FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

田舎坊主 

2016/03/28
Mon. 18:56

タレントのT氏の名言が話題になっているようだ。
よく覚えていないけど、たしか、歳をとってやってはいけないこと「説教」「昔話」「自慢話」だったかなぁ〜・・・
まぁ、そういわれてみると納得しないでもないが・・・吉田的には少々スッキリしないところがある。
何故かって?
それはやっぱり、坊主に説教は付物だし、つき合っている檀家さんやジジババの平均年齢は軽く75歳を越えているし、そういう皆さんの会話の話題というとだいたいが他人の悪口と自分の自慢話。
万善寺の日々は、そうして毎日夜が明けて日が暮れて夜が更けているわけであります。

保賀の自治会の最終常会があった。
保賀は上・中・下の3つの班に別れていて、それぞれに色々な役職がついて回り、それを総合して公民館長やら自治会長やらが決まっていく。それぞれの役員は毎年順番の持ち回りになって引き継がれていくから、全く無役という年がない。
今年は下組から上組へ回ってきた会計を私が引き継ぐことになった。
どうせ戸別訪問で集金することになるから、回覧板の配りモノも一緒に引き受けることにした。なにせ、上組の世帯主で一番年若なのが私だから、そのくらいのことは引き受けて当然だと思っている。

ダレソレが手術をしたとか、ダレソレが転んで骨を折ったとか、ダレソレがドコソコのナントカをドウトカしたとか、まぁ、田舎の狭い付き合いではそういう話題しか思い浮かばないのだろう。
寺へ帰って引きこもりのおかみさんに少しでも保賀の様子を教えてあげようと、そんな話題をふったら、私よりずぅ〜〜っとよく知っていて、微に入り細に入り細かく解説しはじめて、やがてそれが確たる自分の意見もないまま恒例の悪口に置き換わって、あげくに、私が会計やら配りモノやら引き受けたことをとやかく言いはじめて収拾がつかなくなってきた。
おかみさんの数少ない情報源は、時々お茶飲みがてら様子を見にきてくれている近所のおばさんと、巡回の移動販売車のおじさんくらいのものなのだが、それでも私よりずいぶん詳しく情報収集出来ているからたいしたもので田舎の独居老人暮らしもあなどれない。

とにかく、世間一般大衆の常識として通じることでも、まがりなりにも宗教家のハシクレとしてはどうしても納得できないことがないわけでもなく、在家坊主の近所付き合いもなかなか境界があいまいで暮しにくかったりする。
いっそのこと、世間との付き合いを断ち切って境内地の結界の中に引きこもってしまえば、そのほうがズッと気楽にいられるような気がしないでもないが、それこそ世間の常識からは逸脱することになるし難しいものだ。
無理して友達をつくろうとしないあたりに、そういう自分のワガママがあったりするのかもしれない。

IMG_2057.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

オヤジ走る 

2016/03/28
Mon. 11:05

なんと!ひと晩寝てブログチェックしたら、日曜日のウエブアップがされていない・・
どうしたことだろう??最近、どうも何かと調子が悪い。
3月に入ったくらいに地元のケーブルテレビさんがメンテナンスを行うと通知していたし、今使っているブログ会社がメンテナンスを通知していたり、この時期、アチコチでメンテナンスの工事が増えている。そのせいでもないだろうが、このところHuluの動画がよく停まるようになっているし、なんとなくインターネット環境がおかしくなっている気がする。今度時期を見てケーブルテレビさんの工事のお兄さん(・・といっても、もう嫁もいるオヤジだけど・・)にコーヒーでもふるまって吉田家の現状をチェックしてもらおう。
そんなわけで、吉田ブログのファンの皆様お待たせしました。以下、一日遅れの日曜日のつぶやきをどうぞ!・・・ちなみに、朝になって読み直してみると、昨夜酔っ払いながらしたためたどぉ〜でもいいおはなしがダラダラと続いていたので、若干校正して縮めてみた。こうしてみると、けっこういいかげんなブログなのに、よくみなさん飽きもせず訪問していらっしゃるものだと、反省したりしたところであります。今後は、出来るだけウエブアップのまえに、校正しようと心に誓ったのであります!・・・って、まぁ面倒臭くて結局なにもしないだろうけどね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いやぁ〜〜、久しぶりにあわただしくて忙しいと感じた日曜日だったなぁ〜〜

午前中は広島県との県境を越えて万善寺の一番端っこのお檀家さんまで13回忌の法事で出かけた。
昼前に寺へ帰って急いで大衣をたたんで結界君へ乗り込んで石見銀山へ突っ走った。
銀山街道の桜並木は濃いピンクに染まって開花を待っている。
街道沿いの有志の皆さんが「桜街道」の桃太郎旗をたてていた。
吉田的には、「それがかえってジャマなんだけど・・何にもしない方が桜をキレイに見られる気がするんだけどなぁ〜」などと、勝手にそう思う。

今日はワイフのグループ展最終日で搬出日だから、彼女のファンカーゴに乗り換えて贅沢に山陰道を使って松江へ移動。
半年ブリに顔を合わせた絵画の作家仲間と挨拶を交わし、搬出を手伝った。
それほど目を見張るような大作はなかったが、それでも意欲的で実験的な作品が多く並んでいて、それなりに見ごたえのある展覧会になっていた。
最近良く思うことだが、作家の技量が充実してくると、そのぶん作品が重たくなってかえって観る者の心が疲れるような気がしてならない。
自分の持っている表現力をもっとグッとうしろに引っ込めて表現の精査を究める方に制作の気持ちを込めていった方が、鑑賞者の感動を気楽に引き込める気がするのだが・・・
作家の表現というものは、同業のプロに対してというより、むしろ一般の大衆に対して感動を与えるようなモノであるべきだと思うのだが・・・

そして打ち止めは・・大田高校定期演奏会のお手伝いをしていたキーポンを迎えに行った。

IMG_2056.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2016-03