FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

気がついたら週末 

2013/02/15
Fri. 08:45

吉田家にとって、ザワザワと落ち着かない1日が過ぎました。
久々に休日だったワイフは、1日中外出してショッピング。
バイト時間ギリギリまで寝ていたじゅん君は、いつものごとく、メシも食べないであわただしく出かけて、それっきり。
ネコチャンズは、例のごとく狭い家を全速力で走り回る。
このところ、現代彫刻小品展の事前事務で缶詰め状態の私は、Podcastで収集したビバルディーやらラフマニノフやらバッハからガーシュインまで何の脈絡もなく垂れ流ししながら、セッセと目先の仕事を片づけ続けました。
そして、ほぼ徹夜状態のキーポンは、くばりまくった○○チョコを、ほぼ同等回収でき、帰りの車でムシャムシャ食べはじめます。
様々なスイーツを食べながら、ご満悦の彼女は実に饒舌でした。
「今日数福の時間、爆睡だった。気がついたら、制服の袖がよだれでぐっしょり。あわてたわぁ〜。あれほど大量によだれ垂れたの久々だわぁ〜。あの先生、バレてたかなぁ。滑舌悪いし、何いってるか意味不明・・・はい、おとうさん、あぁ〜〜ん」
そして、東京のなっちゃんはそれなりに仕事を楽しんでいるようで、
「何が悲しくてバレンタインにじいさんと2人で外回りせないけん。朝から起きてるか確認の電話がむっちゃ明るい声でかかってくるし。デートじゃないよ?まぁこれもバレンタインに無縁過ぎる私が組んだシフトのせい。自業自得。お寿司おごってくれるらしいから諦めよ。回るやつだけど」
とかいいつつ、チャップリンの無声映画が流れるオシャレなイタリアレストランで、ちゃっかりと夕ご飯までおごってもらったもよう。
まぁ、当然のことでしょうが、1日として同じことの繰り返しはありませんなぁ・・
違った毎日が今日から昨日へ過ぎて、また違う明日が来ます。
早いもので、すでに週末。
さて今日は、金策もあるし、久々に昼間から外出しようと思っています。

BDDtk8_CIAArYAc.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2013-02