FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

困ったものだ 

2014/05/01
Thu. 09:41

朝からドッと疲れて1日が始まった。
近所の中学校の写生会が石見銀山の町並みを会場に行われていて、ワイフはその講師で今日は忙しい。
1日中電動機付きレンタル自転車で町内を走り回ることになる。
キーポンは恐いお母さんがいつもより早く吉田家を出かけているものだから、ノンビリとシャワーを浴びたり髪を乾かしたり歯を磨いたり朝食をとったりしてなかなか登校する気配がない。
結局、このままだと遅刻するしかない時間になってノコノコと結界君に乗り込んできて、アッシーオヤジはいきおい運転が粗っぽくなる。
イライラしながら学校へ到着すると、駐車場はすでに閑散としていて毎朝のにぎわいもない。
まったく高校3年生にもなって困ったものだ。

帰りはクロネコの軽ワゴンに前方をはばまれて延々ノロノロ運転。
なんだかんだで帰宅したのは9時を回っていたから、そのまま夜なべまでして出来立てほやほやの現代彫刻小品展開催要項を郵便局まで持っていった。
それから、その現代彫刻小品展会場の利用申請届けを書きに寄り道して、受付のおねえさん相手に少しばかり愚痴話をして、変速機の無い折畳み自転車で坂ばかりの石見銀山町内をウロウロしていたら、ワイフが電動機付き自転車でスイスイ走っている。
朝の小1時間の間に吉田家現状の縮図を見たような気がする。
月が変わって早々からなかなか厳しい。

前の晩におおよそ現代彫刻小品展の書類を揃えて、封筒の宛名も印刷したりしていろいろ発送準備をしていたら、大事な書類の上で猫のクロがくつろぎはじめた。
机上の仕事をしているとシロが人の顔先をノンビリ横切るし、どうも人の仕事のジャマをしているように思えてしかたがない。
だいたいに猫はそういうところがある。

吉田家の猫達ははおおむねオヤジの機嫌を読んでいるから、激しく叱られる事もほとんどないが、たまにどうにも我慢できなくて切れる事がある。
公道をウロウロしているクロネコはそういうわけにはいかない。
時々お世話になってもいるし、我慢できなくて結界君をぶつけるのも大人げないし、ひたすら我慢を通すしかない。

大事な用事や忙しい時に限ってアチコチの猫どもに場の読めない行動をされる。
これもまた困ったものだ。

IMG_0725.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-05