FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

想定外 

2013/08/02
Fri. 05:38

もうここまで来ると「想定外の・・」とか「記録的な・・」とかの飾り文句も通用しないほど普通になって来た「局地的集中豪雨」のおかげで、寺の手間替えお務め臨済宗施餓鬼会(長いけど意味分かりました?)に出かけるのも大変。

8月に入っていよいよお盆務めのスタートです。
毎年、組寺や坊主の頭数の動員でお世話になっているお寺さんへ、お盆勤めの手間替えに出かけます。
1日は、臨済宗の古刹長栄寺さんのお施餓鬼。
万善寺からは20分の距離。
石見銀山からは1時間の距離。
今年は、彫刻展のこともあって、いまだに石見銀山の吉田家でウロウロしているので、法要に間に合う為には1時間の通勤(?)時間を確保することになります。

そんな感じでいつも通りはじまった8月1日でありましたが・・
夏休みになってからキーポンの送迎を変わってくれたワイフのおかげで、朝のひとときに若干余裕が出来てのんびり衣の準備などしていたらキーポンからいやにしおらしい作り声で電話。
「おとうさん、忘れ物したの。持って来てくれない?」
嫌だとは云えないし、丁度給油もしようと思っていたので、ついでということで豪雨の中、それでもいつも通り吉田家を出たところまでは普通。

まぁ、とにかく慣れてきたとはいえ、普通ではない豪雨の中を走っていると、土砂を巻き込んだ増水が至る所で道を横切っています。
それでも何とか往復して、改良衣に着替えて断続的に続く豪雨の石見銀山の自宅を出発すると、アチコチで斜面が抜けて崖崩れで片側通行。道がエグレて片側通行。極めつけは、
「この先で道が無くなったので通行出来ません。迂回して下さい」
おまわりさんの指示が出て迂回。
あぁ〜〜、万善寺への通勤道が無くなってしまいました。
何時もだと40分で到着の距離がその倍。
30年ほど前の道路事情に戻ってしまいました。

そんなこんなで夕方まで島根県東部を中心に改良衣に雪駄履きのままウロウロして、初七日のお務めなどもこなして、約束のレンタカートラックを借りられた時は、すでに暗くなり始めていました。
改良衣で2tトラックを運転するハメになったのは、後にも先にも今回がはじめて。
コレこそ正に「想定外」
またまた鍛えられた1日になりました。

IMG_1768_20130802053359381.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2013-08