FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ノッチ帰る 

2016/05/12
Thu. 23:51

位牌の裏には昭和61年6月吉日建立とあった。
その年に吉田家長男のじゅん君が生まれているから、憲正さんはまだ現役バリバリで万善寺を盛り上げていた頃だ。
その頃の私は、万善寺から50分くらい離れたところで地方公務員をしながらワイフと暮していて、寺の手伝いをする時間もなかなかとれなくなっていた。それでも当時の地方公務員は今よりずいぶんゆるやかな縛りで、比較的楽に融通がきいた時代でもあった。

もう、あれから30年近く経ったわけだ。
位牌を建立された施主さんはすでに亡くなっているはずだが、万善寺では絶縁の記帳も見当たらないまま位牌堂の隅に並べられていた。憲正さんを受け継いでしばらく経つし、そろそろ自分で管理しやすいように本堂のアチコチを整理しはじめたところで、つい2カ月ほど前に、そういう有縁無縁の位牌を舎利棚殿へ移動したばかりだった。
じゅん君が産まれた年に建立された位牌が幾つかあってその一つだったからなんとなく覚えていたその位牌のご親族から突然電話があったのは先週のことだった。しばらくお墓参りもしていないし、自分も歳をとって次にお参りできるかどうかわからないから、兄弟姉妹と一緒にお寺のお位牌さんへもお参りしておきたい旨のお話だったので、せっかくだから日時を調整してひと声お経をおつとめさせていただきましょうということになった。
おつとめが終わって、用意した番茶をすすりながら懐かしそうに当時の様子をお話された。
お逢いするまでは、すでに縁も耐えているし、良い機会を見て御炊き上げでもしようと思っていてそういう話をしようと決めていたのだが、昔話を聞くうちに気が変った。
昭和が平成になった今の世の中、血のつながりと縁のつながりは別のものになりつつあるということを実感した。せめて自分の代だけでも、お位牌さんのご縁を繋いでおくことくらいはしておいた方が良いように思った。

吉田家のSNSが久しぶりに活発に賑わっていた。
ノッチが帰国することは本当のことらしい。オヤジとしては、べつに彼女のスケジュールの信憑性を疑っているわけでもないが、どうも素直に信じ難いところもあって、半信半疑のまま今に至っていたところもある。それでも、基本真面目なノッチの性格を考慮すると、今回の帰国決定も彼女なりにじっくりと考えて決めたことでもあるだろうから、それとなく疑ってしまっていた自分がいたことを反省している。
ノッチとは彼女が15歳になった時から別居している。10代の頃は1年に数回は石見銀山へ帰省もしていたと思うが、20代になるとそれも途絶えて、海外での暮しがはじまってからは憲正さんの葬儀で久しぶりに逢ったくらいのことだ。
父親としてはそれなりに心配でもあるが、だからといって過剰に干渉する気もない。自分の人生だし、自分の責任で正直に健康に生きてくれればそれでいいと思っている。
ワイフとのSNSの会話を見ていて、彼女が小さかった頃のことや、中学校時代の頃を思いだした。じゅん君やなっちゃんとは少しほど年齢に差があったから、小さい時はお父さんと一緒にいることもそれなりに多かった。甘えん坊の末娘キーポンには負けるけどね。
さて、当分の間日本で暮すようだし、このまま上手くいけば秋には東京で逢える筈だ。
オヤジ譲りの似た者のんべぇノッチと久しぶりに旨い酒が飲みたいものだ。

FullSizeRender_20160513041123f64.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

シンプルに暮す 

2016/05/12
Thu. 00:00

ワイフと二人の静かな暮しが戻ってきた。
それでもネコチャンズはあいかわらず一日のほとんどを思い思いの場所で寝て暮し、真夜中や早朝の数時間ほど吉田家中を走り回って大騒ぎをくり返している。
水槽を更新して新しい環境に移ったグッピーの群れは、止めどなく赤ちゃんが増え続け、見る見る成長している。
少し落ち着いて身の回りの物を整理して、幾つかの模様替えをして二人暮らしを快適にしようと考えてはいるのだが、なかなかそういうまとまった時間がつくれないまま一日がすぐに終わってしまう。

今週から来週にかけて宗門の春の総会が続く。
そのための資料をまとめたりして報告の準備もしなければいけない。
彫刻の本年度事業計画にもすでに取り掛かっていて、今週末にはチラシ原稿を作成して入稿出来るように手配をしようと思っている。
憲正さんの一周忌もあと1ヶ月後に迫ってきたから、その手配もしなければいけない。
決まった仕事もしないでプラプラしているから何とかなっているようなものだが、これでお役所仕事やサラリーマンだったりしていたらとてもこれだけの用事を一人でやりくりすることなど出来ないと自信をもっていえる。他人に使われないでいられる気楽さもあるが、むしろかえって他人に使われているくらいの方が自分の逃げ道も出来て責任も分散されて余計に気楽でいられたりするかもしれないなどと身勝手な妄想がふくらんでしまう。
年金暮らしの老僧は別として専業坊主の暮しがどれだけ機能しているのだろうか?
自分の周辺の坊主事情を見渡すと、学校の校長先生だったり、まちづくりセンターの所長さんだったり、民生委員だったり、社会福祉事務所の職員だったり、デイサービスを経営していたり、夜間警備員をしていたり、代行の運転手をしている坊さんもいたりする。何がピンで何がキリなのか分からないが、とにかく坊主の副業だけでも数えきれないほどだ。
もう少ししたら、浄土真宗のシンガーソングライターの尼さんが石見銀山へやってきてライブがあるそうだ。街場では坊主カフェとか坊主バーなどの飲食業も流行っているようだし、最近はテレビのバラエティー番組にも沢山の坊さんがレギュラー出演している。イケ僧とかいって世の女性方のアイドルになっている坊さんもいるようだし、有る意味で宗教ブームのようなものがやってきているのかも知れない。

私も、それとなくなにげなくさりげなくボーさんであるわけだが、現代社会をパワフルに乗り切るだけの商才がないから地道にコツコツと彫刻を造りつづけるくらいのことしか出来そうにない。
先日、萩の往還まつりに彫刻と一緒の巡業展覧会へ出かけたが、その時出あったクラフトマンのみさんと名刺交換し過ぎて名刺在庫が無くなってしまった。この際だから次に造る名刺は少しデザインを変えてみようと思っていて、今思案中だ。
坊さんによっては、名刺サイズ一枚の裏表におさまらないほどの肩書きを持っていたりして、二つ折り裏表4面の全てがビッシリと文字で埋まっているような名刺をいただいてビックリしたことがある。
私はシンプルな方が好きだから次の名刺もたぶんそうなるだろうし、その前にわざわざ記載するほどの肩書きもないからね。

IMG_0561.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2016-05