FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

現代彫刻小品展搬出終了 

2013/08/15
Thu. 07:14

万善寺のお盆二日目の朝が爽やかに明けました。
このところの猛暑は、地元のみさんにも過去に経験がないほどのもののようで、棚行の先々で「お暑うございます」とか「この暑さじゃなにもできません」とか、そんな会話から始まります。
一方で、米の出来は今のところすこぶる順調で、「このまま台風が来んかったら、収穫量ふえますでぇ~。政府も米とれすぎて困るでしょうなぁ~」などと、心配のネタが変わってきているようです。

この近年、棚行の状況に少しずつ変化が見られます。
訪問のお宅にお留守が増えたことと、帰省のご親族を見かけなくなったこと。
私が住職を引き継いでから、特にそう感じるようになりました。
色々理由もあるのでしょうが、一番の原因は世代交代の代替わりと思われます。
少し前までは、身体が動かなくなって外仕事も十分に出来なくなったお年寄りには、家守りの役割が順当に回ってきて、お盆月になるとお仏壇の掃除をしたり、飾り付けをしたり、お盆休みで帰省する家族の布団を干したりしながら、棚行のお坊さんをお迎えすることが当たり前でした。

坊主にとっては、ほとんどのお宅が1年ぶりの再会になるので、一杯のお茶を飲みつつ、家守りのお年寄りと会話しながら空白の一年間をうめることで、だいたいの世間事情が掴めたりしていたものです。
「あの家にゃぁ、息子さんが会社で偉ろうなったゆうことで、今年からはお盆に帰れんようになったんだそうですでネ」
「はぁ~、そりゃぁ~どがしてですか?」
「ウチも良う解らんがノ。なんでも、会社は盆だからゆうて休む訳にもいけんで、若い社員の盆休みを優先するんだそうですがネ」
「そうなんですかぁ~。ご家族も多くて、棚行で回ったりすると庭先でバーベキューやらして賑やかだったですがねぇ。まぁ丁度昼時だし、旨そうな匂いがして、まともにお経も読めんほどでしたがねぇ」
「そが、そがぁ~、賑やかでしたがぁ~・・。今年なんかさびしいものですでネ。こがぁに暑けりゃぁ、年寄りが昼のうちから家出ることも出来ませんけぇねぇ。ご主人無くされてから、ずぅ~っと一人で息子さんの留守まもっとられんさったがなぁ・・あれじゃぁ~、もう息子さんも結局帰ってこられんでしょう。向こうで家たてたように話とられましたけぇねぇ」

今年の棚行も今日で最終日になります。
だいたいがどこへ行ってもそんな調子で、すでに昨年から10軒近くがお留守になっていて、寂しい限りです。

昨日は現代彫刻小品展の搬出日で、夕方になってワイフから報告を受けました。
「あんたがいなから、みんな大変だったけど、良く働いてもらえましたよ。お盆の時期に展覧会は来年は難しいと思うよ。みんなそれぞれに予定や計画があるんだし・・」
・・・まことにごもっともそのとおりでございます。
みんなそれぞれ生活も立場も違いますから・・・八方丸くおさまるような計画など出来る訳もないことは十分に承知しているつもりです。
お手伝い頂いた関係の皆様・・・ありがとうございました。

IMG_1813_20130815071241e6e.jpg

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

2013-08