FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

小春日和 

2014/03/13
Thu. 08:51

今年の初午祭は久しぶりに春を思わせるようなポカポカ陽気になりました。
私が東堂さんから引き継いだころは、雪のパラつく寒い日が多かったことを覚えています。

豊川稲稲荷の祠を祀る万善寺では、旧暦に初午祭をしているので、毎年日にちがズレて、2月と3月をいったりきたりしてなかなか定まらないものですから、ご近所にお知らせするのも周知が難しいところです。
このような例年の催事は、寺の方から声高にお参りを呼びかけると云うより、檀信徒の皆さんお一人お一人の気持ちの持ち様で神仏を信仰し、願いを託すことであると思っているので、俗にイメージするあのにぎやかで大騒ぎする祭事とはずいぶん趣の違うおつとめになっています。
そのように考えている私の代になってから、ご近所さんのお寺参りが激減しました。
東堂さん夫婦も高齢ですが、お参りのみなさんも一緒に高齢化が進んで、お寺の参道の坂道が身体にこたえるのだろうと思ったりもしています。

奉納の五色ののぼり旗は、1年に1度の虫干しも兼ねて本堂濡れ縁の欄干にくくりつけました。
お彼岸も近いし、しばらく風に当てておこうと思っていますが、さて、こまめな東堂さんと変化を嫌うおかみさんがそのままにしておいてくれるかどうか・・・
準備から後片付けまで1日ドタバタと動き回って、幾つか用事をすませて石見銀山へ帰宅すると夜の9時を過ぎていて、遅めの夕食を終わって少し落ち着いたなと思っていたら、知らない間に記憶がなくなっていました。

屋根を叩く雨の音で目覚めるとすでに朝。
野外彫刻の田んぼ展覧会は今度の日曜日で終了です。
駆け込みで見に来てくれる友人から電話がさみだれに入ってきます。
ありがたいことです。
これから、雨が続いて明日には雪が降るようなこともいっています。
町並みの古民家を使った展覧会場は4月まで続きます。
そろそろオープンしてきましょうかねぇ・・

IMG_5421.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-03