FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

塩漬け 

2014/01/09
Thu. 09:02

案の定、キウイを収穫したすぐあとから雨が降りはじめました。
これからどんどん気温が下がって、雪になるんだろうなぁと思いつつ、今年の始めに若干模様替えをした書斎に閉じこもって、延び延びになっていた年始のお参りや年回の配布状況などを整理して、そのような事務処理を一段落させて外出すると、結構ひどい雨が降っているわりにはそれほど寒さも感じなくてちょっと拍子抜け。

田んぼの彫刻は冬の晴れ間をねらってひとまず移動配置を終わらせたので、少しばかり気持ちも楽になっていて、こういう時は、日頃気がつかないで見逃したり聞きそびれたりしていることがするりと身体に入り込んで、そのことで深刻に考えたり、過剰反応したりして、かえって精神衛生上不健康になってしまったりしてしまいます。
ひょっとして、毎日わきめもふらず、あれこれと忙しくしていた方が、むしろ気楽でいられるのかもしれません。

結局、1日が終わってキーポンを迎えに行くときも、雨が雪に変わることもありませんでした。
一夜明けた今朝も石見銀山は雨。
これから、万善寺の年回案内と今年のお札をくばりに回りますが、さすがに赤名高原の方は石見銀山のようなわけにもいかないだろうと予測出来るので、私も結界君も、身ごしらえと足回りはキチンとその気になって固めておこうと思います。

冬の雪のない街道を移動すると、相棒の結界君が全身見事に塩漬けされてしまいます。
前にでかいトラックでも走っていたら、それも倍増されます。
道に雪があって用をなす融雪剤も、雪のないときは邪魔者以外の何者でもありません。
冬タイヤを履き替える春先には、ホイルのボルトが完全に錆び付いてピクリとも動かなくなってしまっていて、素人ではどうすることも出来ないし、結局近所のスタンドや行きつけの車屋さんのお世話になるようなこともよくあります。
去年の7月から乗り回している結界君は、タイヤのボルトが4本しかないし、1本でもネジ山がつぶれたら、しばらくドック入りするしかありません。

雪も降ったら降ったで何かと苦労しますが、降らなければまた別の意味で難儀な思いをしたりします。
そんなことを心配しつつ、これから1日、結界君と万善寺周辺を一回りしてきます。

IMG_0005_20140109100249850.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-01