FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

三原谷の川の風まつり2012実行委員会 

2012/07/31
Tue. 09:49

しだいに吉田家にもオリンピックの影響が忍び寄ってきました。

私個人は、彫刻展の報告書作成や、三原谷のこと、それに寺の盆準備と、次々に色々なことが重なって、気の抜けない日々を送っていて、ふと気がつくと夜も12時を回っていたりします。
そのような時間帯なのに、我が家のアチコチが明るかったりするので、一瞬まだ宵の口と勘違いしたりしますが、気がつけば、ワイフもキーポンも、それぞれ自分の用事などしながら垂れ流しのテレビでオリンピックを見たりしています。

そんな訳で、このところ夜更かしが日常になりつつあります。

三原谷で一晩お世話になった時は、真夜中の2時半にノッチから電話。
彼女の暮らす町の町内会のお祭りで屋台販売などして盛り上がっていたようで、その延長で電話をしてきたようです。
結局、私の携帯の電池切れまで夜中に大話しこいて、そのまま目が冴えてしまいました。

それから昨夜、またまた真夜中に電話があって、またまた盛り上がっています。
何事かと思ったら、こんどは友達とビアガーデンで飲んでたということ。
「そうやって不摂生をしていたら卒業制作も失敗するぞ!」などと小言を言っていたら、彼女にとってはそんなの序の口のようで、ここ数日、オリンピックで徹夜してるとか。
今のオヤジがそんな事してたら、すぐにぶっ倒れてしまいます。

アレコレ色々ありますが、ひとまず三原谷の第2弾。

三原谷は谷の幅が石見銀山の4~5倍くらいあるだろう、比較的広くて奥深い谷で、その自治会も2ケタになるようですが、それでもわりあい石見銀山と近い感じの暮らしが見えてきます。
その谷のほぼ中央に、今は廃校になった旧大森小学校が木造のまま残っていて、地域に暮らす皆さんが、その学校あとを活用してお祭りのイベントを始めてから5年以上になるようです。

元々は、三原谷の自治会の一つ、「須の谷」に実家のある都会の雑貨店(よく分からんが・・)のオーナーさんが、友達や身内や知り合いやおとくいさんなどを集めて小さなお祭りを始めた事がきっかけになったようで、それが数年の間に少しずつ谷じゅうに広がって、実行委員会も立ち上がり、助成金の獲得などもされ、自治会長さんの協力も得られ、だんだん企画が充実して、期間中の来場客も増え、行政にもそのような活動が受け入れられるようになり、そのうち行政協力も得られるようになって、今に至っているということのようです。

オーナーさんの方から吉田にその三原谷での田んぼアートの話が舞い込んできたいきさつは、長くなるので割愛しますが、とにかく、縁があって昨年から本格的にアートイベント部門の方で参加させてもらっている訳です。
まだまだおつき合いも浅いので、あれもこれも心得て、三原谷のみなさんの歯車の一つになれるまでにはいきませんが、実行委員のコアなメンバーのノリの良さとホットさにはジジイに近い吉田のオヤジ心をくすぐるものがあって、石見銀山からの片道4時間半の移動時間もワクワクしながら乗り切ることが出来ています。

今回のアートイベントは、幾つか提案させてもらった企画を修正しながら、現在4つの企画を練り直しているところです。
これから10月のイベント参加に向けて、順次彫刻の作家へ声掛けをしながら煮詰めていくことになります。
何とかキッチリ成功させて、三原谷のお父さんたちと美味い酒で盛り上がりたいものです。

IMG_5214.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012-07