FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

出雲縁結び空港 

2012/03/25
Sun. 08:26

「おとうさん、何処行くん?」

じゅん君から珍しく電話が入ったのは、とんぼ返りに近いなっちゃんを空港まで送っている途中の事。
始発に間に合わせるために4時起きで自宅を出発し、国道へ出てすぐの時間なのに、彼はいったい何処で何をしているのでしょう?

そんな事があったりしながら日本海を左に見て朝日に向かってポンコツ君を走らせていると、時折の突風や断続的なみぞれも降ったりして、飛行機が飛ぶのか心配になってきましたが、なっちゃんとノッチの二人は全くひとごとのように普通に浮かれていました。
空港についてみると、朝日が雲間からのぞいていて、風も微風。
東西に長い島根県を実感します。

いつの間にか「出雲空港」が「出雲縁結び空港」に改名していました。
それだけ私が飛行機に縁がないという事でしょうが、それにしても長々と呼びにくい名前になりました。
出発ロビーにはマスコットキャラクターが鎮座していました。
石見銀山は世界遺産登録5周年を迎えて一部ではそれなりに盛り上がっているようですが、空港のロビーは縁結び一色。
石見銀山の観光ポスターや横断幕は、トイレに行く人しか見ないだろう目立たない片隅で細々と掲示され、その前には巨大なテレビが鎮座。
出雲の国では出雲大社の縁結びが観光のメインになっているのでしょう。
島根県の玄関空港でも、あらためて東西に長い島根県を実感しました。

IMG_3278.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012-03