FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

吉田家限定節句縁日 

2014/08/09
Sat. 08:28

嵐の前のようでいやに静かだ。
雨も風もやんで国道を走る車の走行音とカラスの鳴声が万善寺のある保賀の谷に響いている。

このところ棚行が雨続きで新調の雪駄がどんどん汚れる。
汚れた足でお仏壇の前まで歩くわけにもいかないから、おじゃまの先々でもたつく。
足袋をはくと余計に床や畳を汚しかねないから、素足で失礼させてもらっている。
このような様子を老僧が見たら、とたんに機嫌が悪くなるだろう。
もう半世紀も棚行をしているが、だいたいが夕立程度でこんなに朝から1日中雨が続くことはなかった。

ナンチャッテ坊主オヤジがドタバタしているあいだに、吉田家の家族にもそれぞれそれなりに幾つかのドラマがあった。
まずは久しぶり登場のじゅん君。
夏の甲子園も雨続きで予定が狂っているようだが、島根県の吹奏楽県大会も台風で順延になったりして親も子も、関係の先生達もドタバタが続いている。
そんな中、じゅん君が指揮をする中学校吹奏楽部が金賞になったらしい。
今年の4月から産休先生で吹奏楽を引き継いで4ヶ月。
自分の試験勉強もしないまま校務と部活で明け暮れていたようだが、ひとまずは大任をはたしたことになるだろう。
自分の将来のこともあるし、オヤジとしてはもっとクールな現状認識が重要だとも思うけど、じゅん君もまぁそれなりにいい歳した大人でもあるし、自分の考えもあるのだろう。

キーポンは、じゅん君のすぐあとに吹奏楽大編成の部で演奏する予定だったが、台風のおかげで順延になって会場も変更になった。
さて、これがどのような結果になるか・・・吉とでるか凶とでるか・・・
当の本人は数日前から体調絶不調で、これから病院へいってみるらしい。

オヤジをあてに出来ないワイフは、じゅん君のことやキーポンのお世話で東西に長い島根県を東奔西走している。
日頃遠距離は運転しない人だから、結構な緊張感でなかなかに疲れていることだろう。

東京のなっちゃんとノッチは、彼女達の人生ではじめての共同生活を数日間続けていた。
それも今日でひとまず打ち切られる。
吉田家でなっちゃんだけがまともな堅実社会人になっていて、名ばかりだがボーナスもある。
そのなっちゃんが一週間足らずの共同生活で、ノッチを手厚くサポートしてくれていたようだ。
今も、羽田で実況中継してくれている。
やはり荷物が重量オーバーで追徴金を取られるようだ・・・かわいそうだが笑える。

そしてノッチは、本日台風に向かって日本を脱出する。
行く先はシンガポール共和国。
指定された7kgの重量をクリアー失敗!
少し前のライン情報だととにかく羽田で搭乗手続きに入っているようだ。
オヤジが出来ないことを、ノッチがひとつずつ片づけてくれている。
このことは、寺の老夫婦には絶対にオフレコでなければいけない。
彼等が知ったらパニックになるだろう。

2014年8月9日は吉田家にとって・・というよりオヤジにとって忘れられない節句縁日になった。

IMG_1598_2014080908252898b.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-08