FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ヤレヤレな一日 

2014/03/30
Sun. 02:52

まだ今のように雨が降る前のこと・・
万善寺の用事で改良衣の正装で結界君といっしょに出雲まで往復してきました。

おつとめのお経の方は、せいぜい30〜40分で終わるほどのことでしたが、そのために片道1時間の距離を移動することになります。
世間は春休みに入ってポカポカ陽気で気持ちがいいし、この時期の国道の風物詩で(でもないか・・)若葉マークがフラフラと沸き出しています。
無事にお経もよみあげてお茶を一杯いただいておいとまして、途中で久しぶりにMr.ドーナツへよって可愛い末娘のお土産を買って、それだけだとワイフに何か言われそうなので改良衣のままスーパーへよって2割引になっていた肉など買い込んで国道へ出てみると信号待ちから結構な渋滞になっています。
往路の時は別に工事もしてなかったし、何か事故でもあったのかとはじめは思いつつノロノロの車列に乗って流れていましたが、特に止まるほどの渋滞でもないし幾つかの信号に引っかかる程度でノロノロ状態が解消しないまま延々とダラダラ状態が続きます。

出雲市から大田市へ入る峠を登る前のところで原因がわかりました。
島根県を東西に走る一つしかない主要国道を40キロ足らずの速度で走り続ける軽自動車がいるのです。
もう何とも云えないほどの強烈な迷惑車です。
国道は峠にさしかかって延々と追い越し禁止が続くし、そのあとも対向車が微妙なタイミングで絶え間なくすれ違うし、追い越そうにも長蛇の渋滞だし、もう、ひたすら耐えるしかありません。

思うんですけど、これってほとんど犯罪じゃないでしょうか?
迷惑罪ですよこれは。
おかげで、いつもより20分も時間がかかって石見銀山の自宅前の駐車場につきました。
復路1時間20分は滅多にない記録です。
島根の田舎の渋滞はなかなか予測不能です。
いくら暇なオヤジでも、さすがにイライラしましたね。
これが証拠写真です。
中国からの光化学スモッグのせいもあって、はるか彼方のネック車は遠視の老眼鏡でも確認できないほどでした。

IMG_0423.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-03