FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

人生色々 

2014/07/04
Fri. 08:28

「吉田クロちゃん大きくなりましたねぇ〜」
体重計ってクロのデブ具合がバレてしまった。
前回のワクチン接種で通院の時から1kg太ったようだ。

どうも歩き方がおかしくなってくるし、人間に触らせなくなって、こちらがしつこくするとシャァ〜シャァ〜牙をむき出してくるし、やっぱり先日の猫バトルでお尻の辺りを負傷したようなので病院へ連れて行った。
オヤジに似て内弁慶のチキン猫は外に出るとビビる。
病院の待合室でもキャリーケースの中でビビリ上がってピクリとも動かないでいた。
そのほうがこちらも色々楽なので助かるが、さすがに診察台に乗せてドクターの診察が始まったら傷口の痛さに絶えられなくて大騒ぎを始めたので、急きょ洗濯網に入れられることになった。
なかなか負傷箇所が見つからなかったが、結局お尻の少し上のシッポの付け根あたりで傷口が開いているらしい。

抗生剤と痛み止めを注射してもらって、飲み薬をもらって様子を見る事になった。
それから2日目の朝・・・
久しぶりに朝も早くから起こされた。
キーポンの試験週間で睡眠不足気味だったのもやっと落ち着いて朝寝をむさぼっていた所だったのに・・・
薬のお蔭でいつものクロのわがままが甦ったようだ。

今朝もそんな感じでまだ暗いうちから朝食をせがまれて起こされて、もうろうとしながらご飯をやったりして二度寝に入った。
昨日に続いて梅雨らしい雨模様の石見銀山の朝は結構冷え込んでいる。
夜が明けはじめて周囲が少しずつ明るくなりはじめてからシュラフに潜り込むと、隣でキーポンがiPhoneを握りしめて寝ている。
そういえば、昨夜夕食後にYouTubeをのぞいていたら勉強する気配もないキーポンが隣へ擦り寄ってきていた。
そういう都合の良い所はネコチャンズによく似ている。

昨日のこと・・・
珍しく1日中夕方まで雨が降り続いていた。
その雨の中、昼過ぎになって改良衣に着替えて石見銀山の自宅を出発した。
坊主の手間替えで万善寺近所の臨済禅寺大般若会の法要お手伝いをした。
その禅寺は寺務の経営がなかなか上手で、ご住職の長男次男とも修業を積んでそれぞれ立派な寺のご住職になって独立していらっしゃる。
最近の寺はほとんどが世襲になって名字が引き継がれているから、そのお寺もいずれは兄弟のどちらかが兼務か何かで引き継いでいかれる事になるのだろう。
ジリ貧の万善寺とはえらい違いだ。
法衣も立派なものでパリッとしていらっしゃるし、そこからして万善寺がみすぼらしく見える。
私個人としては別にだからどうこうとも思わないでいる。
東堂さんとは10㎝くらい背の高さが違うから、そのお下がりというかなんというかとにかく引き継いだ法衣を着るとスネが着物の裾から出てしまって、それに足袋をはいた姿は我ながら滑稽にみえる。
さすがに毎回洗濯の白衣はそういうわけにいかないから、中国製品の3000円くらいのを通信販売で買い足している。
中身もそれほど偉くもないいいかげんな坊主だからそのくらいの値打ちでちょうど良い具合だと思っている。
来年は、同宗のお寺で晋山式がある。
現住職の老僧から息子さんへ世襲で住職交代されることになる。
その式のために、お檀家さんはてんやわんやだという。
当事者ご住職の老僧さんがなげいていらっしゃる。
「知らんうちにみんな一緒に歳とってしもぉ〜とって、どうもこうもなりゃぁせんけぇ〜」
総代さんは広い家に独居暮し・・
デイサービスのお世話になっている・・
世代交代で寄付が集まらない・・
などなど・・・
「そがぁ〜ゆうても、なんもできんゆ〜わけにゃぁいけんけぇ〜、法衣の新しいヤツは買ぉてくださいやぁゆうとるが・・・まぁ昔と違うとってやれんがぁ〜〜」

今の世の中、なんもかんも金・金・金・・・
お布施に「領収書頂けますか?」と平気で催促される事もある。
布施の功徳の真意など何処かへ消えていってしまいましたなぁ〜。

夕方になって石見銀山へ帰るとまだ雨がパラついていた。
負傷中のクロが傷をかばいながら薄暗いリビングのピアノの角へ鳥が止まるように座っていた。
なんとなく痛々しくも見えたが、可笑しさが勝った。
どうせ貧乏が変わらないなら気楽な俗暮らしの方が良いなぁと、坊主にあるまじき不謹慎な思いがフッととろけた脳みそを通り過ぎた。

IMG_1404.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-07