FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

彫刻入れ替え 

2014/02/28
Fri. 08:37

早いもので吉田正純鉄の彫刻展2月版が終了です。
3月からは、石見銀山町並みへ場所を移動して小品中心の彫刻展となります。
野外彫刻の方は、作家歴30年以上のベテラン彫刻家吉田満寿美の田んぼ彫刻が加わります。

彫刻の制作や搬入搬出展示移動など、彫刻がらみで仕事をしている時は、自分の頭の中は彫刻のことでいっぱいになっていて、心に余裕のない状態が続きます。
いつもは温厚なホトケの吉田で微笑みを絶やさないでいるのですが、そんな時は、自然と気難しくなるし、ワイフも含めて周辺の皆さんにいろいろ迷惑をかける事も多いので、一人で出来る事は他人に用事を頼まないで一人で片付けるようにしています。

石見銀山の町並みに面して玄関口のある吉田家は、観光ガイドさんのガイドポイントと、観光さんの写真撮影スポットの一つになっているので、日の高い昼のうちは自宅前で思うように仕事が出来ない状態です。
どうしても、気難しい顔つきでウロウロする事になってしまって、そんな顔つきの変化に自分でも気がついてしまうものだから、皆さんの気分を害さないように、薪運びなどの用事はできるだけ夕方日が沈む頃になってから玄関の出入りをするようにしています。
それでも、たまには観光さんと玄関先で顔を合わせることになったりして、気難しい顔つきのまま無理矢理ニヤケた愛想笑いなどをしなければいけない時もあったりしてなかなか苦労します。
もっとも内心では、観光さんの方でも断りも無く他人の家をパチパチ写真を撮ったりしているわけですから、別に無理に愛想笑いをする必要も無いと思っていたりもするんですが・・

キーポンも今日から部活再会で、3月に入るとそれなりに行事も増えるし、いろんな意味で忙しくなりそうなので、今にうちにストレスを解消しておこうと、久々に映画三昧の一夜を過ごしました。
気がつくと、iTunesで映画の100円レンタル配信をやっていて、早速パクリと食いつきました。
「レイジング・ブル」や「チャンプ」や「ミリオンダラー・ベイビー」や、あの「ロッキー」など、ボクサー映画は、見応えのあるハズレの無い良い映画が多いので、今回の「サ・ファイター」も結構期待したところです。
マーク・ウォールバーグのおさえた演技も良かったけど、あのバットマンのクリスチャン・ベールがメチャクチャ良くてビックリ。これだけでも一見の価値はあるというものですが、かわいいジゼル姫のエイミー・アダムスがいい味出してるし、もう久々に堪能して、気がつけばワイン1本がほとんど空いていました。
ショービジネスの国アメリカは、役者の層も深くて厚いなとつくずく感じます。
普通に歌って踊れて演技が出来て当たり前ですものね。
1週間、何度でも観られるし、今夜もまた観ようかな!
もっとも、搬出や作品移動が上手くいったらの話しだけど・・・

IMG_0008_201402280937488b9.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-02