FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

クロ退院 

2014/09/17
Wed. 09:06

1日事務でつぶしてしまった。
こういう日は何かむなしい。
といっても、事務がイヤだからというわけでもない・・がどちらかといえば避けて通りたいと潜在で思っているからだろう。

万善寺関係の返信などが必要な書類が幾つか集まって、それを片づけるためには事務局を通すことになるから、午前中いっぱいそれでつぶした。
今の世の中、平日の昼間にヒマをしているのは田舎の山寺の和尚さんくらいのものだろうから事務局の檀家さんが留守でも仕方のないことで、結局最後は夜になって長々と電話で話を詰めていくしかないことになって、なかなか意思の疎通がはかれない。

午後からは後援の伺いなどの各種提出書類を作って市役所へ回って、最終校正から帰った印刷原稿を整理していつもお世話になっている業者さんへ持っていったらもう夕方になっていた。
原稿のミスも見つかったりしたが、別に吉田としては気にしないでスルー出来る程度のこと。
それでも、さすがにプロの目にはどうも許せないところがあるようで渋い顔をされたような気もして(といっても、ただのかってな思い込みだけかも・・)結局夕食までのひと時書斎にこもって麦とホップをチビチビすすりながら印刷原稿の手直しをした。

知らない間にiTunesへ入っていたU2のアルバム無料配信プレゼントを垂れ流しにききながらそのような一連のことをして、一区切り付いたところでウエブニュースなどチェックしていたら面白い記事を見つけた。
そのU2がiCloudから削除できないと苦情が殺到しているという、何とももったいない問題が発生してしまったようで、Appleはすぐに対抗処置をとったらしい。
たしかに、U2が趣味に合わない人は世界で山のようにいるだろうけど、iCloudに入っているだけのことだから、自分の都合で無視も出来るだろうに・・と思ってしまうが、潔癖症のマニアックな諸氏にはそれが気に入らないとか気になるとかするのだろう。
プロの世界は厳しいものだと思いつつ、自分の所属する彫刻の世界も似たようなところがあるなぁと改めて感じた。
世界のU2とは比べ物にならないけどね・・

落ち着かないあわただしい時間が過ぎている間にクロが退院して帰ってきた。
「あと半日遅かったらダメだったかもしれなかったって」
ドクターの説明を聞いて帰ってきたワイフが報告をしてくれた。
たった3〜4日の間に背骨が浮き出るほど痩せていた。
それでも、退院の処置をしている間中かなり大騒ぎをして暴れたらしい。
まぁそこまでの元気があれば、ひとまずは快復に向かっていると思ってもいいだろう。
ひと昔前なら、猫のために点滴などしてもらおうとも考えつかなかったことだろう。
少なくても私はそう思う。
人間も同じで、どれだけの人が毎日の点滴で死を免れて生き長らえていることか・・
心情的には長生きして欲しいとか、病気が治って欲しいとか、健康でいて欲しいとか、分からないわけでもないが、それもつまりは拭い切れない我欲のかたまりのようなものにもみえる。
なかなかキッパリ我欲をすてて割り切れないところに人間の弱さがあるよね。

IMG_2756.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-09