FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

萩〜彫刻巡業の旅その2 

2016/05/05
Thu. 22:52

萩往還まつりのクローズは16:00だった。
町並みの通りは今でもバス通りの街道で、こういうイベントの間も車両通行止めにすることができないらしい。搬出作業もあるので結界君を古民家の軒先へ横付けして搬出準備をしている間中車の往来が耐えない。何度か轢かれそうになりながらほんの10時間ほど前に降ろした彫刻をまたセッセと積み込んだ。だいたい1時間ほどで積み込みも終わって、展示でお世話になった会場の点検をして襖や障子を建て直して結界君へ乗り込んだのは17:30くらいになった。

はじめて萩へ来たのは今から30年以上前の頃だった。
あの頃は道も今のように整備されていないし、バイパスや自動車道もなかったから、萩までは普通に4〜5時間はかかっていた。
その頃にあった美味しいコーヒー屋さんへしばらく行っていないので、まだ日も高いし久しぶりに訪ねてみることにした。
その店の名前は「長屋門珈琲」という。前回訪ねたのはもうずいぶん前のことになるし、その後の萩市は都市開発や主要道路の拡幅も進んで、昔の面影がどんどん消えている。Googlemapのお世話になろうとしたら検索不能だったので、かろうじて記憶に残る町並みの風景をたよりに、古い道へ入り込んでしばらくその店を探した。食べ物や飲み物や、とにかく食に関する記憶に特化するワイフが絶妙の記憶と感と嗅覚を駆使して遂にその店を探し当てた。私がかろうじて記憶していた風景は、その長屋門珈琲へ曲がる曲がり角の商店だったのだが、すでにその建物は消えて更地になっていた。
遥か昔からの時の流れを実感しながら駐車場へ結界君を停めると、お店からほのかなコーヒーの薫りが漂ってきた。帰りのお客さんがドアを開けたらそれがいっきに広がってコーヒー好きの私は思わずよろめいた。
メキシコの古代遺跡にちなんだ中煎り焙煎のティカルが当時と変らないままメニューにあった。朝5時からスタートした一日の彫刻巡業の旅も、このティカルブレンドの一杯で疲れを忘れることができた。
帰りに、豆を100gほど買った。

途中、道の駅へ寄った。ワイフと一緒に遠くへ出かける時には、出先の各地で道の駅を素通りすることは許されない。彼女の指令に従い、粛々と対応しつつそれでもそれなりに石見銀山への帰路を急いだ。
だいたい3時間ほどかかると計算して、帰宅は9時前後になるだろうと判断した。
キーポンはバイトが終わって帰宅しているだろうから、この度の慰労も兼ねて夕食は外食することにした。飲みかけのボトルがキープしてある八剣伝へ3人で出かけて焼き鳥をパクついた。私はボトルを空にした。ワイフはお店オリジナル特製ラーメンを食べた。キーポンは梅ジンジャーなる飲み物をチビチビ飲みながらサラダやポテトフライなどアレコレ注文していた。

気持ちよく爆睡した次の朝は、身体中の節々が悲鳴をあげていた。やっとの思いで起き上がって結界君から彫刻を降ろした。今年も連休の彫刻巡業の旅がひとまず終わった。

IMG_2291.jpg
IMG_2328.jpg
IMG_2380_2016050522515485a.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

萩〜彫刻巡業の旅その1 

2016/05/05
Thu. 17:36

実働時間16時間、走行距離350km!
吉田正純と吉田満寿美の彫刻巡業の旅が終了しました!

早朝、5時に石見銀山の自宅前駐車場で彫刻を積み込んだ結界君のエンジンをスタートさせた。
目指すは山口県萩市の明木。
だいたい、3時間と予測していたが、見事に的中。
連休とは云え、早朝の国道9号線はいつもとかわりなく空いていて、有料の山陰道へ乗ることもなく快適に西を目指した。益田から萩へのルートは若干車の量が増えた感じだが渋滞するほどではない。この連休中に長距離トラックがいっぱい走っている。日本の物流の基盤はこの行き交うトラックの車列に担われているのだろう。

益田を過ぎたあたりで明木の往還まつり実行委員長へ展示会場の様子を電話したら、すでに玄関のカギを開けておいたとの回答を得た。昨年に引き続いて萩と小郡を結ぶ維新街道の宿場町として栄えた明木村の頃に旅籠を営んでいたという古民家が今回の彫刻展会場になる。
今年の彫刻展参加作家は吉田家夫婦2人に絞った。それで移動の諸経費を抑えることも出きるし、道中のスケジュールに余裕もできる。
会場へ到着して結界君から彫刻を降ろして古民家の各部屋へ展示設置が終わったのは9時少し前だった。往還まつりのスタートが10時からだから、余裕を持って彫刻展示の微調整もできた。我ながら、良い展示になった。

ワイフが10時前からソワソワしていたのでオシッコでもしたくなったのかと思っていたら、何のこともない、お祭りの出店でお買い物が待ち遠しくて仕方がなかったようだ。
「もう10時だから、チョットひと回りしてくるね♡これ、コーヒー入ってるから、飲んでいいからね♡!」
要領良く受付けや接客を私に任せて、さっさと明木の町並みへ消えていった。

やはり、萩は石見銀山とくらべものにならないほどの観光地であり、また、観光で来訪のみなさんの文化意識も高い。受付けをしていると、結構突っ込んだ専門的な質問を受けたりして、飲んだコーヒーをちびりそうになった。昼前に、初老の紳士がキレイなお姉さんを連れて会場へ現れた。実行委員長も現れてその紳士に吉田正純を紹介してくれた。「こういう芸術性の高い作品があると、やはり会場が絞まりますなぁ・・・大事なことですよ、こういうところでは・・・」と、(たぶん?)褒めていただいた。あとで聞く処によると萩焼陶芸協会か何かの会長さんだということだった。この、明木での往還まつりイベントもすでに13年目を迎えたようだが、今回初めて会期中に視察訪問して頂いたのだそうだ。彼が萩でどれだけ偉い人物なのか吉田には想像の域を超えてしまう。
「もぉ〜、いっぱい買っちゃったわよ♡♡!ネエネエこれいいでしょ?」
その後、昼食の買い物に出かけて屋台の本場インドカレーを買ったりと、島根を代表する女流彫刻家吉田満寿美は、完全に主婦のお買い物モードへ切り替わった一日でありました。

IMG_2373.jpg
IMG_2300.jpg
IMG_2305.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2016-05