FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

コーヒータイム 

2015/01/26
Mon. 10:16

少しばかりゆっくりと、朝のコーヒータイムを過ごしている。
この時間に自宅でくつろいでいるのは何日ぶりだろう・・
だいたいが、ヒマにマイペースに自分のスケジュール優先で暮しているから、最近の仏事のあわただしさになかなか慣れないまま1月が終わりに近づいている。
今日もこれから着物に着替えて七日務めへ出かける。
施主家の都合で49日までは午後のおつとめになった。

そろそろ立春が近づいてきた。
島根の石見銀山や赤来高原は、例年だとその頃に厳しい寒波がやってきて一波乱あって、それから2〜3回周期的に寒い日がやってきて、打ち止めが3月のひな祭り前後の淡雪。
それからあとは、土の匂いにヨモギの新芽と枯れ残った昨秋の枯れ草の匂いが混ざった風がそよぎ、日差しが春めいて春一番がくる。

今年の初午さんは2月の11日なので、何事もなければ春がいつもより早くやって来るだろう。
一方、今年の吉田家の春は一波乱ありそうな状況だ。
東堂さんの様子に少しずつ変化が出てきた。今のところそれなりに元気ではあるがそろそろ老衰が加速しはじめているように感じる。
進路の不安を抱えるキーポンは、このところ一人になることを避けるようにオヤジにちょっかいを出しながらやたらとはしゃぎ続けている。
各年で回ってくる東京での春の展覧会もそろそろ準備にとりかかる時期になった。寺の春の仏事や法事を調整しながらスケジュールを組み立てることになる。

ヒマにマイペースに暮している毎日でも、その時々の出来事に流されつつ自分の立ち位置をブレないように保つことはなかなか難しいことだ。
毎日同じことのくり返しが続く暮しがどれだけ幸せなことかと、そういう暮しがうらやましかったりもする。
その日一日泣いても笑っても、過ぎてしまえば過去の一日だけのこと。
結局はなりゆきに身を任せるしかなさそうだね。

IMG_4311.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2015-01