FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

暴風雨と鉄仕事 

2010/03/04
Thu. 20:00

朝から暴風雨。
どうも仕事に集中できないので、気持ちを切り替えて鉄の端材を片づけることにしました。
はじめのうちはなかなか良い調子ではかどって、久々に工場が広くなったなぁ・・などと思いながらポットのコーヒーをひとくち飲んでボーっとしてしまったのが運のつき。
端材のひとつひとつがだんだん面白い形に見えてきて、あれこれ組み合わせているうちにだんだん面白くなってきて、iPodをつないだオンボロスピーカーからDiana Krallが流れる頃には、完全に自分の世界にはまり込んでいました。
ひょっとしたら、そのうち工房むうあのギャラリーに並んでいるかも知れません。
昇格した端材はその時、立派なアート作品になっているはず!・・・かな?

IMG_6649.jpg IMG_6651.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ラドンもビックリ 

2010/03/03
Wed. 22:16

今さら・・・という感じですが・・・

先日、ワイフと一緒に混浴温泉へいってきました。仲が良いでしょ!
我が家から車で20分ぐらいの近くにあります。

放射能をタップリ吸収して、ゴジラ気分になれますが、湯あたりして2日間フラフラでした。
日頃、仕事のしすぎでフラフラの人には最高の保養になります。2日間はゆっくりと休めるでしょう。

IMG_6851.jpgラジウム含有量日本一!
IMG_6849.jpg源泉は飲めるそうで、カップもありますが、飲む勇気がありません
IMG_6854.jpgラドンに吹き飛ばされてしまいそうな風情の建物ですが、温泉はあなどれません

備考:名前のとおり、「鉱泉」ですので、沸かし湯です。源泉は冷たいので普通の人は夏にしか入れないでしょう。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

祝辞 

2010/03/02
Tue. 16:35

最近は、しゃべらないものが相手の仕事が多い上に、「披露宴の祝辞」なんてのは何十年ぶりの大役で、小心者のオヤジはとっても緊張しました。

結婚した二人は、それぞれがよく知った仲なので、この際、日頃しゃべることもないお目出度い話しをしようとあれこれ考えましたが、これといった名言も浮かばないまま当日をむかえ、結局勢いのアドリブで乗り切ることにしました。彫刻を造っていた方がよっぽど気が楽です。

部屋の隅の方にさりげなく置いてあるのが、この度プレゼントさせていただいた彫刻です。

IMG_6843.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

手紙 

2010/03/01
Mon. 21:01

早いもので、もうひと月も前のことになりました。
阿部家に暮らす松場登美さんのお話しを聞こうと、広島の方の造園業仲間が集まって石見銀山を訪ねてこられました。

鉄の彫刻のヌシにも会ってみたいとお誘いを受けたので、あつかましくお客さん達の宴席に同席させてもらいました。
登美さんとも親しくお付き合いさせていただいているし、いつもの軽いノリでノコノコ出かけたのですが、初対面の挨拶もそこそこに、鉄の素材や工法のことなど矢継ぎ早の専門的な質問攻めにあって、寒い冬の時期なのにたっぷりと冷や汗をかいてしまいました。

3月になって申告書の作成も佳境にはいり、なれない頭脳労働でフラフラしてきた頃に、1通の手紙が届きました。
封を切ると、丁寧なお手紙と一緒に宴席の時撮影した写真が入っていました。

にこやかで楽しそうな雰囲気の中、ガチガチに固まった緊張気味のヒゲオヤジが吉田本人であります。

sc001f63af.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2010-03