FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

退屈 

2014/09/22
Mon. 05:32

このところどうもラップトップの調子が悪い。
というより、なにかしらウエブ関係のアプリに不具合が多い。
こうしてダラダラと日々ブログを書いていても、なにかしら何処かでつまづくことが増えた。
iOSを8に変えたことも影響しているのかもしれない。
iCloudが便利に使えるようになってから、知らない間にそれに頼りすぎていたのかもしれない。
まぁ、とにかく理系とはまったく縁がないままこの歳になって、いまさらシステムや使用環境の不具合を解明しようなどと思うこともないが、こういうことが再々起こると画面をひらくたびにどこかしらドキドキしてしまって身体に悪い。

少し前の何事もなく快調に使用していた時に、「吉田家の身内のことチョットしゃべりすぎてるんじゃない」と、ワイフに注意された。
そんなに毎日たくさんの訪問が続くわけでもないし、自分の備忘録も兼ねていることだから、特に気にもしないで続けていて、それがイザという時けっこう重宝する。
そろそろ彫刻の制作も佳境に入って、搬入移動のことも考えないといけない頃になったし、寺関係では秋のお彼岸の中日もすぐで、万善寺恒例の地蔵法要もある。
この時期のように幾つかの行事や用事が重なったりしてしまう時は、1年前の今日とか2年前の今日とかすぐにチェックできてとても都合がいい。
そもそも、これといってドラマチックでもないオヤジの毎日に隅々最後まで付き合ってくれている物好き(失礼!大切な読者です!)がどれだけいるかと云うところだ。
飽きもしないで長文を読んで付き合ってもらっているのは、せいぜいなっちゃんやノッチと、彫刻でお世話になっている親しい友人のHさん程度のことで、ありがたいと思いつつそのくらいのことならオヤジとその周辺の私生活を別に窮屈に取捨選択で隠し立てする必要もないと思っている。
通りすがりに吉田へ引っかかった方々や、時々の業務報告や、各種行事のお知らせに反応される方々もあったりするので、そういうところで退屈のないように、写真を数枚添えておくことが管理者のささやかなお礼というかお返しというか、まぁそんなふうな日々をくり返しているわけであります。

せっかくここまで読み進めてこられた方々に感謝を込めて・・・たまにはオヤジのマメ知識をご披露。
先ほど前文で使用した「退屈」とは・・・実は仏教に起因した言葉だということらしい。
仏教の修行において、その厳しさや苦しさに耐えかねて「退き屈する(しりぞきくっする)」ことになってしまう修行者に向けた叱咤激励の言葉であるということです。
何事も目標に向かって努力することはエネルギーを使う。
スタミナ切れでリタイヤしたり挫折することを「退屈した」と言ったのでしょうね。

IMG_2778_20140922053201c22.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-09