FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

あれなぁに 

2011/11/29
Tue. 06:42

遠くの山をよく見ると、何やら白い割り箸か爪楊枝状のものが無数に突き刺さっているのが見えます。

これはこの間、友人の個展を観に行ったとき見つけた風景。
全て松食い虫の被害でで立ち枯れた松の木が手つかずの状態で放置されたものです。

島根県は、中国山地から島根半島まで軒並み松食い虫の被害が蔓延していて、手の付けようもありません。
出雲平野特有の防風林風景を作る「築地松」も、この数年で急激に減少しています。
何とかしないといけないことはわかっているのでしょうが・・「手の付けようがない」というのが自治体や関係機関の本音のようで、寺の周辺の山でも大風の後など生活道路へ倒木が出たりして、撤去に手間取って仕事に遅刻してしまったなどという愚痴話も聞いたりします。
これから冬に入って雪でも積もったりすると、そのような被害も拡大するでしょう。

一方吉田はというと、アチコチでそのような困った話を聞きつけては、枯れ木や倒木ををもらいに出かけたりしています。
吉田家の冬の暖房燃料はそうやって何とか確保されています。

IMG_1569.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2011-11