FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

トマトつながり 

2018/06/05
Tue. 23:10

草刈り機を修理に出してドック入りしたまま、まだ連絡がこない。
そうしたら今度は、チエンソーがクラッシュして、いよいよ外仕事が遅れることになった。
島根県は梅雨入りしたとかしないとかするとか・・・微妙な情報が流れているところだが、石見銀山や飯南高原はいつ雨になってもおかしくない状態のままとりあえず今の所かろうじて本格的な雨降りにならないですんでいる。

6月に入って前月分の請求書をまとめて発送しておかないと吉田家も万善寺も生活費に困るから、午前中はそれで過ごした。こうして、請求書を作成できるだけでもありがたいことだから、面倒な事務とか寺務ではあるが口が裂けても「めんどくさいなぁ〜・・」などと言える立場ではないし、そんな事を言ったらワイフや御本尊の観音様に大目玉を食らう。
デスクワークがほぼ終わりかけた頃、草刈り機を預けていたホームセンターから電話が入った。
結構丁寧に修理状況を解説してくれて、交換した部品のことも話してもらったが、なにせ電話でのことだし、こちらとしては修理代が安く済んで機械が使えればそれで良いことなので、「それで、何時くらいには修理が終わってるんですか?」と聞いたら「部品を交換するだけですので、そぉ〜〜ですねぇ〜〜、せいぜい1時間もあれば・・・」作業が終了するということだった。部品交換で1時間程度のことが「どうして今まで何日も待たされたのだろう??」と一瞬疑問に思わないわけでもなかったが、まぁ、いろいろ事情があってのことだったのだろうと、深く考えないことにした。

いつもより少し早めに寺を出発してホームセンターで修理の終わった草刈り機を受け取って支払いも済ませて石見銀山の吉田家前駐車場まで帰ったのは夕方だったがまだ十分に世間が明るい。そろそろ、明日あたりから雨になると云うことらしいので、駐車場へ積み上げて乾燥させておいた薪用の丸太が乾いているうちにできるだけたくさん土間まで移動して積み上げておくことにした。
時間にすると1時間程度のことだったろうが、駐車場でウロウロしいる間に町内外の知り合いが何人か吉田家前を通り過ぎた。最近は昼の間留守ばかりしているから、2・3軒となりのおばさんなど「あぁ〜らおひさしぶりぃ〜〜、家すぐそこなのにねぇ〜」などと、懐かしそうに話しかけてくる。無視もできないから仕事の手を休めて世間話を始めたりして、そういうことが幾つかあって、そのうち日が暮れて、たいして仕事がはかどったわけでもなかったが、まぁ、ナニもしないよりは少しは片付いたかな・・・

キーポンがLINEで芽が出たトマトの写真を送ってきた。彼女はLoft好きで、ソコでみつけたトマトの栽培キットを買って育てている。私も彼女くらいの時は、アパートの窓外へ野菜の鉢を並べて夏野菜を育てて収穫していた。あの頃は栽培キットなどなかったし、今はずいぶんオシャレになったものだ。
その夜の吉田家は、なんと食卓へトマトとタマゴのスープがとても久しぶりに出てきた。
母と娘がトマトでつながっていた。偶然で片付けられない母娘の縁を感じた。

IMG_0822_2018060712105129a.jpg
IMG_3080_201806071210536f1.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2018-06