FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

心乱れる 

2012/07/27
Fri. 10:56

本当に1週間がアッという間に過ぎてしまいます。

7月も終盤に近づき、今日を逃がすと吉田家の日常生活に支障をきたすことになるので、金融機関が開くのを待って、滞納の支払いを済ませたりしながらウロウロしていたら、既にお昼が近づいています。

彫刻家と坊主をやりくりしながら日常のスケジュールを組み立てていると、知らない間に曜日の感覚が消えて、日にちだけで行動してしまっています。
○月○日は、△×展の搬入日だ!・・とか、
○月○日は、×□さんの命日だ!・・とか、
そんなことばかりの予定で動いていると、1週間の平日の指定時間以内でないと用事が出来ないような暮らしぶりが自分の日常で特別なものになっていて、結局、世間で重要な取り決めごとが何処かへ消え去ってしまっています。

〆切のある大切なものだからと、何時でも対応できるように書類をバッグにしまって、出かける時は万全の状態にしているつもりで、実は一方で安心し切っていて、結局思い出したら日曜日だったり、時間を過ぎていたりして、ズルズルと〆切が過ぎて、そのうち督促状が届いて慌ててしまうことになるわけです。

彫刻小品展やワークショップの期間中は、準備から含めると、昼も夜も関係ないような暮らしぶりだったので、ひとまずそれらの一山が過ぎてからは、夕方には仕事を切り上げて、夜も早めに寝ることにして・・と、意識してそのように仕向けたりしています。
そして、これから1ヶ月は万善寺での引きこもり暮らしになるので、世間と隔絶された毎日が続くことでしょう。

キーポンを学校まで送っての帰り、今日も草刈りで通勤の万善寺の方角には、朝から巨大な積乱雲が盛り上がっています。
そろそろ夕立が癖になってもおかしくない季節になりました。

IMG_3236.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012-07