FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

堪能!奥出雲 

2016/09/01
Thu. 16:22

経験上・・(といっても、大した実績があるわけでもないが、とにかく)今までいろいろな条件でいろいろな展覧会を経験してみると、だいたい本日のような木曜日と、それに週初めの火曜日はひとの動きが鈍る日といっていいと思う。
奥出雲も、だいたいそのような感じで時間が過ぎている。

それでも、他の地域と違うことが少しずつわかってきた。
お客様の会場の滞在時間がやたらにとにかく長い。
彫刻を一つ一つ、とても丁寧に鑑賞してくださる。
そういう光景を見ると、ただ漫然と受付をして椅子に座ってくつろいでいるわけにもいかなくなって、さり気なく声をかけてしまう。そうすると、それを待っていたようにとつとつと幾つかの質問が返って来る。「ミクストメディアってなんですか?」「テラコッタってなんですか?」「この彫刻なんで出来てるんですか?」「ポリエステルって、服の素材じゃないんですか?」「このかたち、何をあらわしてるんですか?」「このタイトルってどういう意味があるんですか?」などなど・・・それらに答えていると、それだけで数十分がアッという間に過ぎてしまう。
何かしらそれなりに答えていると、それが次の話題になってその話題が次のネタにつながって止めどがなくなってしまう。
昼の数時間と夕方から夜にかけて営業する飲食店のご夫婦もそんな感じで長逗留だった。とても熱心な感じだったので、お昼ごはんはその店を探して暖簾を潜った。
そば処の奥出雲町ではじめて塩ラーメンを食べた。
さりげなく上品で、使うネギも2種類がそれぞれの役割を果たしていて、なかなかのものだった。

明日から2日間は別の用事が入っていて奥出雲へ来ることができなくなった。だから蕎麦屋巡りもそろそろあとわずかとなった。
出雲横田駅前のあさひ亭の蕎麦は、少しゆで時間が長くて蕎麦のコシも緩くて、江戸前の二八そばに慣れているひとはアレッと思うかもしれないが、そういう緩めの蕎麦にさりげなくダシが絡まって優しい味わいになっている。
亀嵩駅の駅舎と一体になっている亀嵩蕎麦はシンプルでコシがあって噛みごたえのある蕎麦だった。時間帯にもよるだろうが、濃厚な蕎麦湯がしっかりと蕎麦に絡まって数滴のダシを絡めるだけで蕎麦の香りが引き立ってくる釜揚げ蕎麦は、はっきりいって旨い。
稲田神社の社務所がそのまま蕎麦屋さんになっているゆかり庵の蕎麦は、自家栽培で石臼自家製粉の十文字蕎麦が売りになっているこだわりの蕎麦。自分の記憶では鹿児島知覧町の蕎麦屋で食べた十文字蕎麦がそのまま忘れられないでいたが、ここにきて奥出雲の本格十文字蕎麦に出逢うことができてとても幸せだ。太めの麺も歯ごたえがあって旨い。それに、宮司さん命名の「神社エール」が濃厚で刺激があって旨いし、命名が抜群にオシャレだ。神社エールの向こうを張って、万善寺で何か営業できないかいろいろ考えたが私のとろけた脳みそでは限界を感じた。今のところ、せいぜい「寺ハウス」とか「カフェ寺巣」くらいしか思い浮かばない。
まぁ、そんな感じで木曜日の1日が淡々と過ぎたのであります。

IMG_2158_20160901121915bcd.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

現代彫刻小品展in奥出雲の会場当番 

2016/09/01
Thu. 12:20

石見銀山から奥出雲の横田にある現代彫刻小品展会場までMapをググってみると、だいたいどのルートも車で約2時間はかかることになっている。
比較的平坦でアップダウンやカーブの少ないルートは、土地土地の市街地を通過する関係で信号が数えきれないほど多い。きちんと数えているわけでもないが、50〜100くらいはありそうだ。だから、通勤時間帯だったり信号運が悪いと2時間を若干オーバーすることもある。
山越えのルートは、とにかくアップダウンとカーブの連続になる。そのかわり、大きな街を通過することが全く無いから、信号が10くらいあるかどうかで、朝の通勤ラッシュも関係ないし、数ある交差点も信号を設置する必要が無いほど交通量も少ない。だから、途中でコンビニへ寄ってコーヒーを抽出したりお昼のサンドイッチなどをのんびりと物色しても、楽に2時間以内で会場まで到着する。

この3日間、ワイフが出張していて私が石見銀山へ帰らないと吉田家がネコチャンズとキーポンだけになるから、往復4時間かけてセッセと展覧会場へ通勤した。
通勤時間がこれだけ長いと、自宅に帰ってもシャワーを浴びて一杯飲んで寝て起きるだけで、気が付くともう次の朝になっている。
世間のサラリーマン諸氏のほとんどは、毎日こういう暮らしを続けていらっしゃるのかと思うと、心の底から感心し頭がさがる。たまの休日にはのんびりと我が家でゴロゴロしていたくなる気持ちもわかる気がする。
私など、1年を平らに均してみると、まるまる1日のんびりと休日を楽しむことなど10日もないだろう。それほど毎日何かしらせわしなく何かをして過ごしていることになるが、それでも、自分の自由になる時間はそれなりに充実していると思う。
正に、今現在もそういう時で、こうして展覧会場の受付をしながらのんびりとコーヒーをすすり爽やかな初秋の風を感じつつ、プチプチとラップトップをつついて、ぼんやり思っていることをとりとめのないままテキストデータに置き換えている。
まぁ、会場当番という仕事が無いわけでもないが、ひと頃のなっちゃんや先月までのノッチのような絶え間ない接客で心身が疲労喪失するようなこともない。

ところで、この会場受付だが、私としては、展覧会の開催事業の数ある仕事の中で一二を争うほどの重要な仕事だと思っている。
今回の現代彫刻小品展にしても、50名の彫刻出品者の60点の彫刻作品を預かっているわけで、それだけでも十分に責任ある業務をしていることになる。接客にしても、ほとんどが地域に住み暮らす住民の皆様を相手に、それなりの日常会話ができるまでには事前のリサーチをしておくことも大事なことだ。彫刻の質問や問いかけにも制作者に代わってできるだけ適切に対応をするために、作家の作風や制作技法など、最低限の知識もチェックしておかなければいけない。まぁ、それもこれも結局は自分の勉強だと思えば苦になることもないし、かえって自分の彫刻に影響してレベルアップに繋がる可能性もある。
一日をどのように使うかひとそれぞれだが、寝る間も惜しんでガツガツと仕事に食い下がるのもどうかと思う。メシを食べても腹八分目が良いというし、適度な余裕や余力は残しておきたいと思う。結局は何をしても自分に返って来ることだからね。

IMG_0933_201609011219127b0.jpg
IMG_2156.jpg

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

2016-09