FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

山の恵 

2011/04/05
Tue. 07:44

万善寺の庫裡から西へ200mばかり離れたところに老住職夫婦が10年ほど前まで耕し続けていた畑があります。
今は畑までの距離を歩くことが難しくなって、もっぱら筍や蕨、蕗などの旬のものを収穫する程度のひら地になっていて、それも整備されないまま次第に自然の山へ帰りつつあります。

冬季の豪雪がなかなか解けないまま4月に入っても手付かずのまま放置し続けていたそのひら地へ行くまでの小道を、これも降り積もる雪に絶えられなくて倒れた山桜の枝木が壁のようにふさいでしまっています。

山から雪が溶けはじめると、このような状態は寺の周辺だけでなく地域一帯あらゆるところで見られるようになってきました。
いつもだと近所の町の林業会社へ連絡したら、すぐに職人さんがやってきて片づけてくれるのですが、今年は需要と供給のバランスが崩れていつになるのか予測不能状態のようなので、結局、私がコツコツ切り刻みながら片づけることにしました。

ストーブ燃料の薪は、だいたい2年先まで用意してチビチビ乾燥させて確保できているのですが、今年はいつもより使用頻度が多くなっていただけに、「山の恵」と気持ちを切り替えて、この間から伐採作業にとりかかっています。

なかなかじっとできないおかみさんが私の作業のすぐ近くまでやってきてあれこれ動き回るので作業がはかどりません。
自然を相手の人の営みのチッポケさを感じながら汗を流しています。

IMG_1783.jpg

IMG_1788.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2011-04