FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

寺が冷凍庫 

2018/02/09
Fri. 23:41

最近の万善寺は、台所以外、どこもかしこも冷蔵庫というより冷凍庫になっている。
昼のうちも気温が上がらなくて、井戸水は出る気配もないまま日が暮れた。
買い物の食材も、板の間に出しっぱなしで全く問題がない・・というより、トマトなど水気の多い野菜は水分が凍みて包丁を入れるとシャリシャリ音がする。
風呂に入ろうと思ったら、流しっぱなしの水道の水が凍って湯船の底に張り付いて層になっている。
家の中でこの状態だから、もうこれ以上打つ手がない。
2月いっぱいはこういう状態がしばらく続くだろうし、気長に気候の緩むのを待つしかない。
明日は江津で午前中用事をして、そのまま益田へ向かうつもりだ。
島根県も西の方は少しは暖かくて寺よりは随分マシだと思う。

3連休は法事が入っているので通勤坊主から万善寺の単身赴任に切り替える。
彫刻のこともそろそろ始めようと思っているが、これだけ寒いとどうもやる気が出ない。
カタチはもう決まっているから、制作の順番を見直して付属のパーツから造り始めようかと思っている。ひとまずは台所の食卓があればそれを作業台代わりに使えるだろう。
ワイフは最近彫刻の制作シーズンになると夜な夜な夜更かしをして食卓に彫刻の店を広げている。そういう公私が入り乱れた制作環境はあまり良いとは思わないし、どちらかといえばきちんと工房を構えて気持ちを切り替えてから制作に取り組むほうが良いと思っていて、ワイフにもそのようなことを言い続けていたこともあった。まさか、今になって自分までワイフと似たようなことになろうとは・・・不甲斐ないことだ。

ワイフというと、もうかれこれ1年くらい前からあまり体調が良くない。
定期的に通院を続けているし、時々短期間の入院になったりすることもある。
本人は元気そうにしているが、やはりひと頃にくらべると体力も落ちて、握力も弱くなって、疲れも溜まりやすくなっているし、無理をすると身体のアチコチが傷んで夜もなかなか眠れないほどだと云う。
少しでも彼女の助けになればと、それなりに気を使っているつもりだが、彼女のペースと思うように上手く噛み合わなくて、それが少々しんどかったりする。
寺の一人暮らしは何から何までひとを当てにしないで自分の思うようにコトを決めて進めてしまうから、知らない間に1日の行動パターンが出来上がっていて、過不足なくその繰り返しで毎日が過ぎていればそのうちそれが当たり前のようになっている。食事のことも掃除洗濯のことも、その他家事や寺務や作務も、そんなもんだと思えば特にわずらわしくもなく事が過ぎていく。
多分、ワイフにはワイフなりに長い吉田家の生活の中でそういう自分だけの都合の良い行動パターンが出来上がっていて、そういうことをあまり大きく変更すること無く守って維持しておいたほうが気楽でいられるのかもしれない。
私が彼女の日常に介入することで暮らしのペースが狂ってしまうことのほうが彼女にとってはつらくて嫌なことになるとそれも良くない。今のところ風呂のこととストーブの焚き付けくらいかな?・・吉田家のオヤジがワイフに叱られないで出来ていることは・・・

IMG_2700.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2018-02