FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

キーポンの暑い夏が終わった 

2012/08/27
Mon. 07:17

普通にやりくりすれば、特に忙しいわけでもない万善寺の仕事です。

まぁ、何とかのんびりと時間に余裕を持たせつつ1日の仏事スケジュールを調整する程度のことは、展覧会の企画や彫刻の搬入出とはくらべものにならないほど簡単なことです。

・・が、しかし・・・
東堂老師夫婦が介入してくると、とたんに色々な仏事の調整に不具合が出てきて、とんでもなく慌ただしいスケジュールをこなさなければいけなくなってしまいます。
まぁ、80歳を過ぎた二人が、現代の窮屈な社会を相手に、昔ながらの頑固な切り盛りを延々キープし続けて来たわけですから、それもしかたないことなのかも知れません。
ある日突然、彼らの役割を全て取り上げてしまったら、それこそ人生の目標と張り合いを無くしたぬけがらの暮らしが待っていることにもなりかねないので、そのあたりの業務分担の調整が難しくなるわけです。

私も、そろそろ60に近いジジイオヤジですが、最近は心乱れて落ち着かない日々が続いています。
そんなオヤジ事情を気づかってくれているのかどうか、最近やたらと3人の娘たちから写真の近況報告が、2~3日おきに、五月雨で舞い込んできます。
実に癒されます。
まことに心がなごみます。
平常心がよみがえってきます。

例のごとく、ジジババの昔ながらのノリで勝手に人の都合も聞かないで引き受けてしまった仏事のおかげで、朝から夜まで移動時間の捻出も難しいほど幾つかの仏事が重なって、慌ただしく改良衣と法衣を着替えたり、たたんだりを3回ぐらい繰り返して、法衣にしみ込んだ汗も乾かないまま1日が過ぎた、その日の裏番組で、キーポンもそれなりに緊張の1日が終わったようであります。

吹奏楽中国大会進出で、結果は銀賞。
中学校で吹奏楽をはじめたキーポンですが、今年の夏は彼女にとって何かと試練が多かったのでしょう、夏バテも入って2kg減量で、大会前には結構バテバテだったようです。
結果はどうあれ、キーポンの暑い夏がやっと終わりました・・と思ったら、すでに高校は2学期の始業式が終わったらしい。
いやぁ〜、彼女も鍛えられていますなぁ〜。

IMG_1854.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012-08