FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

今日は何の日 

2012/02/14
Tue. 08:33

数日前から、ワイフとキーポンがダイニング兼用テーブルにステンレスボールやアルミ容器や計量器などを広げてゴソゴソと何やら実験らしきことを繰り返していているので、そのすぐ隣の仮設書斎で表計算ソフトとの格闘もなかなか集中出来なくて居心地が悪かったりするのですが、そこはぐっと我慢して当たり障りのない家庭の会話に持ち込んでおかないともらえるものももらえなくなる可能性が予測出来るので、オヤジとしてはそれなりに緊張しながら気を使うことになっている訳です。

こんな吉田家の様子に接していると、1年は本当に早く過ぎるなぁと痛感します。
もっとも、この度は我が家の長老犬が永眠して間がないし、その悲しみにくれる日々を続けることも重苦しい空気が停滞するばかりなので、一方ではワクワクと幸せになれる行事を適度に組み込んでいくことも大切な日常生活の務めと思ったりして良い気晴らしになっています。
そんな訳で、一方では仮設の仏壇にお花や線香をお供えしつつ、そのすぐ横でバレンタインデーのプレゼントクッキーづくりが続いています。
試作の度に味見と称してオヤジの口へも2粒3粒小振りなクッキーを放り込んでくれたりするので、一連の彼女たちの年中行事に参加出来ているような気にもなって、なんとなく役に立っているようにも感じたりして、自分の存在感が少しでも残っていたことにホッとしたりもしている訳です。

夜になってから、数時間早い本命チョコをワイフがさり気なく手渡ししてくれました。
世間のの慶弔ごとは、あれこれ小難しくこだわらないで何でも在りと受け止める広い心を持ち合わせている吉田なのです。

IMG_2920.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012-02