FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

秋の彫刻展 

2012/10/02
Tue. 06:04

そろそろ60に近いオヤジが、久々の完全徹夜。

さすがに疲れていたのでしょう、何時寝たのか、全く覚えないまま、キーポンのけたたましい目覚ましで起こされるまで、爆睡でした。

目が覚めると、しばらくは、身体のあちこちのきしみで動けません。
日頃のなまぬるい暮らしが、こういう時に足をひっぱります。

最近恒例になっている、彫刻の受け取り旅行。
今年も周藤さんが自ら手を上げて付き合ってくれて、ひとまず荷崩れすることも無く完走。
ほぼ予定通りの行程を走破して、無事にトラック集配場まで搬入しました。

岩国の竹村さんの彫刻は、今までの人体から大きく変化していました。
今年はご主人の力強い助っ人も加わって完成。

直方の木裳君は、大人二人でやっと運べるほどの巨大レリーフ(になるのかなぁ?)の力作。
これ以上大きくなると、オヤジの腰が耐えられません。

そして先ほど、彫刻家のワイフ吉田満寿美の彫刻作品完成。
10年前は新車だった中古車のたっぷり入るカーゴスペースに積込完了。

徹夜走行の次は、日の出とともに働き、なかなか鍛えられる展覧会前の日々を過ごしております。

IMG_5544.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012-10