FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

現代彫刻小品展準備状況報告 

2014/07/08
Tue. 09:02

巨大台風の影響だと思う。
めちゃくちゃ蒸し暑い。
久しぶりに日本海をみながら9号線を走っていると、気持ち悪いほどの凪。
南からの陸風の影響で波が立たないのかも知れない。

業者搬入の彫刻が石見銀山の現代彫刻小品展事務局へ届いたので、展示台を保管している倉庫まで運んだあと、タップリ時間をかけて慎重に梱包を開けた。
昨日やっと全ての彫刻を確認して帰宅すると、諸事情で遅刻の彫刻が一箱届いていた。
これから1週間の間にあと二つ三つこういう彫刻が届くと思う。
日頃からしまね時間で暮しているから特にあせっているわけでもないが、今どきの世知辛い社会ではこのような振り幅の広いグレーゾーンでものごとが動いている事の方が貴重になっているかも知れない。

こうして梱包を開けていると、本当に彫刻家一人ひとりの彫刻に対する気配りややさしさが手に取るように伝わってくる。
きちんと条件が整って展示された彫刻もいいが、搬入の時の作家の息づかいを感じる瞬間もすてがたい。
薄暗い倉庫の隅で、蒸し暑く淀んだ空気の中で、慎重に鋏やカッターナイフを使いながら一人で作業を進めていると、梱包の中から色々なものが出てくる。
手付かずのアサヒスーパードライがひと箱まるまる彫刻と一緒に梱包されていた。
彫刻家のTさんありがとう!ミーティングの白熱した打ち合わせに使わせていただきます。
iさん、美味しそうに香り高いコーヒーとおつまみの詰め合わせありがとう!デスクワークのお供に使わせていただきます。
個展リーフレットといっしょに今年は美味しそうなお茶をいただいたSさん。リーフレットの方はちゃんと会場受付で活用させていただきます。お茶の方は石見銀山の会場で使わせていただきます。
などなど・・各種おこころづかい感謝です!

石川のOさんには何時も頭が下がる。
搬入搬出の経費自己負担の上にあれだけの行き届いた気配りをされると恐縮してしまう。
陳列用の作業手袋に搬出用の荷造りピーピーロープ一式まで入っている。
他にも、MちゃんやKさんから賛助金の金一封が振り込まれていた。
出品料を頂いている上にありがたいことだ。

現代彫刻小品展も今年で5年目を迎える。
彫刻出品をしていただいている作家の皆様のおかげがあってここまで続いた。
彫刻文化不毛の地に近い島根の片田舎にはもったいないほどの彫刻展になっていると思う。
まずは浜田での開催まであと少し。
日頃の軟弱オヤジも気を引き締めて乗り切らなければいけないなと改めて緊張している。

IMG_1593.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-07