工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

連休あれこれ 

2013/04/30
Tue. 09:32

春の大型連休に入ってから、石見銀山も親子連れの観光さんが急に増えてきて、にぎやかになってきました。
それでも、夕方の4時過ぎから翌朝の9時前まではいつもの静かな町が戻ってくるので、その時間帯に住民の皆さんの活動がはじまります。

私はというと、今年は珍しく連休中の法事があったりして、改良衣でウロウロしています。
それと、例の足首の一件をいまだに引きずっていて病院通い。
今日もこれからMRI検査とやらで通院です。
最近ではヨチヨチ変な歩き方に慣れてしまった所もあって、いく先々で「どぉしたのぉ〜」とか「なにがあったのぉ〜」とかだいたい決まったように質問されるのもいいかげん面倒になってきて、返事の対応もそっけないものになってしまっている自分に気がついたりして、そんな失礼を反省することが多くなってきました。
せっかく心配していただいているのに、身勝手なものです。

先日、例のごとく足首コルセットに雪駄履きで、ぎこちなくクラッチなど踏みながら改良衣の袖をはためかせつつ江の川に沿ってポンコツ君を走らせていたら、急に拡声器の大声で「おい、そこ、なにやってんだぁー!」と叱られて、小心坊主ビックリ。
何の意味もなく急ブレーキでパーキングスペースへ車を突っ込んでキョロキョロしていたら、「もっと頭をつかえー!」とかなんとかまた拡声器の声。
なんのことかよく分からないままヨチヨチと車を降りて江の川を見たら、ボート部の練習中。
拡声器の罵声は、選手に向けた監督の声でした。
まったく人騒がせなことです。

連休の過ごし方も色々のようで・・・
そんなわけで、通院が終わったら益田のグラントワへ直行します。
道の混み具合によっては、少し贅沢に自動車道を使おうと思っています。
もちろん用事は、現代彫刻小品展。
講師をお願いしようとしている学芸員の椋木さんへお話を聞いていただきつつ、快諾を得てスケジュール調整や打ち合わせまでこぎつけたいと、図々しく考えている所です。
上手く話が前進したら、一気に彫刻出品者宛お知らせ第3弾の発送作業に入るつもりです。

IMG_7369.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

締めくくりは大高サウンド 

2013/04/29
Mon. 11:03

あっとゆーまだったなー。
明日朝一で島根出てからまた仕事だー。
やだなー。
今回の帰省で学んだ事は・・・
「結婚に夢を持つな」
「結婚して子供が出来たからといって男は変わらない」
・・・という事。
同世代に既婚者が多いと本当勉強なります!!!




朝5時に島根から始まった1日がやっと終わり帰宅…疲れたー。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・なっちゃん色々考えておるようです。
いやぁ〜〜、しかし忙しかったなぁ〜・・
さすがにオヤジもドッと疲れて、先ほど起床。
連休だというのに・・・
世間は良い天気だというのに・・・

さて、その疲れた昨日をふり返ってみると・・・

なっちゃんを空港まで送るために5時起床。
坊主道具一式準備してアレやコレやして改良衣に着替え雪駄を履いて・・
5:45石見銀山吉田家出発。
ポンコツ君快調で道もスキスキで7:15空港着。
なっちゃんのお土産購入につきあって「一福」の生そばを推薦。
改良衣姿のオヤジに空港の連中が注目するもなっちゃん平常心。
ゲートを潜るなっちゃんを見送ってそのまま斐伊川土手を54号線まで南下。
連休なのにスキスキの国道を快調に走り一福本店前通過。
万善寺を左に見て赤名高原をひたすら南下。
島根広島県境を越えたあたりで燃料計が心配になるもスタンドは日曜日で休業多し。
若干ビビりつつそのまま走行して三次市街地の目的地へ予定より30分早く到着。
すでに4週目になる七日務めで読経。
終了後般若心経「六根」のお話を少々。
お茶を頂いておいとま。
途中給油2000円してこれで自宅まで帰れそう。
28日はお不動さんのご縁日。
というわけでそのまま親戚の高木さん家へ直行。
大衣に着替えて般若心経や光明真言陀羅尼やもちろんお不動さんの陀羅尼など読経。
一人住まいのおばさんとしばし世間話などしておいとま。
午後3時半を過ぎて帰宅。
小腹が空いてあれこれつまみ食いしてネコチャンズにご飯をやったりしていたらワイフがバイトから帰宅。
ドタバタと着替えてキーポン出演の大田高校定期演奏会へ出発。
会場駐車場は満車。
入場待ちのお客さんが長蛇の列。
キーポンの卒業した中学校の校長さんとバッタリ遭遇。
アチコチの知人顔見知りと次々に遭遇。
世間話をしたりしてその後ワイフと並んで着座。
動画撮影などモタモタ準備をしていたらいつのまにか開演で演奏開始。
何度かのアンコールの後演奏会終了は午後9時を過ぎていました。
キーポンはそのまま片づけで高校まで直行。
その間ワイフと二人で久々の大阪王将で夕食。
午後11時前にキーポンから連絡が入って3人で帰宅したのが午前0時近く。
定期演奏会の話などしながらしばしくつろぐ間にキーポンいつのまにか爆睡。
メール確認などしていたらワイフの巨大な寝息。
急に一日の疲れがドッと押し寄せてオヤジもダウン。

・・・そして目覚めたのが午前10時。
キーポンは、まだ睡眠をむさぼっています。

「届けたい音がある 伝えたい想いがある」大高サウンドは最高でした!

IMG_7388.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

昨日の出来事 

2013/04/28
Sun. 02:28

只今帰省中のなっちゃんが、友達の結婚式2次会からまだ帰ってきません。
朝一便の飛行機に乗らなければいけないはずなのに、気楽なものです。
まだかなぁ〜、まだかえってこないかなぁ〜、おそいなぁ〜、ねちゃおかなぁ〜・・
と、そんな感じでダラダラ夜更かしをしているところです。

日が変わったので、昨日のこと・・
実は、私のかぎりなく60歳に近い誕生日だったのです。

ワイフは、朝一でチキンオヤジの好きなフライドチキン大葉入り和風味とチーズ入り洋風味のチキン料理を作ってくれました。
それに・・「私にも使わせてね!」の一言と一緒に防水式頭皮マッサージ器をプレゼントしてくれました。
なっちゃんは、「おとうさんどれがいいん?」と酒ゴリラでアイラ島のラフロイグ(安いヤツだけど)を買ってくれました。
ノッチは、「今仕事終わって休憩室なのぉ〜」とほぼ1ヶ月ぶりに元気なハスキーボイスで電話をしてくれました。それからfacebookへ「best wishes to DADDY on your birthday!!」の投稿。
じゅん君は、「・・・・」
キーポンは、定期演奏会前で疲れきって「・・・・」
・・って感じです。

何か、それなりにジワッとくる誕生日となりました。

IMG_7309.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

オヤジ走る 

2013/04/27
Sat. 08:49

一昨日からなっちゃんが帰省しています。
その間、吉田家のネコチャンズは緊張の連続です。
それを横目で見つつ・・・
オヤジはセッセとデスクワークに励み、ワークショップの調整に走り、印刷の見積もりを検討し、講師の旅費で悩み、宿泊を調整し、チラシ1号をくばり・・・と、ここにきて曹洞宗手帳が一気に予定で埋まってきました。
とにかく、フンバリの時期です。

面倒がらずに1日の行動を(これも報告書作成の為に必要なこと)忘れないうちにメモしておくと・・

二度寝をむさぼっているとワイフに起こされ、
(帰省中のなっちゃんに寝床をとられてしまって)隣で爆睡のキーポンを起こし、
ワイワイと久々ににぎやかな朝ご飯を食べ・・・

それから、あれして、これして、チョットこぎれいな格好に着替えて吉田家出発。
途中で給油。
贅沢にも山陰道を東走。
約束の時間ピッタリに大学駐車場到着。
ワークショップ依頼の藤田先生と打ち合わせ1時間。
その後、石彫作家の坪内氏と昼食会議で打ち合わせ。
その後、いつもの印刷屋さんへ直行。
見積もりの依頼などして強い北風で荒れる日本海を右に見つつ西走。

帰宅すると・・
なっちゃんは昼間から爆睡。
ネコチャンズはかいがいしくお出迎え。
一歩遅れてワイフが帰宅。

慌ただしい一日でありました。
今の吉田は無財の七施もまともに出来ないダメオヤジではありますが、それでも逃げ出したり投げ出したり出来ませんから、何とかして乗り切るしか無い状況となっております。

IMG_7329.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

なちゃん帰省 

2013/04/26
Fri. 07:26

長女のなっちゃんが久々に帰ってきました。

彼女の帰省理由は友人の結婚式ばかり。
最近は、1.5次会というのが流行っていて、今回もそこから出席するそうです。
友人は、次々と結婚して子供も生まれ、子育てにせいを出しながら暮らしているのに、なっちゃんはいまだにその気配すら無く、休みも無いまま連続勤務で働いて、夕食はコンビニツマミで一杯の酒、時々女子会・・という暮らし。

まぁそんな状況ですが、オヤジとしては久々に晩酌の相手をしてくれるので、嬉しかったりもするわけです。
久々ににぎやかな夕食と朝食になりました。

IMG_7334_20130426072519.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

雨の通院日 

2013/04/25
Thu. 07:18

東堂さんの通院を精選して、月1回にまとめてすっきりしたと思ったら、今度は自分の通院がはじまって、時間を取られてしまいます。

石見銀山の近くの総合病院には整形外科のドクターが常駐ではないので1週間3日だけ受診出来て、その日は予約やら初診やらが殺到して、待合所はものすごい混雑です。
昨日は私の受診日で、例の如くレントゲン撮影からスタートしました。
結局、ドクターの診察時間が回ったのが11時前。
薄い文庫の短編集を1冊読み終わってしまいました。

結果、足首は快方に向かうも、
「コルセットは通常問題なければ6月いっぱい装着してくださいね」
ひぇぇ〜〜、お先真っ暗・・・
「どちらかと云うと、足首より膝の方が気になりますねぇ・・ほら、こうやって回すと痛いとおっしゃるし、それに、チョットした衝撃も感じるし、コツコツ変な音もしてるんですよ。聞こえませんかぁ?結構前からこんな感じだったんじゃないですかぁ?」
いまさらそんなこと云われても・・・
「半月板が損傷しているかも知れませんし、そのあたりはレントゲンだと見えないし、MRI撮って見ませんか?」
それって、何なの・・・
「まぁ、断層写真のようなものですね。患部を輪切りにしてみると、外から見えないところも見えてくるんですよ。予約入れておきましょうね!」
・・・ということになって、連休もなにも吹っ飛んでしまいました。

朝から雨模様で、受診が終わって病院を出ると傘がほしいほどに強まっていて、何となく気持ちも湿っぽくなって、憂鬱になってしまいます。
チキンオヤジは今からすでにビビってます。

IMG_7297_20130425071315.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

消えた1日 

2013/04/24
Wed. 07:09

久しぶりに寺の用事もないし、キーポンを学校まで送って、朝からはりきって現代彫刻小品展のお知らせメール発送作業へとりかかった所まではよかったのに、出来上がった原稿を印刷しはじめたら、どうもプリンタの具合が悪い。
連続してエラーが出てきて、パソコンから飛ばしているWi-Fiがおかしいのかと思って有線にしてみたり、色々いじるも不具合が解消しない。
だんだんイライラしてくるし、ひとの都合を無視してベタベタくっついてくるいつもだったらかわいいネコチャンズも鬱陶しくなるし、気がついたらお昼のサイレンが鳴りはじめたりして、結局、まったく仕事が先へ進まないまま午前中が終わってしまいました。
ほんとに毎日毎日色々なことがあります。

結局、コピー用紙を山のように無駄にして、ストーブの焚き付け。
結構高価なインクカートリッジを交換。
プリンタコンセントの抜き差しでリセットを繰り返してダマシダマシ復旧。
そうこうしていたら、メールサーバの会社から通信障害の通知。
もう、いったい何やっとんジャ!

チラシ1号

チラシ1号裏

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

坊主が走る 

2013/04/23
Tue. 09:58

このところ遠出が続いているので、先ほど給油してきました。
軽油とはいえ燃料代もバカになりません。
・・・といっても、現代彫刻小品展の営業ではなくて万善寺の方。
往復120分かけておつとめ30分だったり、往復180分かけておつとめ120分だったり、ケチ臭い愚痴ですがお布施の半分が燃料代で飛んでいきます。

東堂老師が現役の頃は、送迎つきの至れり尽くせり。
住職も代替わりになると、檀家さんも代替わりして、もろもろ簡素化セルフが浸透しつつあります。
考えようによっては私のようなビビリ坊主など、そのくらいの方が檀家さんに気も使わないですむし心労もたまらないし、気楽で良かったりもしますが・・

そんな感じで、無駄に時間だけはたっぷりあるので、改良衣に絡子(らくす)姿で運転するポンコツ君のスピーカーからは、ディーゼルの音に負けないほどの大音量を垂れ流ししながら、ドビュッシーやらチャイコフスキーやらの軽めクラシックに浸ったりしているところです。
とはいえ、往復道中クラシックの間に鐘や木魚の鳴り物入りで観音経やら般若心経が挟まれたりしているわけですから、まぁ、なんとも支離滅裂なことであります。

IMG_7266.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

肌寒い朝 

2013/04/22
Mon. 08:28

肌寒いとはいえ季節は春。
山寺の万善寺も日曜日になると法事が入ることが多くなって、朝から一日中白衣(はくえ)を着て暮らしたりしています。
本当は安静にしておいた方が良いだろう痛めたくるぶしも、なかなかそういうわけにはいかなくてドタバタするものだから、夕食を終わってくつろぐ頃にはむくみが出ていてチリチリ痛みも感じたりして、なかなか完治まではほど遠いような気がします。

週も変わってまた授業がはじまるキーポンは、日曜日の夜になってやっと家庭学習を始めました。
日頃からコツコツ地道に続けておけばもう少し楽に勉強出来るだろうに、なかなか習慣が身に付かなくていけません。
結局、四畳半のテーブルを横取りされて、キーポン中心に勉強道具がばらまかれ、私の居場所が奪われます。
せめて夜ぐらいはゆっくりクラシックでも聞きながらくつろぎたいのに、なかなか思うようにいかないものです。

さて、現代彫刻小品展に気持ちを切り替えて、本日中にはもろもろ溜まった仕事を片づけようと思っていますが・・・さて、どうなることやら・・

IMG_7294.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

桜満開 

2013/04/21
Sun. 07:46

なんとなくヒマになれてしまっている感のある吉田にとって、一気に色々な用事が重なってしまうと、どうも落ち着かなくて無駄にドタバタと慌ただしくすごしている今日この頃でございます。

昨日は、万善寺お檀家さんのなかで1・2を争うほどの厳しい環境で暮していらっしゃるお宅へ年回法事に出かけてきました。

この先民家はゼロという中国山地の高地にお住まいのそのお宅は、山深い山地からの湧き水が集まって流れをつくりはじめた小田川の起点あたりに開けた小さな谷の山すそへしがみつくように暮していらっしゃいます。
昔々は、大雨が降るたびに家の前の川筋が変わって、堤防もないまま消えたり出来たりする田んぼを作り分けながら1年を過ごしていたとのこと。
その頃の苦労を知るおばあさんは、数年前から足が不自由になって、隣の家までも歩くことが出来ないとぼやきつつ、それでもそれなりに元気で、デイサービズ三昧を満喫の様子。
寺の老師夫婦もそんな暮らしをしてくれたらなぁ・・と、ふとうらやましくなったりしてしまいます。

今では代替わりした息子さん夫婦へ世間話の合間に年回仏事の謂れなどをお話ししていたら、気がつくとお昼過ぎ。
私のポンコツ君がやっとで通る小さな橋のたもとには、大きな山桜が満開です。
もう、平地はとっくに桜も散って花の季節はツツジに変わっています。
同じ島根県でこれだけ気候に差があることを春の草木が教えてくれます。
そういえば、塔婆の裏書に「百花春至為誰開」と書いたことを思い出しました。

「しまった!年回の謂れと世間話に紛れて、塔婆裏書がらみのプチ法話を忘れた・・・」
と、思い出した時は、すでに橋を渡った後。
いつまでたっても、緊張感の無いナンチャッテ坊主がぬけきれないところであります。

IMG_7290.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

現代彫刻小品展広報開始 

2013/04/20
Sat. 07:22

土曜日の朝・・・
なんていっても、どうもピンとこないでいるのは自分だけ・・・?

4月に入ってから温かくなったり寒くなったり目まぐるしい気候環境で、その上3月から引きずっている足首の不具合とダマシダマシ付き合っているジジイに近いオヤジをいたぶるようにこのところ週末になると仏事が続いてヨレヨレ。

だいたいが曜日じゃなくて日にちで行動している坊主は、日曜だろうが月曜だろうが関係なくその日の用事を粛々と片づけていたりしているのです。
そんな毎日ですが、本日は旧暦だと3月の10日あたり。
昨日の夕方から冷え込んで、ストーブが復活し、愛用の寝袋も活躍し、おまけに炬燵布団まで広げて掛け布団代わりに使って・・と、冬に逆戻りしたような吉田家であります。

朝も早くからネコチャンズの騒動で起こされ、ウツラウツラしながら布団をたたんでいたら、使い倒してヨレヨレのかかとウォーマーがポロリと転がり出てきました。
最近はボーズ仕事で足袋をはく時の必需品なのですが、1回使用すると鼻が曲がるほど臭くなっていて、今日はそのまま履こうかどうか悩んでしまいます。

そんなこんなで午前中は観音経などお経を読んで墓参りをして、その足で大森小学校のPTA総会へ駆けつける予定。
小学校の先生方と、保護者の皆さんと、それに子供たちへ現代彫刻小品展ワークショップのお話をさせていただくことになっているのです。
そのためのチラシづくりなどで2日間ほどかけてしまったし、さて、どんな反応が待っているか・・・
といっても、持ち時間は3分間。

お仏壇の前でご親族を背に念を込めて2時間お経を読むより緊張しそうです。

IMG_7283.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

現代彫刻小品展チラシ1号 

2013/04/19
Fri. 07:14

展覧会の度に印刷でお世話になっていた事務所が今年の3月で閉鎖されたので、カラーコピーなどのこまごました印刷を何処へ頼もうか悩んだ末、お世話になったのが「モリタニ工芸」社さん。
それまでポスターのラミネート加工などをお願いしていた所ですが、これからは、データ持ち込みで簡単な印刷の方もお願いしようと思っています。
インターネットの世の中、大都会の印刷屋さんへデータ送信したら激安で何でも刷り上ってきたりしますが、細かな融通もきかないし、そこまで大量の部数を印刷する訳でもないし、なにより、クールな事務処理ばかりで事が進んでいく所に味気なさも感じて、やはりお金の問題だけで片づけることに抵抗があったりして、結局近場の知り合いを頼ったりしてしまうのです。
出不精で諸々お付き合いを面倒がってしまいがちなオヤジとしては、とても苦手なネゴシエーションですが、それも避けて通れない通過点と踏ん張って、この時期を乗り切っている訳です。

IMG_7280.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2013現代彫刻小品展が動き始めたヨ 

2013/04/18
Thu. 07:37

完治しない足を引きずりつつ、石見銀山を中心にあちこち現代彫刻小品展の広報をしながら後援やら協賛やらいただきに歩いています。
熱心に話しを聞いてもらえたりすると、ついつい長居をしてしまって、回転率が下がってしまいますが、反面、こちらの真意がなんとなく伝わっているようで、地道なローラー作戦も意味があることだなぁと思ったりします。

一方、そろそろポスターやチラシなどの原稿もつくり始めないといけない時期になって、石見銀山の企業や事業主さんを訪問しながら、写真データを集めつつあります。
このところ暑かったり寒かったり、不安定な天気が続いていて、せっかくの美しい新緑をなかなかいい条件で記録することが出来ません。

キーポンも定期演奏会のチケットをもってアチコチウロウロしているし、父娘そろって何か似たようなことやってるようで複雑な思いです。
そのうえ、彼女の方は、ワイフの協力もあって既に20枚以上売り上げているようだし、孤軍奮闘のオヤジはどんどん引き離されています。
今日あたりは、カラー印刷等を駆使して巻き返しを図ろうと企んでいるところです。

はたして成果のほどは如何に!乞うご期待!!

IMG_7270.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

助成金交付決定通知到着 

2013/04/17
Wed. 06:13

待ちに待っていた石見銀山での現代彫刻小品展とワークショップ開催事業の助成金交付決定通知がやっと届きました。
これで本格的に活動開始です。
まずは後援、協賛、共催など各種各所依頼からスタート。
石見銀山を中心に早速10箇所くらい回ってきました。

気がつくと日暮れが迫っていて、そのままキーポンを迎えに高校まで移動。
彼女の方は、今週末の定期演奏会まで最後のふんばりどころ。
父娘そろって緊張感が増してきました。

相変わらずマイペースなのは我が家のネコチャンズ。
毎日飽きもせず、食べて寝て遊んでいたずらして暮しています。

さて、今日はこれからキーポンを学校まで送った帰りに、ぐるっと大回りをして関係各所の寝起きを襲ったりしようと思っています。

IMG_7263.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

和尚走る 

2013/04/16
Tue. 06:55

万善寺は、島根県と広島県の県境あたりに位置する末寺で、そこの住職を務める私は、まさに山寺の和尚さん。

その山寺から車で片道30分チョットの広島県の町まで七日勤めが始まったのが先週のこと。
葬儀の朝は雪が降ったりしてビビリ上がった私も、初七日はポカポカ陽気で絶好のドライブ日和。
ポンコツ君も気持ち良さそうで走りも快調。

施主さんご自宅には、葬祭場から用意された三つ具足などの仏具がそろった仮の祭壇も出来ていて、仏事に縁のなかった施主さんへ色々今後の流れをお話してからお経を読んで帰路につくまで1時間。

現代彫刻小品展の後援やら協賛などの依頼書類を作成したり、各所にお願いしてまわったりしないといけない時期になっているのでそちらの方も気になるし、週明けの予定を考えると、帰りは直接石見銀山へ向かうことが得策。

広島県のその町から日本海にそそぐ江の川の岸に沿ってひたすら自宅をめざして北上。
周囲の山々に広がる新緑の萌黄がとてもキレイでした。

IMG_7245.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

携帯電話と手帳と日曜日 

2013/04/15
Mon. 09:47

おかしな話ですが、月曜日なのに久々の休日のような気がします。

それにしても、先週はいろいろあったなぁ・・・
長い間の積み重ねも、1回の失敗で全てが水の泡・・ということは気持ちでわかっていても、実際その状況に直面すると、もう何にも出来ないし、取り返しようもないし、もちろん時間を取り戻すことも出来ないしで、あきらめるしかない訳です。

自分の失敗など、サッサと忘れてしまってやり過ごすのが一番いいと思って早めに寝ていたら夜の10時過ぎになってなっちゃんから電話。
彼女はよく仕事帰りの駅から自宅まで歩きながら電話をしてきます。
内容は結構過激だったり他愛なかったり色々ですが、オヤジとしては名指しで電話してくれるだけでも密かに嬉しかったりします。
そんなわけで、眠気もすっかり消えてしまって、さぁまた寝ようかと思ったら、忘れかけていた失敗を思い出して目が冴えるばかり。
結局、寝つけないまま3時過ぎまで夜更かししてしまって、今朝は若干ボォ〜っとしています。

今回の失敗グッズが携帯と手帳。
話せば長い話を摘んでしまうと、ようするに携帯を寺のロフトへ忘れてしまったと思いこんでいたということが発端。
その携帯が、実は車の床に落ちていたということ。
それに気がついて一瞬喜んだものの肝心の必要な電話番号を入れわすれてしまっていたということ。
それに、いつも持ち歩いている手帳に大切な情報のメモをとっていなかったということ。
そのことが原因で、結局石見銀山まで帰宅しないと大事な約束の変更を知らせることが出来なくて迷惑をかけてしまったということ。

私がはじめて携帯電話を持ったのは、石見銀山へ移り住んですぐの頃。
最初の機種から数えて4代目くらいの、骨董品にもならないような電話をいまだに使っていますが、今回のようなことがあると、いつの間にか携帯電話が便利な電話帳やメモ帳代わりになっていることがよく分かった気がします。
それまでは、必要なメモをビッシリ書き込んだ手帳を携帯していて、それが唯一の通信データになっていました。
手帳一冊で急を要する連絡など、全く不便を感じることもなく、だいたいの用件を問題なくやりくりしていたように思います。

この20年の間に、ずいぶんと便利になったと感じつつも、今回のようなことがあると、グッズの細分化が進みすぎて使い方を一つでもミスすると、連鎖的な不具合が生じてしまうということを実感しました。
一見便利に使っているグッズも、一方でそれに振り回されているように思ってしまうのは単なる気のせいなのでしょうか・・・

IMG_7256.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

一杯の・・・ 

2013/04/14
Sun. 03:22

どちらかといえばお酒は嫌いなほうではないので、目の前にあるものを分け隔てなくいただかせてもらっています。
もう、1年くらいは前のことになると思いますが、島根県大田市出身の写真家藤井保さんが飲んでいらっしゃったシングルモルトを相伴する機会があって、その何とも奥深い香りと味わいが忘れられないまま過ごしていたら、それからしばらく経って何と藤井さんご本人からわざわざ吉田宛に1本送ってくださいました。
もう何にも代えがたいほどありがたいことで、封を切るのももったいないし、ご一緒させていただいた時のことを思い出しながら家宝にしていたのですが、ついに我慢も限界がきて開封。
それ以来、何かの記念日を当て込んだシングル一杯のシングルモルトが何にも代えがたい楽しみの一つになりつつあります。
そして今、飲みはじめたのがグレンリベット 12年。
藤井さんのボウモア12年とは全く違う味わいで、益々シングルモルトの深みにはまりそうです。
とは言え、日常の生活ではそうめったに口に出来る訳でもないので、私にとっては超高級品。
キッチリ良い仕事をして、堂々と晴々と一杯飲める機会が少しでも増えるといいなあと思いつつ、一方でつまずきっ放しのドジばかりやらかして一杯の敷居は高くなるばかり。
世の中なかなか上手くいかないものですなぁ・・

IMG_7241.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ドタバタ坊主 

2013/04/13
Sat. 07:45

このところ珍しく仏事が多くて、そちらの準備などしていると、現代彫刻小品展の準備の方がいっこうにはかどりません。
特に忙しい訳でもないのになんもかんも一人でこなすしかないので、色々と寄せ集まって重なってしまうと、目先の優先順位が高いほうから片づけるしかなくて、最近は、しょっちゅう墨を磨っているような気がします。
書を趣味にしている近所のおかみさんが、私が書きなぐった塔婆を持ってウロウロしているところを目ざとく見つけて、墨のことやら筆のことやら話題になって、立ち話に熱が入ったりして、若干焦り気味の私もしばしのお付き合いをしたりしないといけなくなったりして、なかなか落ち着かない毎日が続いています。

IMG_7221_20130413074358.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

冬がきた 

2013/04/12
Fri. 07:14

通夜からの帰りに雪が降り始めた赤名高原は、一夜明けると一面雪景色。
その中を、朝早くからノーマルタイヤでお葬式まで出かけなければいけません。
施主さんと電話で善後策を打ち合わせして、最悪途中の島根県側峠で立ち往生したら広島県側からタクシーをよこしてくれることになって、まずは万善寺出発。
道中、長距離トラックと地元の通勤車のお陰で、そのお尻にべったりくっついて走らせてもらって、ひとまず峠越え成功。
この度は、いきがかり上、導師一人で葬儀を仕切ることになって、鐘に木魚に回向に導師に何やかやと忙しいことになって、仏具や法衣などの荷物を左右の肩に背負って、物々しい格好。
雨が降ろうが雪が降ろうが、傘を持つ手が余っている訳もなく、なにやら怪しげな格好をしてドタバタと斎場まで駆け込んだのでありました。

やれやれ・・・4月に入ってこれですよ・・
修行もいいかげんな軟弱坊主の心は、世間の試練に耐えられなくて、ポキッと折れてしまいそうです。
もう、すでに足首は剥離骨折してるし・・・
先が思いやられますなぁ・・・

IMG_7236.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

四月の雪 

2013/04/11
Thu. 06:06

このところ公私共に仏事が重なって、一方は組内のお手伝い。一方は万善寺のおつとめ。
微妙にそれぞれの時間をやりくりして都合をつけながら、それでも何かしら避けられない事情で迷惑をかけながらの慌ただしい毎日を過ごしています。
そんな訳で、現代彫刻小品展の準備も手付かずのまま停滞。
そうこうしているうちにメールの送受信に不具合が出てきて現在通信不能状態。
なにやらオヤジの周辺の雲行きが急に怪しくなりはじめて若干ビビっているところであります。
昨夜も、寺から片道40分の街まで通夜に出かけて、夜も9時近くになって帰宅途中、中国山地てっぺんの県境トンネルを出たら吹雪。
すでに4月に入って桜も時期を過ぎ、入学式も終わったというのに、寺の辺りでは雪が降っています。
もっとも、陰暦だとやっと3月に入ったばかりのことで、そろそろ桃の節句がやってくる・・といった時期。
このような季節の変わり目は、新旧の歴を年頭に、諸々世間を引きぎみに眺めておいたほうが無難なような気もする今日この頃であります。

IMG_7226.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

大森小学校入学式 

2013/04/10
Wed. 06:54

現代彫刻小品展の準備も本格的に始まったばかりではりきっていたら、万善寺の組内にお葬式が出来てそのお手伝いで2日間彫刻展業務中断。
夜伽や通夜に告別式と続く葬送次第の間隙を縫って大森小学校入学式へ出かけてきました。
1年を通してほとんど袖を通すことのない礼服が、略儀仕様であってもそれなりに慶弔ごとで大活躍して、何ともあわただしい毎日が過ぎています。

大森幼稚園を卒園したかわいい3人がそのまま揃って新1年生になって大森小学校入学することになりました。
今年で在職4年目を迎え、石見銀山の暮らしにすっかり溶け込んだ校長先生をはじめ、新旧の大森小学校職員のみなさん大はりきりで、祝辞やら教科書贈呈やら校歌斉唱やらトントンと調子よく進行し、とても微笑ましい入学式になりました。

3人の入学式に来賓13人はいつものノリ。
石見銀山の地域を上げて小学校を守り育てている様子がとてもよく伝わってきます。

IMG_7216.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

何やってんだか!? 

2013/04/09
Tue. 07:31

キーポン目出度く2年生。
オヤジは、例の足首剥離骨折で通院日。
寺から電話で何事かと思ったら、組内自治会のお葬式ができてお手伝い。
あわただしくアチコチ移動して、寺のロフトに落ち着いたのが夜も9時を回っていました。
さて、そろそろ日にちも変わるし寝ようかと思って着替えたりしていたらキーポンから電話。
「おとうさん、メール送ったからすぐ見テェ」
まったく、勉強してるかと思ったら・・・
オヤジの留守をいいことに四畳半のマイデスクは占領されるし、進級早々勉強もしないでどうでも良いことセッセとやってます。
「先が思いやられるわぁ〜」・・と思いつつ、思わずニヤついてしまいました。
あぁ〜〜、いつの間にか我が子達も大きくなったもんだなぁ〜・・・

さて、今日はこれから大森小学校入学式。
夜明けとともにお寺を出発して、先ほど石見銀山へ到着したところです。
夜は通夜だし、またまたあわただしい1日になりそうです。

image_20130409073000.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

吉田家四畳半攻防戦 

2013/04/08
Mon. 07:28

いよいよ本日、キーポンの新学年がスタートです。
クラス替えもあるし、担任の先生も代わるだろうし、なかなかあわただしい始業式になることでしょう。
・・・というより、その前日になって駆け込み勉強を始めた何とも計画性の無いキーポンがどんどん私のデスクワークを侵略しはじめて、結局夕食が始まる頃には身体半分テーブルから追い出されてしまいました。
まったく、高校生にもなってこんな状況で勉強している始末。
先が思いやられますなぁ・・・
まぁ、そんな劣悪な環境の中、現代彫刻小品展の出品状況をデータに置き換え整理作業を続け、ひとまずおおむね片づいたところです。
これから一週間は、もろもろ書類作成が続きます。
明るい間は工場通い。あとは夜なべで事務仕事・・と計画していますが、強力な侵略行為を何とかして阻止しないと、それも危うい。
そのうち隣からミサイルでも発射されてしまったら、ひとたまりもなく撃沈です。
何とかして、和平交渉をしようと、布石も兼ねてチビチビためていた図書カードをプレゼントしたところですが・・
「あっ、ありがとう!うれしいわぁ〜」
といってはくれたものの、状況の好転ならず。
キーポンはこれから、入学式で吹奏楽の演奏があって、それから課題テストに突入。
吉田家四畳半の攻防は益々激しさを増しつつあります。

IMG_7207.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

吉田家今時事情 

2013/04/07
Sun. 09:15

世間の情報で大騒ぎになっているらしい週末の天気ですが、石見銀山や寺の方ではそれほど大荒れしているわけでもなく、
「さすがに、改良衣を着ているときくらいは傘でもさしておこうか・・」
程度に気を使うくらいで、
「チョットそこまで出かけてくるか・・」
程度のことでは、少々雨にぬれても気にならないほどの状態が続いています。

部活の連続で春休みも無いキーポンは、始業式の前日になって突然1日休部が決まって、手つかずのままだった進級早々の課題テスト勉強に若干余裕が出来たと安心して、結局朝寝をむさぼり、今のところ全く起きる気配無し。
なかなか先が思いやられます・・・

年度が変わった新学期早々、そのキーポン所属の吹奏楽部定期演奏会が、一年以上続いた耐震補強工事完了新装オープンの大田市民会館で開催されます。
かわいらしい爽やかなポスターも出来上がって、雨のあたる吉田家掲示場所へ貼り出されました。
隣には、行政の支援金打ち切りで、目出度く天下の無認可幼稚園に昇格した大森幼稚園の園児募集ポスターがラミネート加工されて貼り出されました。
そろそろ築50年を越える木造校舎の大森小学校平屋管理棟の一隅を改修した幼稚園は、木造でありつつ耐震基準をあっさりクリアーしたというなんとも不思議な建造物であったりします。
このような環境で我が子をノビノビと育てることなど不可能と思われるほどの珍しい幼稚園であるとも云えます。

学校始業式の日は、釈迦降誕会(属にいう花祭り)であります。
いずれにしてもあれこれ何かと慌ただしくはじまった新年度です。
現代彫刻小品展開催まであと2ヶ月と迫っていたりもします。
少々の天候不順でへこたれているわけにもいきませんね。

IMG_7201.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ビックリ! 

2013/04/06
Sat. 07:28

もたついていたホームページをやっと開設し、皆様にブログやfacebookでお知らせしたら、彫刻の情報ばかりのホームページへ何とその日のうちに10件以上のアクセスがあって、もうビックリ!
だいたいがシャイでチキンなうえに、人付き合いも面倒がってしまう吉田のことですから、当然友達も少なくて、気がつくと1日のうちに会話したのはワイフとキーポンの二人だけだった・・・ということなどしょっちゅうの暮らしぶりで、この反応は驚異的な数字であったりもします。
いやぁ〜〜、誠に誠にありがたいことです。
これから、久しぶりの万善寺お檀家さんのご法事がありますが、それが終わったところで、少しずつ現代彫刻小品展へ彫刻提供していただいた作家の皆様宛にホームページ開設のお知らせなどメールしようと思っていたところです。
なかなか幸先の良いスタートをきれたことで、メール送信の手間も苦にならないどころかむしろ楽しみになって、今日は朝から何となくウキウキしています。

なにわともあれ、市役所へ事業申請書も提出したし、気の重いひと仕事がおおよそ片づいたことでもあるし、世間も少しずつ温かくなって過ごしやすくなってきたし、吉田家のネコチャンズも抜け毛がひどくなってきはじめたし・・・というわけで、半年ぶりにネコチャンズの洗濯をしたところです。
なかなか大騒ぎになりましたが、気持ちの切り替えが上手な彼らは、濡れた毛も乾かないうちから夕ご飯をガッツイて食べたり、人間達が寝てしまった夜中に大運動会を始めたりと、いつもと変わらない暮らしぶり。
さぁー、オヤジも彼らの向こうをはって、キッチリ心機一転つっぱしるぞぉ〜!

IMG_7196.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

おそくなったけど・・・報告! 

2013/04/05
Fri. 01:11

このところワイフの機嫌がすこぶる悪い・・・
原因はだいたいわかっていて、私が一日中家の中でゴロゴロしていて、食事の時だけノコノコと四畳半から出てきて、あとはPodcastのクラシックかジャズを垂れ流ししながらパソコンとにらめっこばかりで一日を終わって、夕食で一杯飲んで、気持ちを切り替えて映画か CBSやらBBCやらFOXやらを1〜2時間見て、文庫本の短編を1〜2編分読んで、頭の興奮が落ち着いたところで就寝・・・といった毎日を続けていることが目に付いてしょうがなく、それがしだいにイライラに変わって機嫌が悪くなってしまうといった案配は、当たらずといって遠からずだと、勝手に思っている訳です。

このような毎日を送っていても、定期収入に直結する仕事になっていないことはもわかっているのですが、だからといって決して怠けて遊んでいる訳でもないと思っているし、今はとにかく踏ん張って自分でナンもカンもやりくりしないといけないときであったりもする訳で、言い訳のように感じるかも知れないけど、やっぱり朝から晩まで慣れない物書きで頭を使っていると、その間の緊張感は結構なものでもあるわけで、いい年こいて脳みそを使いすぎたせいなのか知恵熱まで出てしまったりすることもしばしばだったりします。

自分でいうのもなんだけど、さすがにこの歳になると体力は衰えたなぁと感じたりしますが、集中力と持続力はまだまだ十分持ちこたえられていると思っています。
そんなこんなで、完成度のレベルは期待できないかも知れませんが、ひとまずてこずっていた現代彫刻小品展のホームページを動かすところまで漕着けました。
興味や趣味の程はさておき、せめて一度くらいは覗いてくださると嬉しいな。

気がつけばすでに週末。
来週からは気持ちを切り替えて工場通いを再開して、まずはクラフトの仕事から始めようと思います。

年度もかわった今ごろになって、ひとまず動き始めたホームページです。こちらからどうぞ・・・

http://tetujin.juno.bindsite.jp/moore/

IMG_7059.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

石見銀山石彫ワークショップのこと 

2013/04/04
Thu. 09:24

彫刻展の事務作業がやっと動き始めました。
助成金の採択通知が届いたので、その様式にのっとって必要箇所をうめた後、提出窓口まで持参することになります。
もう少し早く動きたかったのですが、何せ先立つものが無いものですから、もろもろ後手に回ってしまった感じです。

一番の問題は、講師の抑えが出来なかったこと。
いまだに正式な依頼が出来ないでビビっています。
これで今さら都合が悪いなどと断られてしまったら、今度の企画も空中分解です。

次の問題は、講師宿泊場所。
今年は、彫刻展と同じ時期に石見銀山町内各所で様々な企画イベントが開催されるようです。
その中で、私の方はどんどん出遅れている訳ですから、町内での宿泊も難しいどころか、近隣のビジネスホテルも押さえることが難しい状態です。

それから次の問題は・・・・などと、アレコレ考えはじめたらきりがなくなってしまうので、ひとまずは講師依頼あたりからキッチリおさえていこうと思っているところです。

今年の目玉は、彫刻の公開制作。
昨年に引き続いて「福光石(ふくみついし)」を彫刻素材にして掘り下げていこうと思っています。
これからしばらくは、吉田の私設ブログも石見銀山彫刻展がらみの経過報告が増えていくことになるでしょう。
興味の無い方々にはつまらない話でしょうが、暇つぶし程度に付き合ってやってください。

IMG_4241.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

吉田家の新年度 

2013/04/03
Wed. 08:59

石見銀山はこのところ花冷えの日々が続いています。

3月の終りのいい天気に、昨年の秋から酷使していたストーブの煙突を掃除して、
「シーズン中よく頑張ってくれたネ!」
とねぎらいの言葉をかけたところだったのに、何のことはない、結局はいまだにダラダラと薪をくべていて、ストーブに火がついている間は、我が家のネコチャンズもその周りでウロウロゴロゴロ。
おかげさまで、書斎のデスクワークは結構集中出来るので都合が良かったりもしますが、ようやく春の暖かさに慣れ始めたジジイに近いオヤジとしては朝方の冷え込みが少々身体にこたえます。
ワイフの方は世間が寒いわりには相変わらず花粉症と鼻炎がひどくて、1日中体調不良が続いて辛そうにしています。
キーポンは、中学校のスプリングコンサートへゲスト出演してから、高校の定期演奏会準備が本格的になって、本当は春休みのはずなのに、家庭学習もしないで朝から夜まで部活三昧。
このままいくと中だるみの2年生がはじまって、勉強の習慣もだらしないまま、アッという間に3年生になって、気がつくと部活引退・・というような将来がチラチラ見えて来て、オヤジとしては、若干不安がつのります。
何をやってるのか皆目見当もつかないじゅん君は、この2・3日ウロウロ出入りの激しい日々が続いた後、5年前まで暮らしていた岡山の方へ引っ越していきました。
もうそろそろ30歳になろうとしているのに、昔ながらの甘えん坊は一向に改善もみられず、子供のまま年だけを重ねているようにしか見えてきません。
いまさらくどくど小言を言っても、素直に聞いてくれるわけでもないし、オヤジとしては静観するしかないと思っています。

まぁ、そんな感じで今日も1日がはじまったところです。
彫刻展の方は、助成金採択は通過したものの、その後の進展があまりにもスローペースでイライラがつのる一方。
これで自己資金でも豊富にあれば、誰にも頼らないで余裕を持って思い切ったことが出来るのですが、何か資金母体に都合良く遊ばれているような気がしてしょうがありません。
内も外も、今が踏ん張りどころ・・・といっても、まともに踏ん張りきれまいまま痛い足を引きずって這いずり回っています。

IMG_7192.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

桜満開 

2013/04/02
Tue. 09:48

早いもので既に4月。
毎月恒例の東堂老師さん通院が早々から入って、予約時間の30分前に万善寺庫裡玄関へ横付けしかけてたら、東堂さんの方からヨチヨチ車まで歩いて来ています。
思えば、昨年の夏は食事もまともにとれないほど弱っていたのに、ずいぶんんと元気を取り戻したものです。
私の方は午後からはお墓の移転撥遣のおつとめが入っていたので、少しでも早く寺へ帰りたかったのですが、結局薬をもらったりしてあれこれ用事をすませていたら軽くお昼を回ってしまって焦り気味。
いずれにしても、年相応それなりに元気になったことは目出度いことでありますが、こちらとしても、年金暮らしの老夫婦を支えるだけの体力が無い上に、我が子の面倒もまだまだ残っている状態で、日常の暮らしもなかなか厳しいものがあります。
思い出すと東堂さんの最初の発病が50歳を過ぎたあたりで、その頃の私は東京暮らしがはじまってやっと3年目。
当時のことですから、東堂さんも結局生命保険に入る資格を失ってそのまま現在に至る。
島根に帰った私がやっと石見銀山へ落ち着いた頃になって、今度はおかみさんが倒れて救急搬送さわぎ。ほぼ1日近くかかった大手術を乗り越えて、今は拒絶反応もないまま馬の心臓が動いています。
そんな二人の老後の暮らしを支えているのが、何とも不甲斐なく頼りない私なのであります。

まぁ、愚痴にもならないようなことをつらつら考えつつ銀山街道の復路を走らせていたら、往路では気付きもしなかった「さくら街道」ののぼり旗が道の両脇ではためき、九日市の町筋には立派なしだれ桜が満開に咲き乱れています。
せっかくだからと、わざわざ車を止めてしばし桜見物。
色々あっても、満開の桜が目に入っただけで元気になれたような気がします。
今日の石見銀山は朝から雨模様。
あの満開の桜も、昨日あたりが最後の見頃だったのかも知れません。

IMG_7190.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

裏庭の桃の木 

2013/04/01
Mon. 07:43

吉田家が現在の家へ引っ越しする前から枝を広げていた桃の木がどうやら枯れてしまったようです。
今年の春は、お彼岸のあたりから急に冷え込んで、朝霜が降りたりする日も多かったので、せっかくの花芽がダメージを受けたのじゃないかと心配していましたが予想は的中で、石見銀山の桜はほぼ全滅状態でガッカリ。
桃の木も最初はそんなところだろうと、少し注意深く眺めていたのですが、枝先の変化がないことに気がついて確かめてみると、もうカラカラに乾いた枯れ木状態。
申し訳程度に水を吸い上げた数本の枝木の先の方で桃色のつぼみが膨らみ始めているくらいで、何となく寂しい春になってしまいました。
思えば昨年の夏は、町の古老も経験しないほどの猛暑が続きました。
それでも緑の葉が茂り、秋になって落葉し、いつもと同じ冬を迎えていたとばかり思っていたのですが、残念です。
吉田家にとってはとても大切な思い出の木の一つですから、何とか再生して生きながらえてほしいものです。

IMG_7187.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2013-04