FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

割愛 

2013/08/10
Sat. 07:11

「お仏壇を持ってきてもらう日取りが決まったんですが、おつとめはやはり大安がいいんでしょうか?」
おかみさんが、数日前から○●さんの仏壇の話で、どうとかこうとか、ああしろこうしろとか、老僧がどうするこうするとか、正純はなんじゃかんじゃとか、よく解らないゴドゴド話をしています。
お仏壇のことは、もうずいぶん前の新築の棟上げ式の時に施主さんから直接私が聞いているから、おかみさんは「心配することないからね」と云ってあるのに、自分が仏壇話の電話を受けたものだから、万善寺の老僧と正純を差配の妄想が芽生えて、私の顔を見ると、しばらくその話題がリピートされて、若干うんざりしていたところです。

そのお仏壇の開眼(点眼ともいう)法要を、棚行の合間を縫ってしておきました。
今どきお仏壇の設置などは、ほとんどが坊主抜きで勝手に自分たちですませます。
よっぽどお寺さんと親しくお付き合いしていたり、身内の長老から習わしを聞き込んでいたりするお宅でないと、ひとつひとつの仏事をおさえて次につなげるようなことは希。
何でもかんでも都合のいい「割愛」が増えています。

そんなわけで、棚行の予定が若干乱れたものの、おおむねひと通り午前中で済ますことも出来て、午後からは前日に続いて現代彫刻小品展会場受付。
あらかじめ打ち合わせをしておいた受付のオネエサンも初日でさぞかしドキドキだろうと、勝手に気遣って出かけてみると、何のこともない、のりちゃんと二人で仲良くにこやかにおしゃべり。
受付業務も、なかなか向学心があるし、博学で機転も利いて、私など出る幕無し。
石金事務局長さんが適材をさがしてくれて大助かりです。

私の寺暮らしも1週間ほどになると何かと不具合も出てきて、その調整も兼ねて久々に石見銀山で一夜を過ごしました。
久々にネコチャンズの顔を見ましたが、彼らはポーカーフェイスの無表情。
キーポンは特に勉強する気配もなくゴロゴロ。
ワイフはいつものように忙しそうにドタバタ。

オヤジの書斎は彼らに完全に占領されていました・・・が・・・・
あぁ〜〜、この何気ない日常の暮らしが良いんだよなぁ〜〜

そうそう、仲良くお付き合いをさせてもらっている彫刻家から旨い梨が届いていました。
その梨をかじりながら、久々に吉田家ルームシアターでキーポンチョイスのアニメ映画を観ました。
内容は、森林破壊の環境問題。
結構重たいですね。
まだまだ小さい子供のうちから、こういうことを覚えることって必要だと思いつつ、一方で裏に隠された説教臭さも見え隠れしたりして、オヤジの心は世間の垢で汚れてるなぁと反省。

こんなシンプルなメッセージは、複雑にこね繰り回して泥沼にはまりこんで抜け出せなくなって暴走しているいる何処かの政治家へ見せてやりたいものです。

写真

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2013-08