FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

把手の嫁入り 

2012/01/08
Sun. 02:13

東京のTさんから注文をいただいていた把手を送付したのが昨年末のこと。

いつものオヤジの詰めの甘さをマタマタ露呈して、ビスが何処かに飛んでいってしまったりしながらも、何とかやりくりしてひとまず年内に目出度く嫁ぎ先へ落ち着くことが出来ました。
無事に納まるところへ納まった様子がTさんから返信されてきて、やっと一安心です。

お子さんのタンスに鉄の把手が欲しいということだったので、チョットした時に掴まれるような補助アームも兼ねた把手を2つと、少し大きくなってから手慰みで遊べるようなものを2つ造ってみました。

特に〆切りがなかったので、クリスマスのプレゼント感覚で送らせてもらおうと、坊主なのにサンタさんになった気分でニヤニヤしながら送付の準備をしていたのに、結局いつもの計画性の無いドタバタで遅刻。
いろいろあって、いろいろ迷惑をかけてしまった次第です。

そんなドタバタを知ってか知らずか、Tさんから把手のついたタンスの写真と感想のメールが届きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ビス、届きました!!
取り付け完了しました!!

把手は、毎回、触れるのでいいですね。
こんなに鉄を触り続けることはなかったように思います。
石にも触れるし。

鉄は、なんとなく人工物の仲間かと思っていました。
今回、自然の仲間とはっきり感じました。

毎日が楽しくなるのは、すごいことですね。
どうもありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私には過分なお言葉。
こちらこそ、楽しい仕事をさせていただいてどうもありがとうございました。

R0015294.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012-01