FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

単身赴任の夜 

2015/05/08
Fri. 20:58

考えが甘かった!ヤバイ!
もっとサクサクと仕事がはかどるはずだったのに・・・
連休が終わって寺暮らしが再開したのだが、予測していた仕事のペースがいまいちつかみにくいまま1日が終わってしまった。

老僧の方は食欲も戻らないままなのだが、私の顔が見えるだけでなんとなく元気が出てくるようだ。おかみさんの方は、あいかわらず私の顔が見えると愚痴ばかりが出てくる。
まぁ、こんな調子で1日が過ぎてしまうわけだ。
自分の予定している仕事が出来ないことはなかなかのストレスになる。しだいに落ち着かなくなるし、イライラするし、自分を制御できなくなって大声を出してしまったりする。
午前中は何となく過ぎて何とか気持ちも波風なく過ごすことが出来たが、昼ご飯で少しばかり乱れた。
ロフトに避難してイヤフォンでiPodをガンガン鳴らして世間を遮断して小一時間ばかり自分に閉じこもっていたら少し気が晴れた。

夕方から教区内の総会があった。
寺の住職と檀家の総代役員が集まって、事業報告や会計予算決算の報告審議などがある。
今年の総会は結構もめた。万善寺のような弱小末寺はバリバリで寺務経営の立派なお寺とはラベルが違う。全てが別世界のごとき話題で会議がもめる。結局寺へ帰る頃には結界君のライトが必要になっていた。

寺の周囲は田おこしが終わってしろかきもすんで用水路から水が回ってあとは田植えを待つばかりになった。
いつもはうるさいほど聞こえる耳鳴りが気にならないほどカエルがうるさい。
だいたい一晩中こんな調子で鳴きわめいているから石見銀山にいる時よりもにぎやかだ。

単身赴任の夜も、LINEのおかげで家族が近い。
他愛ない会話ばかりだが、それで気が紛れる。
今のところ、吉田家のみんなはそれなりにオヤジの会話に食いついてくれている。
ありがたい。本当にありがたい。

IMG_5121.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2015-05