FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

絶品旨し日向夏 

2013/03/13
Wed. 08:35

東京の彫刻搬入と陳列を終わらせて帰宅した日、久しぶりにいつもお世話になっている九州の彫刻家から元気な声の電話が入ってきました。
「日向夏送りましたからビタミン補給してください!」
いやぁ〜・・ほんとうにありがたいことです。
石見銀山の彫刻展では、ワークショップなどでとてもお世話になっていて、今年も、それなりの予算がつけばまたお願いしようと思っているところなのです。

一口に彫刻家といっても、一人ひとりの顔が全て違うように、考えていることや性格や暮らしの環境や素材など全て違っていて、皆さんがそれぞれ個性の強い方ばかりだから、そんな連中が一緒になって何か一つのことをやらかそうなどと思っただけでも、意見がなかなかひとつにまとまらなくて気持ちが萎えると思われがちでしょうが、実はそんなことは全くなく、それぞれがそれなりに自分のジャンルや制作の方向性を決めているところもあって、それが一致すれば、あとは人として直感的な好き嫌いや客観的な妥協などもあって、結構和気あいあいと仲間付き合いが始まって固まって深まって、気がつくと強力な彫刻家集団が形成されていたりすることも無い訳ではないわけです。

4月に入ったら、今年で4年目を迎える石見銀山での彫刻ワークショップもフル稼働。
今のところ、嵐の前の静けさ・・といった状態ですが、事前準備のデスクワークはすでに始まっています。これからしばらくは、日向夏を摘みながらキーボードをプチプチ叩く日々が続きそうです。

IMG_2306.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2013-03