FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

石見銀山雪景色 

2011/12/09
Fri. 08:26

雨風の音でなかなか眠れない夜が明けて駐車場まででると、車のフロントにうっすらとシャーベット状の雪。
何時も通りキーポンを中学校まで送っていくと、通学路の正面に見える石見銀山の仙丿山が雪で真っ白。

夜の間、世間がうるさかったのは寒気の流れ込みのせいだと分りました。

例年だと、石見銀山あたりも12月に入ってすぐに1回グッと冷え込んで雪が降ったりするものですが、今年は比較的暖かい日が続いていてストーブのお世話にならないですむ朝が多かっただけに、「やっと冬が来たかぁ」という感じです。
それでも、キーポンを送り届けて銀山の町並みまで帰ってくると雪が雨に変わっていました。まだまだ冬も序の口といったところです。

これから雨の中を冬タイヤに交換です。
韓国産の輸入タイヤは、たった1年のシーズンでかなり溝が浅くなりました。
日本の有名メーカーの3分の1の値段でしたが、性能もそんな感じで比例しているようです。
同じタイヤで1ヶ月後の車検が通るか心配です。
昨シーズンは絶え間なく降り続く大雪で、寺の辺りも石見銀山も日常の暮らしが乱れて大変でしたが、これからの冬はどのようなシーズンになるのでしょう。

IMG_1913_20111209082839.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2011-12