FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

現代彫刻小品展2011中間報告 

2011/07/18
Mon. 08:25

寝る前や出かける前など、若干の暇を見つけては更新を続けているブログですが、気がつくとこの頃家族ネタが集中していて、吉田家の状況が透明になりつつあります。
昨今の社会情勢をみると、諸々のオマツリごとの中で吉田家ぐらいの透明性のある情報公開はなかなか出来ていないところも多々あるようです。
「こういう時こそ、シモジモの者どもがしっかりと地に足をつけて踏ん張っていかなければいけないのだ!」
と、キーボード打つ指先に力が入りすぎて、肩凝りを誘発したりしています。

世間も吉田もあつい毎日ですが、決して展覧会の業務を怠っている訳ではありません。

先日も、出雲の方からわざわざ公用バスを仕立てて展覧会見学に来ていただいた高校がありました。
なんでも、デザインや美術の専科を選択で特設してあるようなことのようですが、身近で見る機会の少ない彫刻を見ることと、アパレル企業の訪問でデザインの実践を視察するという、課外授業の一環であったようです。

高校生を相手に何かお話しをしてくれとのことだったのですが、どんなことを話していいのやら全然分らないので、ひとまず出品者の状況や彫刻の素材のことなどを説明したりしていたら、遠くの方からワイフが、
「話が長い!早く打切れ!」
のサインを投げてくるので、そんなかナァと思いつつ手短に切り上げて、あとはかき氷クールダウンタイムに切り替えたりしたところです。

いずれにしても、来場のお客さんには結構評判も良く、地域の皆さんも何度もリピートしてくださったりして、好意的で優しい言葉をいただいたりしているところです。

会期後半に入ると台風も接近しているようで集客が心配なところではありますが、息切れしないように注意しながら乗り切ろうと思っています。

IMG_3351.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2011-07