FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

万善寺の熱い夏 

2010/08/02
Mon. 07:31

8月に入って、彫刻制作も本格的に佳境にはいってまいりました!
・・・・と言いたいところですが・・・
私の場合、8月いっぱいは「盆月」で万善寺の作務に汗を流すことになります。
島根県は東西に長い県ですので、場所によってお盆行事が旧暦だったり新暦だったりして入り乱れています。
多少の誤差はありますが、一般的に都市部(・・といっても島根県はチョット大きな街程度ですが・・)では新暦の7月を盆月にしているところが多いようです。
したがって、山の中の万善寺は旧暦の8月が盆月になると云うことです。

そんな訳で、8月特別企画として、「万善寺の暑い1ヶ月」を特集させていただきます。
この機会を通して、田舎末寺と在家坊主の実態を考察していただき、仏事の手引きにしていただければ幸いでございます。

sc00020ed0.jpg路傍に佇む尊者さまを絵にしてみました

万善寺では、檀家さん宛に棚経(たなぎょう)のお知らせをお配りしています
だいたい訪問の日が決まっていて、1日1軒の時もあれば、1日20軒歩くこともあります
古くから万善寺の通例になっていて、私ごときのナンチャッテ坊主が勝手にイジルことは出来ません


もう一つ、皆様にお知らせです。
先頃、展覧会の事務担当の某氏からお知らせメールが届きました。掲載してお知らせいたします。
「山陰中央新報」という新聞社の鑑賞席に記事が掲載されるようです。
私は残念ながら会期中のお手伝いは出来ませんが、盛会を祈りつつ、棚経にはげみたいと思います。合掌。


山陰二紀通信2010.7.31

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2010-08