FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

連休のワークショップ 

2014/05/05
Mon. 07:54

ワークショップの朝は雨になった。
結界君には、寺の草刈りをしようと道具を一式積んでいたのを思い出して、まだ薄暗いうちから雨の中を荷降ろしする事になってしまった。
ワークショップ用のA型看板は下ろすわけにもいかないので積み込んだままにしておいた。

今日は石見銀山から東へ30分ほどのところで春のイベント「とみやまカフェ」がある。
年に3回開催されるが、その春版になる。
クリエイティブな連中が集まって少しずつ組織化している仮称「やまにあプロジェクト」のワークショップチームがこの手づくりのアットホームなイベント「とみやまカフェ」に参加させてもらって、今回が2回目になる。

メンバーはみんな仕事を持っていて、その半分は土日祭日がかき入れ時の忙しい連中だし、収入になるようなワークショップでもないので、私のように年中暇にしているオヤジが彫刻の布教活動だと思ってセッセと準備作業などして働いている。
このようなことを地道にコツコツ続けていればそのうち誰かが興味を持ってくれて、展覧会を観ようと思ってくれるかも知れないし、比較的本格的な彫刻のワークショップなどやったら、ついでにそちらへも参加してもらえるかも知れないし、ヒョッとしたら勢い余って自分で彫刻を造りはじめるようになってくれるかも知れないし・・・などと、身勝手な妄想をしながら連休や万善寺をそっちのけでドタバタと動いているのです。
色々自分でやりたい事もあるだろうに少しの愚痴をこぼしながらでも私の無理を聞いてくれているワイフにも結構迷惑をかけているし感謝している。
いずれにしても、メンバーがそれなりに楽しんでくれて充実した1日になってくれることを願っている。
そうでないとこのようなめんどくさい事は長続きしないと思う。

萩で暮す陶芸家の友人内村さんが色々刺激になっている。
知合った頃はお互いの作風に引かれるものがあって、頻繁に行き来しながら共同で制作を続けたりしたこともあった。
今でいうcollaborationの走りのようなものだった。
そのうちお互いに子育てが忙しくなったり、お互いの作家活動の方向が少しずつ変化したりして、しばらくの間は年賀状のやりとり程度の疎遠になっていたが、10年ほど前に発起人の内村さんから萩の地元のお祭りイベントの案内が届いたのがきっかけで、また付き合いが再開した。
といっても、春の連休の2日だけのイベントへ出かけて運が良ければ内村さんに合うことが出来て、二言三言会話する程度の事なのだが、それが最近は毎年の恒例になりつつあって自分としては楽しみになっている。
萩まで出かける時はせっかくだから誰かを誘うようにしていて、今年はワイフが付き合ってくれたし、大阪からUターンした熟女も付き合ってくれて、両手に花だった。

とみやまカフェもそんな感じで少しずつバージョンアップすると良いなぁと思いつつ、参加させてもらっている。

IMG_0726.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-05