FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

現代彫刻小品展IN石見銀山情報番外編 

2010/09/05
Sun. 00:11

吉田家から工場までは石見銀山から日本海へ向かって車で5分ほど走ります。
トンネルを越えてひと山下ったところに浄土真宗浄光寺があってそこの角を曲ると工場方面です。
その寺の近くの温度計が朝のうちから37度。
9月に入ってこの気温はさすがに異常といってもさしつかえないでしょう。

展覧会の会場は、今時珍しくエアコンが稼働していません。
個人的にはこういう設定も十分圏内でなんの問題もないのですが、流石に観光さんは冷房を求めていらっしゃる方も多いようで、チョットのぞいて業務用扇風機に気がつくとUターンされる方々をよく見かけます。
自分の工場など、扇風機を使うと溶接のガスが拡散してしまうので常設もされていません。

その常温空調の「カフェのぼせモン」は、キレイなお姉さんがほぼ一人で切り盛りしていらっしゃいます。
石見銀山辺りではばひろく通用している「お姉さん」ではなく、正真正銘全国通用バージョンの標準常識的「お姉さん」です。
このところ、会場の開場からほぼ一日一緒にいるので、何げなく切り盛りぶりを拝見していますが、とてもクールでテキパキとしたキレの良い働きぶりには感心させられます。
今でも十分若い彼女は、もっと若い頃から私のことを知っていたようですが、当の吉田は記憶なし。大きな声ではいえませんが残念です。

さて、そのカフェに毎日いると、ついつい美味しそうなコーヒーやカレーや香ばしいニンニクのにおいが漂ってきて、食欲が刺激されてしまいます。
欲に打ち勝つには、まずその欲の根幹を知る必要があるわけで、気になっていた諸々のポイントをほぼ制覇することが出来ましたので、皆様にご報告させていただきます。
まだ展覧会をご覧になっていらっしゃらない皆様方のために特別番外編として「鑑賞セットコース」をご用意いたしました。

1)おすすめ「深煎りコーヒー」・・・暑い時にはやはり熱い一杯がはずせません。
2)夏のカレーは「梅カレー」・・・・スッキリさわやかカレーはクセになりそうでチョット怖い。
3)ブランドブタの「石見ポーク丼」・石のブタの冷たい視線をあびながら食べる心地よさが最高。
4)濃厚ズッシリ「チーズカレー」・・あなどれない隠し味でけっこう腹にズッシリ。

IMG_9173_20100904231256.jpg

IMG_9226.jpg IMG_9227.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2010-09