FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

一番人気 

2012/04/25
Wed. 03:07

この度の展覧会で子供たちから大人気だったのは、何といっても島根県出身で開催地浜田市で職場勤務をしている作家石金さんの作品。

その石金さんは、浜田市の隣町江津に住んでいて、毎日浜田へ通勤しているのですが、今回の展覧会出品メンバーの中で唯一浜田滞在時間が最も多い人でもあります。
ひょっとしたら、江津の自宅にいる時間より浜田で仕事をしている時間の方が多いかも知れません。
そんなこともあって、今回の展覧会ではとてもお世話になりました。

大きな声では云えませんが、時々職場を抜け出して会場へ様子を見にきて受付を交代してくれたりして、吉田としてはとても助かりました。
浜田でのお宿に、つげ義春の世界に出てきそうな昭和レトロの旅館を見つけ出してくれたり、浜田市の教育委員会に出かけて広報活動してくれたり、展示はもとより、搬入搬出の作業も率先して手伝ってくれました。

そして何より、彫刻展へ子供たちの興味を引きつけてくれた一番の功労者であるといってもいいかも知れません。

彫刻の方は木製で、集積材の天板へいくつかのパーツを不規則に並べただけのものですが、子供たちにとってはそれが積み木のパーツのような感覚なのでしょう、あれこれ重ね合わせて工夫しながらしばらく遊びの世界に没頭していました。
木を重ね合わせる乾いた音が展覧会場に大きく響いて、それが次の来場を誘発していました。

触るだけではなくて、音を耳で感じたり、どんどん変化していく形を楽しんだりできる、玩具のような彫刻になっていたように思います。

石金昭広 作 「ならべてあそんでね」

IMG_4119.jpg

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

2012-04