FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

石見銀山のお宿 

2012/01/23
Mon. 00:35

石見銀山の吉田家から少し町並みを下ると、同じ駒の足の町内に江戸期の地役人の武家屋敷をお宿に改築した「他郷阿部家」があります。

オーナーのMさんは、吉田の家族が石見銀山に暮らすようになる前からとてもよくしてもらっていて、家族ぐるみのおつき合いが今でも続いています。
その関係もあって、鉄のテーブルや小物などを造らせてもらったりして、そのことなどで吉田家の暮らしはずいぶん助かっています。

お泊まりのお客さんで稀に吉田の知りあいなどがあったりすると、時々夕食の席に呼んで頂いたりもして、そんな時は何とも言えない楽しい一夜を過ごすことが出来ます。
この度も、広島の方からのお客さんが私の知り合いだったりして、丁度今度の展覧会の招待券を送ったりしたあとだったのでMさんの方からお誘いをいただいたところです。

そのお宿の食事は、広い台所の土間のオクドさんの横の大きなテーブルに集まって、手作りの家庭料理をみんなで一緒にいただきます。
このような宿泊システムのお宿はそうアチコチにある訳ではないので、遠来のお客様方も夢のような一夜を過ごして大満足で旅立っていかれます。

島根の片田舎の時代に取り残されたような小さな町にも、このようなオシャレでハイセンスなお宿があったりする、石見銀山はとても不思議な魅力のある町だったりします。

IMG_2604.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012-01