FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

彫刻展が始まったら、日頃ヒマな万善寺の用事がどんどん重なってきて、当初の予定が狂いっ放しになっている。
燃料高騰の中1日で200kmほどの移動が毎日のように続くと、ありがたく頂いたお布施が油代で見事に消えてしまう。

あらかじめ予定が決まっていた49日の法事をお昼前までおつとめして、改良衣のままその足で浜田こども美術館へ直行した。
受付をお願いしているおねえさんがお昼ご飯も食べられないまま腹を空かせていたら可哀想だから、ビクビクしながら結界君をすっ飛ばした。
今年はもうネコチャンにつかまっているから、二度とネコチャンへ貢ぐことは出来ない。
何時もはノンビリと江の川のアユ釣りをながめながら走っているのに、心の余裕がないままのドライブがどれほどつまらないものかよくわかった。

美術館の方は、私がお経をよんでいる裏番組でケーブルテレビの取材が入ったようだ。
受付のおねえさんから丁寧に報告をもらった。
改良衣を平服に着替えていばらくしてから、撮影をすませた記者の若いお姉さんが再度取材に現れた。
島根県の彫刻事情や、今回の展覧会のみどころや、彫刻作品の素材などの解説をさせてもらった。

最近の美術館周辺は毎日30度を超える暑い日が続いている。
そのせいもあって、人の動きが絶えてしまった。
浜田市世界こども美術館での現代彫刻小品展開催は2012年から始めた。
その時は4月初めのまだ肌寒い時期で、そのうえ春の嵐が重なってお客さんの来場も惨憺たるものだったが、今回は夏の暑さでその時に匹敵する状況だ。
世間の事情は自分の都合でどうなるわけでもないから、日々是好日と平常心で受け止めることが気楽で良い。
全国から島根県に集まる彫刻の質も全く問題ないレベルだし、ワークショップもからめた展覧会の内容も何処に出してもおかしくないし、こういう機会や体験を自分の都合で逃してしまっている浜田市とその周辺のみなさんが哀れに思えてしまう。

ヒマだったからメチャメチャ気配り抜群の受付オネエサンにマニヤオヤジの趣味ワールドを押し売りしていたらいつの間にかクローズの時間。
夜は19:00スタートで飯南3町合同グランドゴルフ大会出場があるので、またまた江の川沿いをビクビクしながら結界君をすっ飛ばした。
ギリギリ駆け込みセーフで試合開始に間に合った。
熱戦がひたすら続いて表彰式まで全て終了したのが22:30。
それから、打ち上げの宴会をグッと我慢してことわって、石見銀山の自宅へ到着したのが23:30。

長い1日だったのか、短い1日だったのか・・・よくわからん1日でありました。

IMG_1758.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-07