FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

松の行方 

2012/10/15
Mon. 06:31

やり残している仕事もいっぱいたまっているし、東堂さん夫婦の朝の様子を確認したら仕事場に行こうと準備をしていたら、おかみさんが引き止めます。
本当に何時までたっても都合よく子離れしないおかみさんには鍛えられます。

何事かと思ったら、東堂さんの我が侭お買い物おねだり。
おかみさんの楽しみは、1週間に1度の巡回商店のお魚屋さんで5000円程度のお買い物。
元気な時の東堂さんの楽しみは、1週間に1度の買い物でスーパーへ出かけること。
ジジババの贅沢ぶりには唖然とさせられてしまいます。

吉田家とは比べ物にならないほど食費に費やす彼らの暮らしぶりにはなかなかついていけません。
最近では、ほぼ全額を私の財布から支出しているので、1ヶ月の生活費が一頃のつつましい暮らしぶりから3倍くらいに跳ね上がっています。
その上、リストラで職は無くすし、移動で燃料代は跳ね上がるし、踏んだり蹴ったりです。

・・・と、自然に愚痴っぽくなってしまう今日この頃です。

計らずして宙に浮いた時間を無駄に出来ないと、日課の庭掃きをしていると、本堂の基礎石のわきから松の苗木が育っています。
前々から何やらデカイ草が育っているなぁと思っていたところで、秋になって周辺の夏の花や雑草がボツボツ枯れはじめて草取りをしたら、松だったと気がついたことでした。

まったく、寺暮らしでは毎日のように庭掃きなどしているのに、「心此処にあらず」状態がバレてしまいました。
と同時に、きっとこのままにしておいたら、おかみさんに発見されて抜き取られてしまうだろうなぁと予想もされて、松の苗木の運命に気持ちが揺らぎます。

IMG_5586.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012-10