FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

イマシメ 

2013/10/06
Sun. 08:32

一夜明け、1日中降っていた雨も上がって運動会日和。
さぁ、今日は石見銀山9つの自治会と大森小学校と大森幼稚園が一緒になって、秋の町民運動会当日。
ワイフは、6時前から起きだしてお弁当を作っています。

試験が終わって4日間ほどで仕立てたバッハなどの吹奏楽演奏が終わって、夕方からはピアノ教室と、盛りだくさんの1日をこなしたキーポンは、夕食が終わって気がつくと例の如く四畳半のオヤジの書斎へころがりこんで、デスクワークのお伴で使っているシュラフやクッションを寝床代わりに爆睡。
お隣さんほどの近所に暮らす絵描きおねえさんと、夜中遅くまで三原谷のアートイベントの件で色々打ち合わせをしているのに、オヤジの隣で寝返りも打たないし目も覚めないまま結局朝まで眠り続けて今に至っています。

このところ、休日の度に色々な行事が続いて、彫刻制作が遅々として進みません。
自堕落で軟弱なオヤジは、このままだとアレコレ口実をつくっては楽な方へ流れてしまいそうなので、そのイマシメも込めてデスクトップに彫刻のゴミを貼付けてみました。

何をもって「美的」とするか・・
同じ素材でも、見方を変えると印象が違って受け取られることがよく分かります。
その日の気持ちの変化や、日常の暮らしに生ずる心のゆらぎが、ときどきの感覚を刺激していることがダイレクトに伝わります。
ものの見方や接し方の大切さを思い出したような気がします。
対象を「記号」と認識して見逃している事があまりに多い事でしょう。
五感に触れるものに「無感動」になっている自分がいるように思います。

IMG_0295.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2013-10