FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

現代彫刻小品展IN石見銀山情報その6 

2010/08/03
Tue. 01:14

いくらドタバタしても寺の用事がなくなる訳もなく、かといってそればかりにとりかかっていると他の用事が溜まる一方。
ここは気持ちを切り替えて久々に日の出と共に溜まった用事を片づけようと張り切って前の晩早くから寝たのですが、暑くて寝苦しくなって目が覚めるともうとっくに夜が明けてジリジリと日が照ってます。
シマッタと思ったけど、過ぎたことを悔やんでも仕方がないと思い直して2度寝に入ろうとしたらワイフにたたき起こされました。なかなか休ませてもらえません。

そんな訳で、本日は販促デーと云うことで、デジタルとアナログを駆使して、ひたすら印刷に終始しました。
おかげさまで、第1弾配布のポスターと手配り用チラシが何とか完成。後は印刷屋さんを拝み倒したというよりは値切り倒したといった方が正しいかも知れないDMの印刷が上ったところで発送開始となります。

IMG_8418.jpg

そこで盆月万善寺特別企画・・・在家坊主の実態~作務(さむ)はボーズの修行のひとつ~

今回のこのような作業は「役務」のジャンルに入りますので、ボーズ世界で通用する「作務」と解釈を混同されませんように。ついでですが、世間一般の方々は「労働」をしていらっしゃる場合がほとんどで、だからそれなりに生活も出来ているわけでございます。
そのあたりをきちんと解釈していただくことで「自ら動く」ことの充実感が倍増し、コマゴマしい愚痴や恨み節も少なくなる訳です。

IMG_8417.jpgクルッと丸まるのを我慢すると結構印刷費が抑えられますが印刷屋さんが泣きます

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

万善寺の熱い夏 

2010/08/02
Mon. 07:31

8月に入って、彫刻制作も本格的に佳境にはいってまいりました!
・・・・と言いたいところですが・・・
私の場合、8月いっぱいは「盆月」で万善寺の作務に汗を流すことになります。
島根県は東西に長い県ですので、場所によってお盆行事が旧暦だったり新暦だったりして入り乱れています。
多少の誤差はありますが、一般的に都市部(・・といっても島根県はチョット大きな街程度ですが・・)では新暦の7月を盆月にしているところが多いようです。
したがって、山の中の万善寺は旧暦の8月が盆月になると云うことです。

そんな訳で、8月特別企画として、「万善寺の暑い1ヶ月」を特集させていただきます。
この機会を通して、田舎末寺と在家坊主の実態を考察していただき、仏事の手引きにしていただければ幸いでございます。

sc00020ed0.jpg路傍に佇む尊者さまを絵にしてみました

万善寺では、檀家さん宛に棚経(たなぎょう)のお知らせをお配りしています
だいたい訪問の日が決まっていて、1日1軒の時もあれば、1日20軒歩くこともあります
古くから万善寺の通例になっていて、私ごときのナンチャッテ坊主が勝手にイジルことは出来ません


もう一つ、皆様にお知らせです。
先頃、展覧会の事務担当の某氏からお知らせメールが届きました。掲載してお知らせいたします。
「山陰中央新報」という新聞社の鑑賞席に記事が掲載されるようです。
私は残念ながら会期中のお手伝いは出来ませんが、盛会を祈りつつ、棚経にはげみたいと思います。合掌。


山陰二紀通信2010.7.31

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

きーぽん奮闘記 

2010/08/01
Sun. 08:07

反抗期末娘のきーぽんは吹奏楽部員ですが、この間その島根県大会が終了しました。
4月から少しずつ練習を積み重ねた成果を発表した訳ですが、結果は目出度く中国大会進出!
なんと、中学校小編成の部最優秀だったそうです。
10名の部員の中で、3年生1名、2年生3名、残りが1年生という楽器の音もまともに出ない状態からよく成長したものだと思います。

いろいろな人の助けや協力があってここまで来れたことを忘れないでほしいと思います。
私は、残念ながら万善寺の用事が重なったので、現場で彼女達と喜びを分かち合うことはできませんでしたが、何れにしてもきーぽんの熱い夏がまた一つ終りました。

IMG_0770.jpg

ちなみに、吉田家では末娘を「きーぽん」とか「きーちゃん」とか「きー」とか読んでいます。彼女が生まれてからお父さんとお兄さんが協議して二人で命名させてもらった正式名称がありますが、チョット呼びにくいのでいつもはほとんど使いません。

ついでに、どうでも良いことですが・・・
長男は「じゅんくん」長女は「なっちゃん」次女は「のっち」と読んでいます。

吉田家の子供達は全て吹奏楽部員でした。
これで、家族の仲が良ければセッション出来そうですが、良く言えば「個性的な集団」普通に言えば「わがまま集団」ですから、まず不可能でしょう。

せっかくですから、どうでも良いついでにみなさんに教えておきましょう。
私のパートはトロンボーン・ユーフォ二アムといった「ヘ音記号」金管でしたが、今はヘロヘロで音が出ないので「ホラ」くらいしか吹けません。時々、「大ホラ」を吹いてワイフにこっぴどく叱られます。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2010-08