FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

庭の彫刻 

2013/01/30
Wed. 06:55

今の自宅に転居して、かれこれ20年になるでしょうか?
当初は、銀山川まで続いていた裏の畑をワイフがセッセと改造して、今では様々な木々の茂った里山風の裏庭に変わりました。
銀山川の対岸は、バス通りになっていて、観光さんたちの自家用車や、地域の生活車が行き来します。
その銀山川の川岸のスモモの木が、手入れもしないのにスクスクと伸びて、大きく枝を広げています。
ちょうど、その枝先が切れたあたりに置きっ放しの私の彫刻は、石見銀山にあるお店の二階を借りた彫刻個展の時に制作したもの。
あの頃は、今に比べると制作の方向性をかなり窮屈に思考していた時期で、このままだと彫刻がどんどん小難しくなって理屈っぽくなりすぎるような気がして、その迷宮にはまりこまないうちに、さっさと思考の器を空っぽにしてしまおうと踏ん切った個展にもなっていました。
あの時思い切って造形のストックを吐きだしたことで、ずいぶんとその後の展開が自由になったなぁと思っています。
あれからずいぶん時も経つし、もうそろそろ脳みその何処かに蓄積されて醗酵しはじめた不純物を処理する時期がきているのかも知れません。

IMG_6905.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2013-01