FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

2連休終了 

2018/01/21
Sun. 23:59

今年に入ってはじめて石見銀山で2連休させてもらった。
いちおう冬だからそれなりに寒いが、それでも昼間はシャツにトレーナーくらいで普通に過ごせるほど暖かい。

ワイフは、朝早くから台所へ立ちっぱなしでコツコツと料理を続けている。
私は、ストーブの世話をしながら80インチのプロジェクターで深夜食堂を観はじめた。
ワイフの実家は西武新宿線の沿線だから、JR新宿駅から靖国通りを渡って西武新宿の駅へ向かう。
ドラマの始まりのタイトルバックに、丁度その靖国通りを西新宿から歌舞伎町方面に向かってJRガード下を通り過ぎるあたりの見慣れた風景が撮影されていて、懐かしい。
台所から煮物の美味しそうな香りが漂ってくるし、スクリーンでは豚汁が手際よく出来上がっているし、映像と現実がさり気なくシンクロしている。

これから1週間は、シーズン2回めの大寒気団が島根県上空に居座るらしい。
雪になると万善寺の参道を結界君が登れなくなるから、今のうちに食料品などの荷物を搬入しておいたほうが楽でいい。
キリの良いところまで深夜食堂を観て、昼食を済ませて、石見銀山の町並みへ出た。
買い物のレジカゴには、白菜やネギと一緒に浜田で買い込んだ海のモノでワイフがつくってくれた料理も小分けされて入っている。参道の道開けをしながらこれから1週間、寒気団が過ぎるまで雪に閉ざされた万善寺で暮らすことになる。

2日ほど留守にしていた万善寺を一巡して、コーヒーを入れて少し落ち着いてからお風呂の支度をした。もう少し沢山雪が溶けているだろうと思っていたが、2日前とほとんど変わらない。飯南高原は、それほど気温が上昇しなかったようだ。
明るいうちにお風呂へ入るのは久しぶりだし、たまには長湯も良いだろうと文庫本を持ち込んで、陽が沈みはじめて文字が読みづらくなるまで半身浴をした。身体が温まっている間に頭の先から足の先まで手の届く範囲へオイルを塗って全身をマッサージした。前回の大雪の時に膝や腰を酷使した痛みがとれないままに、また雪と付き合うことになるから、今のうちに少しでも身体を休めて体調を整えておいたほうが良い。

キーポンが仕事の休日を使って髪を切ってパーマを当ててメガネを新調したと云うから、しつこく拝み倒して、やっと自撮りの写真を転送してもらった。
ヘアーサロンは原宿から歩いて表参道の方まで行ったらしい。
メガネは新宿のメガネ屋さんで、近視や乱視があるのに数時間ほどで出来上がったらしい。島根だとレンズが出来上がるまで1週間はかかる。物流の格差がすごい。
東京で暮らしはじめて1年も経たないのに、スッカリ一人暮らしに慣れたようだ。
写真のキーポンは、メガネも似合って女子力がグッとアップしたようにみえる。
iPhoneに替えた時に待ち受けをクロにして、今までそのままだったのを、キーポンの写真に差し替えた。
これからは、しばらくクロに休んでもらってキーポンに癒してもらおうと思う。

IMG_6857_2018012204001178c.jpg
IMG_6864 (1)

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2018-01