FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

救済 

2011/03/23
Wed. 06:48

万善寺春の大きなイベントの一つ、彼岸会の法要が終り、公私共にそれまでの色々な作務から若干開放されたと思っていたら体中が不調を訴え、今のところ改善の糸口がつかめない状態です。

気は心とも云いますから、一気に気持ちを切り替えて次の事実に向き合おうと努力していますが、老僧からは次の指令が下り、この2~3日の間に広島の東端の方から島根県の東部一帯の寺をグルッと回ってくることになりました。
久々にポンコツ君の出番になりますが、この度の大震災で燃料も高騰したり給油制限にあったりして、情勢の悪化が万善寺にまで押寄せてきています。

このような時にこそ、坊主は朝夕の諷経に励み現世利益諸願城主を祈って乗り切らなければいけません。
先程も寝ぼけマナコをこすりながらパソコンのモニターいっぱいに拡大したご本尊様に手を合わせたところです。
老僧の時代には、木版の手摺りお札を居間の鴨居の吊り柱などに張り付けて手を合わせていたりしていたものですが、最近では、神仏の拝み方も変わってきたものです。
皆さんもコピー&ペーストなどしてお試し下さい。たまには神仏におすがりしてみるのも良いと思いますよ。

という事で、万善寺ご本尊は、十一面千手千眼観音さま。
十一面観音さまと千手千眼観音さまが一つになったとても珍しい観音さまです。
小振りの小さな本尊さんですが、お厨子に納まっていらっしゃる御陰で、保存も良い状態で拝ませていただいています。
特にこの度の災害で犠牲の方々、被災の方々にとっては、十一面観音さまの御利益やご加護が心の支えになるかも知れません。
そのようなことも思いながら、諷経させていただいています。

ちなみに、十一面観音さまの御利益は、「十種勝利」の現世利益と、四種功徳の来世果報。
此岸、彼岸どちらの世界も広く見渡して頂いているようであります。
また、千手千眼観音さまは、諸願城主、一切衆生平穏のご加護があると云われています。

IMG_5300.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2011-03