長先生からは「生徒が喜ぶようなことならなんでも良いですから・・・」と云われていて、その程度のことならボクの乏しいボキャブラリーでもなんとかなるだろうと引き受けてから、早いものでもう3年は過ぎたはずだ・・

さすがに、前日の夜寝る前にネタのチェックをひと通り済ませるだけでは、2時間の制作活動もうまく回らないから、まぁ、それなりにさり気なく事前準備などをしておくのも大事なことだ。
美術と云うと、とかく絵を描くことのような平面的なネタに偏りがちで、選択の生徒たちもどちらかといえば「絵を描くことが好きだ!」とか「絵が上手に描けるようになりたい!」とか、そういう理由でクラブ活動を選択することが多いらしい。それにプラスして陶芸とか野外活動とか他の選択が定員オーバーで第二希望へ流れてきた若干名が加わる。

どちらかといえば、小さい頃から絵を描くよりモノを造っている方が楽しかったところがあって、それの延長で今は彫刻をメインに制作を続けるようになった。
基本的に絵を描くことも嫌いではないのだが、途中で集中が切れてだんだん面倒臭くなって完成するまでのどこかで気持ちが別にそれて中途半端でいい加減な絵になることばかりで、どうも自分の性に合わないところがある。だから、とにかく自分で何かしていて楽しいと思えるようなモノを条件に教材を用意するように心掛けているつもりだ。

今回はモビールを造ることにして、工場の彫刻制作の合間にホームセンターとダイソーへ回って適当な材料を揃えておいた。
ホームセンターは平屋の床面積がやたらとヨコに広がったつくりなので、1年のうちに数回くらいしか用事のないボクにとっては、購買意欲が消滅するほどのストレスを感じる。だから棚卸しの度に商品の場所が移動するような大手ホームセンターはできるだけ避けて品数は少ないが適度に狭くてお目当てのものを探しやすい店を利用するようにしている。
ダイソーも似たようなもので、1年に数回しか立ち寄ることがない。
今回は、お目当ての材料を揃えるにはダイソーが一番楽だろうと仕方なしに決めた。
案の定、店内の商品棚が前回からガラリと変わっていた。
針金一つ探すにも、店内をぐるぐる回ってやっと見つけたし、定員に聞こうと思ってもレジカウンターに張り付いて接客しているおねえさんとおにいさんが2人いるだけで、あとが見当たらない。
ワイフのように買い物が趣味になっているような人々にとってはワクワクするようなお店なのだろうが、ボクは実に苦痛だ・・・それでも、その苦痛の先には「制作の楽しさが待っているのだ!」と思いつつ痛い膝をかばいながらひたすら店内を歩き回ったのでした!

IMG_3408.jpg
IMG_3415_20181103113356f7a.jpg
IMG_3419_201811031133574f9.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

再スタート 

2018/09/18
Tue. 23:27

1年間フロリダで仕事をしていたノッチが帰国して、今はなっちゃん家に転がり込んでいる。

日本で新しい仕事を探すのも、きちんとした住所が決まらないといけないし、住民票のこととか健康保険のこととか、色々な手続きが必要になってなかなか大変そうだ。
オヤジの私のところへも戸籍謄本を送れと云ってきたので、寺の用事の合間に役場へ出かけて住民課の担当さんへ問い合わせたりして結構面倒だった。
世間をモヤァ〜っと見てると、自分の周辺でも「○○ちゃんがオーストラリアの農場で働いている」とか、「△△さんがアフリカの何とかという国に行ったきり帰ってこない」とかいう話を漏れ聞いたりして「世界はずいぶんと近くなったものだ・・」と漠然に思っていたりしたが、実情は出国も入国もかなり厳しくチェックされていて、それらをすべてクリアするだけでもかなりのエネルギーを必要としているということがよくわかった。
それだから余計に、この度無事に帰国したノッチのアクティブ過ぎるほどの行動力が「凄いことだ!」と思えてくる。

そんなわけで、現在のノッチは日本の暮らしを再スタートするための各種事務手続きを続けながら、再就職の就活をすることも少しばかり休憩して、ひとまずは自分のスキルアップも兼ねた小旅行を続けている。
先日は、2年半ぶりくらいになるだろうか?昔働いていたシンガポールへ行って、当時の友達に再会したようだ。
そこからベトナムとかタイとかを経由して関空へ帰ってきた。
今は、家族や友人の間でも、普通にどこでもSNSのやり取りで情報交換が簡単にできるから、一昔前のようなタイム・ラグも無くなって心配でもあるが安心する。

私の方は、家族LINEで交わされるそういうノッチの時時の様子を確認しながら奥出雲の小品彫刻展を切り盛りし、萬善寺のお檀家さんの訃報を受けて葬儀を済ませ、そうこうしながら頭の中では野外彫刻のかたちを最終段階まで練り上げ、やっと本格的に久しぶりの工場通いをスタートさせた。
前回工場へ通っていたのはいつの頃だったか、思い出そうと思って記憶の糸を手繰ってもすぐには思い出せないくらい彫刻制作から縁遠くなっていた。
これから順繰りに季節が巡って春が来るのか不安になるほどまだ雪がタップリ残っていた2月の頃だった。それから半年・・・今回の野外彫刻は、あのときに小品の彫刻を造っておおよその方向性を確かめておいたものをベースにして制作をしようと決めている。
搬入搬出の移動のこともあるから、まずは今の相棒銀くんの寸法を測って、それを工場の壁に立てかけてあるコンパネへチョークで写した。積み込みスペースを決めてから彫刻の制作へ入るなど、ずいぶんと打算的に割り切った彫刻になってしまいそうにも思えるが、それはそれなりにスケールのバランスの緊張感を考えてのことであるし、制作の方向性で妥協をしているわけではない。
鉄板を狭い工場の床に寝かせて、直接チョークでドローイングするところからはじめて、ほぼ全てのパーツを切り出すのに1日かかった。

IMG_0917_20180930073025332.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

行雲流水ーヒトゴトジンジ 

2018/09/09
Sun. 23:15

日頃の行いがそれほど悪いとは思っていないのだが・・・
どうも、奥出雲の彫刻展は何かしら色々あって年々ハードルが高くなっている。
昨年は初日オープニングを狙ったように台風襲来!
今年は奥出雲の町長選挙が初日に重なって、広報活動で事前にアチコチ訪問すると、チラシをバシッと受け取って、あとは知らんぷりの取り付く島もない。
役場や教育委員会は選挙準備で職員もほとんど居ないし、椅子を温めているのは課長係長クラスの偉い方々ばかりで受付カウンターまでの距離がやたら遠い。
おまけに展覧会初日は前線の影響を受けて1日中大雨!・・・
展覧会の事務もまだ残っていてそちらも気になるから、会場の受付を周藤さんへ任せて午後の早いところで早退させてもらった。
あとになって、周藤さんが1日の様子を電話で報告してくれた。
「おつかれさんですぅ〜・・・会場ゼロでした!」
やっぱり・・・まぁ、あぁいう状態だとボクでも「大雨の日にワザワザ出かけないだろうな・・」と確信を持って思ってしまう。
会場から帰りがけに少し遠回りして奥出雲の町内をトロトロと銀くんと流してみたが、選挙があるはずなのにダレも歩いていなくて役場のあるメイン通りでも人影を見ることがなかった。さて、投票率はどうだったのだろう??
・・・やっぱり、ボクの行いのせいなのかなぁ〜〜・・・

展示台搬入の時はかなり増水していた斐伊川の水位も普通になっていた。
ソコソコ安定している吉田家のWi-Fiを頼って、停滞しているデスクワークを少し片付けるつもりで石見銀山へ急いだ。
「防災調査の説明会が改善センターであるようで、その出席の知らせなんですが・・・」
保賀の自治会長さんから出席してくれとの連絡が入った。班長だし、春の役員会は勝手に無視して欠席していたから、その埋め合わせも兼ねて出席すると伝えておいた。
内容はよくわからないが、防災のことは1年ほど前から石見銀山の自治会で大騒ぎをしていたし、今年になって地震もあったりしたから飯南高原でもハザードマップ作成の事前調査に本腰を入れたのかもしれない。
とにかく、「会議」と称した招集がかかっても、その殆どは一方通行の説明会で、レジュメの下の方のその他の議題のところに「質疑応答」と書いてある程度のことだから、行政の「ヤッタゴト」対策というやつで済まされるようなことだろうとだいたい予測できる。
こういうことは、あまり本気になって頻繁に説明会を重ねて地域住民が身動きできないほどギュウギュウに締め上げられるのも窮屈でしょうがないことだから、少々こぼれて抜け落ちたくらいのゆるい条例くらいで済ませておいてもらいたいものだ。
イザという時は、やはり自分の身は自己責任で守ることを住民みんなが自覚すれば、それなりの覚悟も固まって個人がシャンとする。
どうも、ボク個人は行政とか組織とか仏教界も含めて大勢に流されることに馴染めない。世間の常識的な付き合いでは我儘も限界があるからそれなりに「ゴクリ!」と飲み込んでいるが、「他人事人事(ヒトゴトジンジ)」のサジ加減には敏感でいられるよう心掛けている。

IMG_3364.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ヨレヨレ坊主 

2018/07/13
Fri. 23:52

万善寺の隣のおじいさんのお葬式は、ご自宅の庭先へ朝から自治会のテントが張られた。
雨も降りそうにないのに葬儀会場へ日除けでテントが張られることなどとても珍しい。
大雨がやんだ数日前から暑い日が続いていて、今朝も保賀の谷の空は雲ひとつ無い晴天で気温がどんどん上昇した。

当年90歳のご導師は、副導師万善寺住職(ボクのことです・・)の法衣と比べ物にならないくらい豪華絢爛でかなりの重量もある。それに、一人では袈裟を掛ける事もできない複雑な仕組みになっていて、それもあるからだいたい浄土真宗のご院家さまはお付きの役僧さんを従えて行動されることが多い。
浄土真宗ご導師さまの法衣着付けをお手伝いするときは「曹洞宗は簡素で楽チンで良かったなぁ〜〜」と、いつもそう思ってしまう。それにしても、このご高齢でこの暑さはさぞかし身体に応えていらっしゃることだろうと思うが、そういう素振りは微塵も感じられない。さすが、ナンチャッテ坊主とは年季の入り様が違う。

事前の打ち合わせをして、鳴り物の打ち出しなどをおさらいして、葬儀本番に臨んだ。
曹洞宗の鳴り物もまともに出来ないでいるのに、他宗のこととなると様子が違って導師さまとしてはやりにくかったことだろうに「おかげさまで、色々お世話様になりまして、ありがとうございます・・」などと、葬儀が終わって控室に帰ったところで深々と頭を下げられて、恐縮した。
墓参の後、安居と初七日のお経をおつとめして斎膳になって、お昼を少し回ったところで葬儀すべて滞りなく終了した。
喪主挨拶にもあったが、これから隣の家は空き家になって1年の節目節目に喪主の長男さんが帰省されることになる。日常の維持管理は自治会の心安いお宅へ委託されるようだ。

今年に入って3月の雪が消えた頃から隣家の周辺へしきりに重機が入って整備が続いていた。それに、この近年草刈りもほとんどされないで荒れ放題だった場所へ何度も草刈りが入って万善寺の境内地がみすぼらしく感じるほどキレイになった。訃報が届く前日には最後まで残っていた地すべり箇所の修繕も終わって重機が搬出されて、いらない家財の搬出が夕方遅くまで続いていた。今にして思えば、春先を境に隣のおじいさんの容態へ変化が生じていたのかもしれない。

万善寺の法事が終わって、その夜の仮通夜から葬儀が終わるまで3日間連続して法衣を着続けたことになる。夏のお盆の時期に改良衣で過ごすことはあっても毎日法衣を着続けるまでのことはない。明日は夕方から夜にかけて弘法大師さんの大師講で塔婆回向があるから、またそこで法衣に着替える。
今週は1週間毎日着物の洗濯をして過ごした。暑くて洗濯物がすぐ乾くからそれでずいぶん助かっている。単身赴任坊主も、食事や洗濯掃除まで一人でこなして、その上お経ライブが1日2ステージばかり続くと、もうそれだけでかなりの重労働で疲労困憊・・・
ナンチャッテ坊主は、連日の猛暑も加わってフラフラのヨレヨレ坊主に変身しつつあります・・・

IMG_0849.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

惰性に過ぎない! 

2018/06/15
Fri. 23:59

万善寺を前住職から引き継いで今まで、特に大きな年中行事の変更をすることもなく過ぎてきた。その間に前住職夫婦をみおくって、来年春に内室(私の母親)の3回忌法要を済ませれば、万善寺の内輪ごとがやっと一段落する。

寺の仏事は一般在家と少し違って古来から引き継がれた伝承ごとがいまだに色濃く残っている。
私などは住職と云っても坊主付き合いがマメな方でもないし、何かと言うと簡素に割愛することばかりに気持ちが走っている方だ。それでもやはり、最低抑えて置かなければいけないところもあるし、避けることの出来ない付き合いもあるから、そういうことを一つずつ片付けていると気がつけばそれなりに坊主家業の用事が増えていて万善寺を離れることができなくなっていたりする。

今年から大般若会の日程を6月16日に移動して、明日がその法要当日。
これは、私が思いついて前住職の仏事行事に変更を加えたはじめての法要仏事になる。
随喜寺院の方丈様方にはあらかじめ何度か念押しをしておいたので覚えてもらえているとは思うが、やはりこういうことはその時になるまでドキドキと落ち着かない。
本堂の荘厳も今までのシステムとは変わることもあるから惰性に過ぎるわけにもいかなくて、それなりに気を使ってけっこう力が入った!
境内の営繕作業は、3日続いた好天のおかげで見た目の気になるところはなんとか見るに耐えるまでにはしておいたが、やはり一人での作業は限界もあって全体に納得できるまでの手を入れることは出来なくて、早めに取り掛かった北側の裏庭にはもう雑草が伸び始めてキリがない・・・

彫刻や絵画の作家がグループ展に向けて作戦会議をすることになって、会場が万善寺の庫裏になった。彫刻家吉田正純は特にグループ展とは縁がないのだが、この時期に万善寺を離れることも出来ないし、「寺へ集まれるんだったら、久しぶりに一杯やろうか・・・」ということになった。
作戦会議と云ってもどうせ飲むことがメインのコアなメンバーだから、営繕作業を早めに切り上げてシャワーで汗を流してから、作戦会議の会場づくりをした。それから、予定の時間から逆算して解凍しておいた砂肝をアヒージョにした。あとは、昼食の残りものとかワイフの差し入れしてくれた酒のツマミを数種類用意したところで周藤さんがきた。それからしばらくしてハイボールグッズ一式と一緒にタケちゃんがきた。

最近の美術界は具象化傾向が強まっていると感じる。これも時代の流行だとは思うが、具象も過ぎるとそれはそれで飽和状態になって俗っぽい方向へ傾きすぎてしまいそうな気がしないでもない。
プロの作家の目というか、評価というか、そういうものが俗に迎合しなければ良いのだが・・・美術の世界も審査や評価の入落受賞が絡むとそれはそれで流行との整合性をどう判断するかややこしいことになる。自分の表現へ不器用にしがみついているボクとしては、時代の流れに乗りつつ表現の純粋性がキープできる造形力に期待したいところだ。

IMG_3122.jpg
IMG_3124.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

意は無事に随す 

2018/06/02
Sat. 23:01

このところ、通勤坊主が定着してその上に万善寺泊も微妙に増えている気がする。
5月はそういう日ばかりで、工場へ出かけたのも7日間あったかどうかという状態だ。
なにごとも、バランスというものがだいじで、あまり片方へ偏ってしまうと、それがそのままストレスのもとになって、眼前の事実に向き合うしか無いのに、気がつけば気持ちも身体も正直に拒否反応を示していたりしてどうも都合が悪い。

珍しく19時から通夜が始まった。
万善寺の場合は、家族葬でもない限り普通19時半スタートが多いので、準備をして寺を出発するまでが慌ただしくなって少々焦った。
ちょうど衣替えの時に重なって、夏バージョンの一式を準備したところまでは良かったのだが、白衣を着て帯を締めて足袋を履いて・・・改良衣の袖を通した時、右襟の紐の縫い目がほころびていることに気付いた。半年前に確認した時、見落としてしまったらしい。今更針仕事の時間も無いし、とにかくなんとか工夫して通夜の時間へ間に合わせた。

いつ梅雨に入ってもおかしくない時期になったが、お昼前からどんどん気温が上昇して午後になると日差しが突き刺さるくらい強くなった。まだ明るい夕方の葬儀会場は外の路地にまで通夜の参列の人並みが溢れていた。米寿を迎えるほどのおばあさんでこれだけ大人数の参列はめずらしいことだ。御本人の生前のお付き合いや、ご親族の地域での暮らしぶりが忍ばれる。
ちぎれかけている紐をさりげなくかばいながら、通夜の鐘つき坊主を務めて万善寺の庫裏へ帰った時はまだ8時を回っていなかった。それから、まずはシャワーで汗を流して、一度ザッと身体を拭いてから改めて頭にバリカンを当てて髭をそった。
ノンビリと夕食の支度をするのも面倒だから、冷凍庫で眠っていたコストコのバターロールを3つほどオーブントースターへ入れた。焼ける間に改良衣の修繕で針仕事の準備をした。朝のコーヒーの残りでパンを流し込んで、ウエブ配信でJAZZをチューニングして少し落ち着いてから、針を使った。こういう時にはハズキルーペが欠かせなくなった。
iPadがSNSの着信を教えてくれたので確認すると、キーポンがLINEで写真を送っていた。100均のマグネットシートを使って1才児用の知育おもちゃを手作りしていた。同じものを2セットつくったらしい。教材費が支給されるのかどうかわからないが、なかなか前向きによく気が回る良い保育士さんになっているようで感心した。
オヤジは寺でチクチクと針仕事・・・
キーポンは東京の社宅でセッセと教材つくり・・・
面倒臭い針仕事も、どうせ避けて通れないなら、キーポンのように前向きに仕事を楽しめるようにならないといけないな・・・反省!

そういえば、引導の情報収集によるとおばあさんは和裁が得意で、近所の奥様方に教えていたこともあったらしい。交友の広さが通夜の参列に反映していたのかもしれない。
引導には・・「意は無事に随して適い、風は自然を逐うて清し」・・白楽天の一節を使わせてもらうことにしよう〜何事も無作為をこころがければ、自然に吹く風のように清々しい気持ちでいられる〜・・欲に染まった彫刻家坊主への戒めでもあります・・・

IMG_3078.jpg
IMG_0825.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

坊主彫刻家 

2018/05/28
Mon. 23:56

いまひとつパッとしない天気だ。
石見銀山から銀山街道を万善寺方面へ登っていると、途中から路面が濡れてきはじめた。
約100mくらいの標高差を登っているわけだし、直線距離で約30kmくらい離れたところへ移動しているわけだし、その場所場所で天気が変わるのも仕方がないことだ。

しばらく前に、雨の中無理をして草刈り機を回していたのだが、それでかどうか、エンジンの回転ムラがひどくなって、そのうち動かなくなった。素人だから雨水が原因なのかわからないし、自分で修理も無理だし、機械が動かないと仕事にならないから、すぐにホームセンターへ修理を依頼した。それからもうずいぶん日数が過ぎたのに連絡がこない。修理代が高額ならいっそ新品に更新したほうが早いかもしれないとも思う。これから梅雨に向かって草は伸び放題でこちらの都合を待ってくれるわけでもないし、困ったことだ。

寺へ到着した直後に、いつもの業者さんから電話が入った。
ディスクグラインダの砥石が届いたようだ。先日の炭素鋼の時は材料の到着が思った以上に遅れて大変な思いをしたから、砥石の方はかなり余裕を持って注文しておいたのに、たった2・3日でアッという間に届いてしまった。
もう何年か前のこと、確か北京五輪開催の前年くらいだったと思うが、そのときも材料が揃わなくて彫刻制作を断念するか、スケールを縮小してその時あるだけの材料で中途半端に造ってひとまず間に合わせてしまうか悩んだことがあった。結局、あの時はギリギリまで待って、連日突貫制作を続けて搬入にまにあわせた。
私のような個人営業の鉄工所にもならない極小作業場の人間は商工業関係の組合にも属していないし、そういうこともあって大手の建材組合からは材料取引を拒否されてしまう。まだ彫刻家になりたてで、鉄の彫刻を造りはじめの頃、島根鉄工会に材料の注文をしたら、普通にサクッと取引を断られてしまった。幸い、あの時はお世話になっている鉄工所のご主人に鉄工会と付き合いがあって、その鉄工所経由で材料購入が出来ることになってずいぶん助かった。
それから、年月が経って今は完全孤独な個人営業になっているから、少しでも業者さんとのトラブルが生じると、それで全てが止まって制作できなくなってしまうほどに厳しい環境をかろうじてしのいでいる。こういう状態でいつまで取引が続けられるか先行き不安なことだが、こればかりは相手のあることで仕方がない。
吉田個人にとって、どこかしら不安定にみえる今の材料流通状況は鉄材に限ったことだけなのかもしれないが、きっとどこかで東京五輪が何かしら影響している気がする。五輪のような国家が絡むほどの巨大なプロジェクトで流通する資材は、鉄板1枚2枚のレベルなど完全に無視されて終わりだ。製鉄会社の1ロットすべてがゴッソリ五輪へ流れることも十分に考えられることで、世界の経済はこうして活性してソコソコの安定が維持できているのだろう。

遅々として進まない万善寺の営繕作務を切り上げてシャワーで汗を流したら、工場経由で吉田家へ帰るつもりだ。ワイフが江津と奥出雲で仕入れた海のものと山のものがまだ残っているはずだ。夕食の懐石盛りを楽しみにもうひと踏ん張りしよう!

IMG_3050.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ピリピリチリチリズキズキ 

2018/05/19
Sat. 23:29

自分の体質というか肉体というか、とにかく身体の何処かである日突然何かしらの不具合が生じて、それがもとに戻らないまま何ヶ月も体調不良が続く・・・というようなコトがあって、はじめてそのことに気づいて自覚したのは35歳くらいの頃だった。
まだまだ若くて少々の無理など平気で出来ると思っていたから、その無理がなかなかできなくなって、それまで痛いともなんとも思わないし、そういう自覚もまったくなかった首筋から肩や背中にかけて鈍い痛みが生じて、夜になっても簡単に寝ることができなくなってしまった。まだ子供も小さいし、ワイフに話すと心配が過ぎて大げさになってしまいそうだったので、密かに黙って湿布を貼ってみたりアンメルツを塗ってみたりしていたのだがほとんど効果がないまま、しだいに慢性的な痛みになっていった。
面白いもので、痛みも慢性化すると、寝ても起きても何かしら自分の身体がそれを覚えてしまって、少し無理をした時とか、身体のパーツの何処かを集中的に酷使した後とか、なんとなく「そろそろ痛みがやってきますよ!心の準備は大丈夫ですかぁ〜」といったふうな前兆を知らせてくれるようになった。なにもしないでくつろいでいる時とかに、気がつくとヤバくなりそうな患部の辺りでピリピリチリチリと微細な痛みが走りはじめる。そういうことがあると、だいたい一晩寝た次の朝に目が覚めて起きようとすると、キッチリその場所が痛くなっていたりする。
35歳くらいの時にそういうことを自覚してからあと、周期的に似たような症状が身体のアチコチで起き始めた。始めの頃はそれがだいたい5年毎に巡ってきていたが、気がつくと周期が3年くらいに短くなっている。そして、場所によっては1年後の春になるたびに巡ってくるようになっていたり、季節の変わり目ごとに症状が現れたり、時には、低気圧が接近するとズキズキ疼き始めたりするような患部まで自覚できるようになっていたりする。

最近になって特に強く自分の身体はこうして1年毎に確実に老化しているのだと云うことを実感するようになった。
毎年のように繰り返される一つ一つの決まり事は、その年の環境が多少変わってもそれでスルーできるわけもなく、いくら時間がかかっても、いくら体調が優れなくても、いずれいつかは同じように何かしらの工夫をしながら乗り切っていくしか無いことだ。
遅れに遅れていた草取り機の製作は、自分の身体を気遣ってもっと遅らせてしまうことも出来るには出来たと思うが、そうすることのしわ寄せの方がより重大である事もわかっていたので、この2日間ほどはかなり厳しく無理をして身体を酷使した。
案の定、今朝は自分の思うように身体が動かなくなっていて、どうしたものかと一瞬悩んだが、やっぱり今は無理を通すしか無いと決めて、あらかじめおおよそ計画をしておいた通り、寺の用事と吉田家裏庭の草刈りを実行することにした。体調が万全なら特に体力を消耗するほどの重労働でもないから、1日もあれば十分に時間の余裕を持って片付けられる程度の仕事量のはずだったのだが、さすがに、今の状態では無理だった。夕方日が暮れて手元や足元の様子が確認しづらくなるまで草刈りを続けたが、最後まで終わらせることは無理だった。幸い、明日は特に差し迫った用事もないし、半日もあれば残りのこともなんとかなるだろうと思ってはいるが、それも一晩寝てみないと何とも言えない。
少し前にボクの誕生日も過ぎてまた一つ歳をとった。あと何年身体が保つだろう?・・

IMG_2495_20180524162946335.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

まずは鉛筆削り 

2018/04/21
Sat. 23:24

江津にあるキリスト教系の高校へ1ヶ月に2回程度通いはじめて4年目になるだろうか?
全寮制の学校で、先生の家族も同じ敷地内で暮らしながらみんなで共同生活をしている。
系列の学校が全国に数カ所あるらしいが、詳しいことは知らない。

まがりなりにも仏教の坊主がキリスト教の学校へ行くというのもどうかと思ったが、その学校の校長先生とは私が30代の頃から知り合いで、彼がまだ独身だった頃からそれなりに親しく付き合っていた仲だし、断ることも出来にくくて1ヶ月に2日位ならなんとかなるだろうと引き受けている。
それで、何をするかというと、美術全般のなんでもアリ的生徒活動の支援。
俗に言う高校の芸術美術の授業のような堅苦しいことはしないでいいということだから、気楽でいられる。生徒たちは自分の希望を幾つか提出して、その中から好きな科目を決めていくようになっている。今までは美術系の選択者が2〜3人程度だったから、そのくらいの人数なら自分の道具や材料を提供しながらなんとか1年位は乗り切れていて、かえってそれが遠慮もなくて良かった。
4月に入って新年度になってからなんの連絡も入らなかったから、今年は少なくても半年間は江津方面へ出かけることもないだろうと思っていたら、1週間くらい前にいつも美術を担当している先生から「今年もよろしく!」と電話が入った。
早速、次の土曜日からお願いしたいといわれたので、生徒の希望優先にするとなかなか選択ゼロにするのは難しいことなのだろうなぁとチラリ思いつつ寺務手帳でスケジュールを確認して記帳しておいた。
生徒活動の前日になって、また担当の先生から連絡が入った。
「あのぉ〜〜・・・美術の選択が9人なんですけどぉ〜〜・・・他が定員オーバーで第2希望で流れた子が何人か出てしまいまして・・・、美術は特に定員を用意していなかったものですから・・・大丈夫でしょうか?・・・」
まぁ、どう考えても、もう決まったあとのことだろうから、いまさら「無理です!」とか「出来ません!」とか言っても、どうなるものでもないだろうと思いつつ、道具や材料の調達のことがチラリと脳みそを駆け巡った。
「それで早速ですが、何か用意しておくものが有りましたら言っていただけると・・・教材費のことも、人数が多いので今までのようなわけにはいかないような・・・」
それから、具体的な話がしばらく続いたが、そういうことよりも、そもそも椅子が人数分あるかどうかそちらの方が心配になってきた。なにせ、今まではせいぜい多くて5人以内で用が足りていたから、気楽でいられたのだが・・・さて・・・1日で9人分のナニが用意できるだろうか寺務をしながら考えたが、急には何も出てこないので、とりあえずスケッチブックを吉田家の何処かから探し出すことにした。私の方はもう長い間スケッチブックとは縁のない彫刻家になっているので、ワイフが家事をしている間に彼女の仕事場をゴソゴソあさって、表紙が日焼けして色が変わっているような新古品を1冊探し出した。

久しぶりの美術小屋には昨年度制作した生徒たちの作品がまだそのままになっていた。
片付けてあった道具の中から鉛筆をかき集めて削っていると、新年度の選択生たちが少しずつ集まってきた。男子5人女子4人で、そのうち2人は昨年度と同じメンバーだった。

IMG_2940.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

アレはアレ!コレはコレ! 

2018/03/12
Mon. 23:34

強風と大雪で断裂したまま軒先にぶら下がっていた別棟の電気配線は周辺の雪が溶けて動きやすくなったので、近所の内線工事業者さんへ修繕依頼して、今度の寒波被害の復旧に目処が付いた。
風呂のカランの方は、まだなんの連絡も入ってこないままそろそろ1ヶ月になろうとしている。水道関係の業者さんも小さな町に1つ有るか無いかの店舗数で地域一帯に広がるこの冬の凍結被害復旧作業をこなすのもおおごとなことだろう。
屋根の雪に押されて固まったままピクリとも動かなかった建具が、先週くらいから少しずつ動くようになって、今になってやっとガタピシながらも今までどおり日常の生活に苦労しない程度に戻った。
山の斜面に面した北側は、まだ雪が溶けないまま残っている。今度の大雪で瓦がずれているかもしれないし、その確認もしておかなければいけないが、今はまだ少し早い。お彼岸前の大掃除にあわせてそれをしようと思っている。
除雪作業で酷使した膝が夜になって疼き始める。布団の中へ手持ちのヴァイブレータを持ち込んでブルブルと膝周りをマッサージすると、次第に温もって血行も良くなるのかしばらくは痛みも消えてそのうち寝てしまっている。お彼岸までには膝の具合をなんとか少しでも良くしておこうと思うが、墓掃除や倒れたままの灯籠の復旧もあって、無理な気がする。
彫刻の方は、お檀家さんの土地に植わっていた栗の木を切り倒したのがあって、それを材料でもらうことになっている。あまり大きな木ではないが、近くには今どき栗の木を扱っている材木屋など無いし、チップ工場で雑木の山から探し出すのも大仕事だから、お経の合間の世間話でそれこそ呪文のように「アノ木が欲しい、コノ木が欲しい・・」とささやいていると、時々それがヒットしてそれなりの情報が入ってくる。今度の栗の木もその一つで、彫刻に使えなければストーブの薪になるし、いずれにしても野ざらしで腐らせるよりはいい。

3月も、アッという間に月半ばが近づいた。
年度末の書類作成をしながら化学着色を続けている小さな彫刻が、少しずつそれなりの錆色になり始めたので、展示するときの効果を確認するために吉田家へ持って帰った。
今度の彫刻は、いちおう「彫刻!」と言ってはいるが、どちらかといえばインテリアクラフトに近いところに位置している。今の美術館は公共とか私設とか関係なく、作家の作品展示にやたらと厳しい規制がかかる。美術館サイドの管理運営を優先した規制が過ぎて、作家の表現の自由が無視される傾向にある。昔は、相手の事情に出来るだけ順応しようと努力しながら制作を続けていたこともあったが、そういうことのストレスが自分の彫刻の造形感というかコンセプトに悪影響を及ぼすことがわかってきて、それからは、とにかく自分で自分に「アレはアレ!コレはコレ!」と言い聞かせて時と場所を使い分けながら大小の彫刻を造るようになった。だから、本当に造りたいモノを造ろうと決めるときは、自分の許容できる発表展示の環境を用意して、それから周辺事情を調整しながら交渉を進めることにしている。こんどの小さな彫刻は、どちらかといえば、少し遠慮もあるが自分のワガママ優先で造りたいモノを造った。銀座のアノ画廊は、まだそういう類の彫刻を受け入れてくれる許容があると信じている。

IMG_7032.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

カレン・ソウサを聴きながら 

2017/12/14
Thu. 18:26

飯南高原は、冬シーズン一番の冷え込みになっている。
朝は0℃以下でお昼も3℃くらいまでしか気温が上がらなくて、夕方からまた一気に冷え込んできた。
さすがに、寒くて動く気になれない。
それでも探しもので本堂や町道に止めてある結界くんやアチコチうろついたりしていると、そのたびに寒雀の群れがバタバタと飛び立って、それはそれで賑やかだったりする。
保賀の谷は一面雪に覆われて真っ白だから、スズメ達も食べるものがなくて腹をすかせているのだろう、器の古々米が半日で無くなっている。

万善寺で一番大きなテーブルは台所の食卓だから、少し前にデスクワークの一式をそちらへ移動して、今は台所が寺務所代わりになっている。
本堂も庫裏も台所も、寺のすべての建物が少しずつアッチやコッチへ傾いていて、建具がまともに締まることがない。
台所も四方に隙間があって、いたるところから外気が入り込んでいる。

今は、年末から年始にかけての寺の用事を優先しているが、年が明けて少し落ち着いたら春のグループ展に向けて彫刻を一つ造る。これは銀座のギャラリーで室内展示になるから、野外彫刻のかたちをそのまま縮小したような安直なノリで造る訳にはいかない。
小品彫刻には、野外彫刻とは違った密度が大事になる。
食卓をいっぱいに使って御札用の和紙をカットしたり、墨汁と墨を硯でブレンドしたりしながら、脳味噌は彫刻のことで動いている。時々ひらめいたかたちをメモして、また寺務に戻る。これからしばらくそういうことを続けていくうちに、少しずつかたちの方向性が固まって、そのベースのかたちに「アレもしたいコレもしたい・・」とやりたいことが加わって張り付いて、それはそれで人目を引く面白いものになりそうな気もして、しばらくはイメージを組み合わせて頭の中で彫刻にしてみたりする。こういう、ひたすら物思いにふけるひと時が楽しかったりする。コーヒーを飲んだり、お供えの御下りをつまんだりしているあいだに、彫刻のイメージが崩れて消えてしまうこともよくある。それはそれでその程度のものだから、消えて忘れるくらいの方がいい。
実材制作のギリギリまでそういうことを繰り返している間に、結局アレやコレや無駄に張り付いたものが一掃されて、シンプルなベースのかたちが残る。そのかたちの緊張感を再確認して迷いがなくなったところで制作がスタートする。
この小品の彫刻は、長い目で見ると野外彫刻のマケットであったり習作であったりする、そういう位置づけにあるのかもしれないが、自分では独立した造形スタイルを別に用意しているつもりだったりして、いずれそれが次の野外彫刻のベースになればいいと思っている。

台所の音響へ手を加える余裕が無いから、バックミュージックもいまいち集中力の助けにならなくて、自分の耳鳴りの方がうるさい。ウエブラジオなどいろいろ探して、ひとまず、カレン・ソウサに落ち着いた。なんとなく音程がふらついて揺れている具合が、かえって心地よかったりする。それでも、アルバムごとにこなれてきて、いい感じだ。

IMG_2518.jpg
IMG_2519.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

井形彫刻搬送の旅 

2017/12/03
Sun. 23:29

日頃アラームをセットすることなど無いから、かえってそれで緊張して眠れなくなって、結局、きちんと眠れたのかどうかよくわからないまま、出発予定の午前1時より30分ほど前には完全に目覚めた。

大牟田の井形さんの彫刻は、すでに吉田家駐車場のワンボックスに収まっている。
石見銀山の夜は、冷え込んで入るが空には星も見えて晴れている。外灯も少ない町並みがなんとなく明るいから、きっとどこかで月も出ているのだろう。
大牟田までのルートを検索したら、3つほど出てきた。そのうち2つは九州行きでよく使っていたもので、徳山から竹田津へわたるフェリーにも何度か乗ったことがあるし、昔、宇品港から別府までのフェリーがあった頃には、それもよく利用していた。延々と車を運転するより、フェリーに乗っている間はゴロリと寝転んで休息もとれるし、体力の温存にはもってこいだから、彫刻の搬入出がらみの移動ではよく利用していた。宇品港からのルートは随分前に廃船になって、今は徳山港のルートしか残っていない。

エンジンをかけてiPhoneのナビを起動させてから、少し迷ったが今回は萩を経由して中国道に乗って関門海峡を渡って九州道へ入るルートにした。
途中、休憩を挟んで6時間ぐらいだろうと予測して、早朝には井形家の下の道に横付けして仮眠して、適当な時に電話で彼女を起こせばよいだろうと、運転しながらだいたいのスケジュールを決めた。
中国道へ入った頃には、進行方向にお月さまが大きく見えてキレイだった。夜が白むまで付かず離れず月が一緒に移動してくれて気が紛れた。
九州道へ入って、古賀のサービスエリヤで休憩しながら時間調整をして、井形家へ横付けしたのは早朝6時過ぎだった。ほぼ予定通り休憩も含めて移動に5時間半かかった。やはり、夜に走るとストレスも少なくて楽だ。

8時まで仮眠してから電話で彼女を呼び出した。
二人で彫刻をワンボックスから倉庫まで移動して、それから井形家で朝食をごちそうになった。お母さんはすでに80歳を越えていらっしゃるが、お元気そうでなかなかの博学であるふうに思えた。幾つかの質問を受けたり、自らの知識と照合したりして上手に私から話題を引き出していらっしゃるふうに感じた。母娘が仲良く慎ましく暮らしている様子が伺えて気持ちが和んだ。井形さんの趣味の器を幾つか拝見しつつ、旨い朝食や珈琲などをいただいて、10時過ぎに大牟田を出発し、帰りは萩に暮らす陶芸家の友人を久しぶりに訪ね、休憩がてら小一時間ほど喋り、彼と彼の息子さんのつくった器を買って、日本海を左に見ながら東進した。石見銀山まで帰った時はすでに日が暮れて、荷物の移動は結界君のヘッドライトを頼った。帰宅すると、クロは私の椅子で爆睡中。シロはワイフに擦り寄って甘え鳴きを続けていて、ワイフは夕食をつくっていて、ストーブからは杉ヤニの焼ける匂いが漂っていた。萩で買った徳利でお燗した酒を、これも買った大ぶりのぐい呑に手酌して、井形さんにもらったアレコレをつまみに飲んだ。

この日、石見銀山駒の足自治会は、年に1度の妙見さん祈祷法要のお祭りだった。

IMG_2466.jpg
IMG_2468.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

九州出発前夜 

2017/12/02
Sat. 23:43

初冬のこの時期、夜明け頃に保賀の谷へ朝霧が広がっていると、その日はだいたい晴れる。

今年は11月の半ばを過ぎた頃から雪がちらつき始めたから、いつもより冬が早いかもしれないと思っていたが、しばらくすると汗ばむほどの陽気になったりするし、そうかと思うと次の日はまた寒くなって雨が降ったりする、とにかくなんとも気難しくて気まぐれな天気に毎日悩まされている。
こういうことが続くと、ある日突然雪が降って身動きできなくなってしまうこともあるので、早めにスタッドレスタイヤへ履き替えておいた。
ワイフの車も早くそうした方が良いと云っておいたのに、彼女はその時期を逃したまましばらく留守にしてしまったから、いまだにタイヤ交換できないでいる。
島根県は来週から一気に寒くなって雨が続くらしい。
そういう時の飯南高原はだいたい雪になることが多い。
ひどい時は、12月のはじめに降った雪がそのまま根雪になって年を越えることもある。
これからは、それなりの覚悟をして毎日を過ごすことになる。

午前中の用事を済ませて、少しの間留守にしていたワイフを迎えに出雲まで走った。
結界君のリヤデッキには、富山の片付けで溜まった梱包用のダンボールが廃棄の機会を逸したまま積んである。ワイフをピックアップした帰りに、資源ゴミ引き取り屋さんへ持ち込んたら60円になった。こういうことは、お金の問題でなく、それこそ資源の価値の問題で、日頃からそういう意識を大事にしておかないといけないと思っている。

石見銀山の自宅前へ着いたら、町並みに大勢の中国人観光客が押し寄せていて、荷物を下ろすのも一苦労だった。
天候が崩れないうちに、九州の大牟田へ井形さんの彫刻を積んで移動する。さすがに結界君では小さすぎるから、借りておいたワンボックスを引き取って駐車場へ横付けする時も、まだ吉田家前には中国人で溢れていた。観光の流れが収まるのを待って彫刻を積み込み始めたら、吉田家を覗き込んだり、町並みの真ん中で記念撮影を始めたり、なんとも騒がしくて苦労した。

朝のうちはかなり冷え込んで寒かったが、良い天気が1日続いたおかげで積み込みが終わる頃には汗が流れるほどだった。
シャワーを浴びて、早めの夕食をして、仮眠しておくことにした。
ウツラウツラしていると、クロが腹の上を横切って、私の顔のすぐ隣に落ち着いて身繕いをはじめた。まったく、実に身勝手で都合よく擦り寄ってくる。
夜になって、急に冷え込みが強くなった。
ソコソコ晴れて、久しぶりに青空も広がっていたから放射冷却が始まったのだろう。

石見銀山出発は午前1時くらいにして、国道の下道を使って山口県まで走ろうと思う。
それから高速へ上がって大牟田へは10時前には到着する予定だ。

IMG_2443.jpg
IMG_2464.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

造形とは・・ 

2017/11/20
Mon. 19:26

飯南高原では初雪が舞った。
ほぼおなじ頃、文化祭のあった富山町ではアラレが降ったということだ。
この2〜3日、島根県は冬型の気圧配置に包まれている。

日曜日で、今年の彫刻絡みの行事が全て終わった。
これから年末までに少しずつ会場の復元をしたり事務を整理したりして過ごすことになる。
自分の周辺で自分と同じふうに暇しているモノもいないし、その上、年末に向けて世間が微妙に慌ただしく感じるようになってきて、そういう状況で図々しく彫刻絡みの用事を振りまくる勇気などチキンオヤジにあるわけもなく、全ては時間が解決してくれることだからと、一人コツコツ眼前の用事を片付けていると、どうしても、自分のことが後回しになって、吉田家の暮らしが停滞してしまったり、万善寺の年末の整理が適当になってしまったり、身内にばかり迷惑をかけている。

チョット急ぎだがホンの10分程度の用事ができて、松江まで出かけた。
ソレだけのことで脇目も振らずに片道80kmを走り続けるのもむなしいし、せっかくだから美術館で開催中の島根県展を観てきた。
彫刻部門のコーナーには趣味の延長のような曖昧な彫刻が約15点くらい並んでいた。私の濁った目ととろけた脳味噌を駆使して鑑賞させてもらったが、それなりに納得できる彫刻になっていたモノはせいぜい2〜3点だけだった。立派な分厚いリーフレットにはそうそうたる後援機関がずらりと3列くらい並んでいた。まぁ、殆ど名義貸し程度のものだろうが、依頼を取り付けるほどの組織力があるということでもあって、民間のヨレヨレオヤジが地道に乗り切っている彫刻の企画に付き合っていただいている全国の彫刻家有志諸氏に申し訳ないことだといたたまれなくなって、そそくさと美術館を後にした。
今年のとみ山彫刻フィールドアートワークには、1点ずつ数えると100点以上の美術作品が集まった。絵画や陶芸やインスタレーションの個展に若い木彫作家のグループ展もあって、総合美術展といっていいほどの充実した展示になった。

岡山から陶芸の新作を持ってきてくれた芝さんは、3年ほど前から「島根で個展しませんか?」とか「作品送ってくれるだけでいいから・・」とか「旅費くらいだったらなんとかしますよ!」とか、逢うたびに手を変え品を変え耳元でささやき続けてやっと陥落させた作陶家だ。
彫刻の持つ外に向かって吹き出すような造形エネルギーを内在する立体とは違って、かたちの内部に観るものの感心を吸い込むようなブレのない造形感を持った立体の数々は、芝さんのデリケートでナイーブな感性がタップリと内包されて、思わず抱きしめて頬ずりしたくなってしまう。
念願が叶って「芝眞路の造形」展を開催できただけでもありがたいことだったが、芝さん自ら搬入、作品展示、搬出、会場復元と、全ての個展スケジュールを自力で乗り切ってくれたあたりに、プロの作陶家の意地と底力を感じた。完成の作陶造形が全てではない、人生観や心情などを包括して彼の造形感に触れたことは収穫であった。

IMG_6074.jpg
IMG_6057.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

草月流師範西本秋翆さんのこと 

2017/11/16
Thu. 22:00

カメムシがやたらと多くて少々閉口気味だ。
世間では、「こういう年は雪が多いんだよ!」と言われている。
万善寺の場合は、雪が多くても少なくても特に関係なく毎年それなりの雪量になるし、当然毎年同じように参道の雪かきをすることになるから態勢に大きな影響があるわけでもないわけで、とにかくカメムシが減ってくれればそれで十分なのであります。

このところ、石見銀山の吉田家滞在が増えているのは、停滞していた冬支度を急ピッチで進めているからだ。
昨日は午前中かけて裏庭の草刈りをして、午後からは駐車場に積み上げた杉の丸太の一部をストーブの薪に仕立てた。乾燥のこともあって約1年近く丸太のまま放置している間に、シロアリがはびこって食べ放題に食べられて食い散らかされていた。薪に割ってすぐに土間へ運んでしまったら、しぶとく生き残ったシロアリの残党が吉田家の土台を食い荒らしてしまいそうなので、ひとまず駐車場の隅へ井桁に積み上げてヤツラを追い出すことにした。

カメムシといいシロアリといい、あれだけ大量に増殖して人間の生活へ踏み込んでこられると、周囲の環境が確実に原生の自然に戻りつつあるのだということを身をもって感じる。
私がまだ少年だった昭和の時代は、周囲の山の端や農業耕作地や寺の境内地の端もずいぶん遠くにあって、紅葉の終わった落ち葉が屋根や雨樋に吹き溜まることも稀だった。今は、境内の裏山全体が寺の本堂や庫裏の屋根に覆いかぶさるほど迫っていて、秋の終わりになると庭一面が落ち葉の絨毯に敷き詰められてしまう。

春から夏にかけては草刈りに苦労させられ、これからしばらくは落ち葉と格闘し、庭木の剪定や雑木の伐採で忙しくなり、やがて雪が振り始めると春になって雪が消えるまで参道の雪かきが続く。

昨年からとみ山彫刻フィールドアートワークへ参加していただいている倉敷の草月流師範西本秋翆さんへ、今年は富山の竹を使ったワークショップをお願いしておいた。
2年目のことなので、彼女の都合で動きやすいように、こちらからは緩めのスケジュールをふっておく程度にしておいたら、見事に住民参加型の素敵なワークショップを組み立ててくれた。
ワークショップは、カルチャースクールとか社会教育とか講師指導型教材で無くて共同参加型教材の方が良いと思っている。内容はともかく、何かしら手を動かしたりモノをつくったりすることを楽しんでもらう体験を通して造形の面白さに気付いてもらえたら良い。
西本さんとは、時に綿密な打ち合わせをしたわけでもないが、私の考えていることがそう大きくずれること無く伝わっていたように思う。それになにより、富山に暮らす地域の皆さんと仲良くおつきあいできていることが良い。まぁ、むさ苦しい無骨な吉田より、オシャレで素敵な熟女の指令で動くほうが富山のオヤジたちにとっては気持ちが良いだろうし、そういうことが毎年の楽しみになってくれると良いと思っている。

IMG_0233_20171116140124966.jpg
IMG_6757.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2019-06